CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
クルミのみ
宮沢賢治とクルミの実 (10/06) そらいろ太陽
木漏れ日 @ 鴻ノ峰ハイキング (06/14)
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
クリスマス市、今日で終わりです。 [2017年12月31日(Sun)]
12ACBEEC-C1C1-497A-A1E0-4AF4482EBCD9.jpeg
(「12月、山口市はクリスマス市になる」の垂れ幕を掛けた山口市役所)

今日で、「クリスマス市」は終わり、明日からはまた、もとの「山口市」に戻ります。

CC061EA7-AB39-48DE-896E-854BED6FC5F6.jpeg
(山口市の職員の方にお借りして撮影した名札)

ちょっと分かりにくいと思いますが、12月の1ヶ月間、市の職員も「クリスマス市」という名札をちゃんとつけていまするんるん

この1ヶ月「クリスマス市」でいろいろイベントがありましたが、来年もジョネットは長谷川義史さんのクリスマス絵本ライブで「日本のクリスマスは山口から」実行委員会に参加したい、と思っています。
皆様、よろしくお願いいたしますクリスマス

36D41F30-20D3-41EB-B070-E5992D98EA35.jpeg
(12月5日付朝日新聞)

56ECAC1E-88AA-4485-8CBD-3D22144AE0DC.jpeg
(12月8日付サンデー山口)
いま!この本がおもしろいぞ! [2017年12月29日(Fri)]
12月26日の記事でもご紹介しましたが、8月19日に山口県立山口図書館で、山口県にゆかりのある子ども本の作家や編集者らが一押しの本を紹介するイベントが行われました。

5F8EB7E9-1863-408D-A78A-18A316319385.jpeg
(8月20日付山口新聞 )

1人1冊3分の制限時間で、それぞれ選ばれた2冊の本の魅力をアピールされました。
登壇されたのは、村中李衣さん(児童文学作家)、まほら三桃さん(児童文学作家、山口市在住)、那須正幹さん(児童文学作家、防府市在住)、保手浜孝さん(画家、山口市在住)、横山眞佐子さん、松本徹さん(編集者、下関市出身)、中山聖子さん(児童文学作家、宇部市在住)、松田もと子さん(児童文学作家、岩国市在住)、黒瀬圭子さん(児童文学作家、下関市在住)、岩瀬成子さん(児童文学作家)、松田素子さん(編集者、周南市出身)の11人です。

いまこの本がおもしろいぞ.jpg
(R.S.さん撮影)



ぬいぐるみのおとまり会 in 山口市立徳地図書館 [2017年12月28日(Thu)]
586CF9FB-4813-4EA6-9674-1986E43DB650.jpeg
(12月25日付読売新聞)

12月の半ば、山口市立徳地図書館で「ぬいぐるみのおとまり会」が行われました。
子どもたちから預かったぬいぐるみを図書館に“おとまり”させて、絵本を読んでいる様子を撮影し、その写真をぬいぐるみの持ち主の子どもにお薦めの絵本リストと一緒に手渡すという取組です。
耳読(みみどく)で広がる読書の世界 [2017年12月27日(Wed)]
今日は山口県立山口図書館に行きました。

E9E0C4C4-31AD-40F2-A874-CAE00DB41F29.jpeg
(山口県立山口図書館2Fからザビエル聖堂を望む)

山口県立山口図書館の資料展示「耳読で広がる読書の世界」を見るためでするんるん

899915E3-8388-4439-A4B8-38B9E38C7BE1.jpeg

0BE12807-DB87-415C-8D04-AB16D1A92D3E.jpeg

「DAISY(ディジー)」とは、Digital Accessible Information SYstemの略で、日本では「アクセシブルな情報システム」と訳されています。
ディジー図書は、視覚障害者のほかに学習障害、知的障害、精神障害の方にとっても有効であることが国際的に広く認められてきています。

B8CB663C-0001-4F7B-B365-60804B9F395B.jpeg

「サピエ」は、視覚障害者を始め、 目で文字を読むことが困難な方々に対して、さまざまな情報を点字、 音声データなどで提供するネットワークです。
運営委員会で松本徹さんの講演会を開くことが決まりました [2017年12月26日(Tue)]
今日12月26日(火)、ジョイネット運営委員会が開かれました。

来年3月11日(日)に、松本徹さんの講演会を開くことが決まりましたぴかぴか(新しい)

松本徹さんは、福音館書店で約30年にわたり、絵本・童話・ノンフィクション・写真集等の編集に携わってこられました。2006年秋から2013年春の間、童話第一セクション編 集長を務められました。

また、この夏8月19日に山口県立山口図書館で開かれた山口県出身や在住の児童文学作家、絵本作家や編集者が一同に会して、一押しの本を紹介するイベント「いま! この本がおもしろいぞ!」(山口県子ども文庫連絡会主催)にも出演され、ファンになられた方も多いのではないでしょうか。

そうなんです。松本さんは下関市出身なのでするんるん

「もう一度お話をゆっくり聞きたい」という皆様の声を受けまして、ジョイネットでは「やまぐち子どもの本のカレッジ」に松本さんをお招きすることになりました。
「詩のボクシング」で「パブロ・サンチェス・松本」として、長年リング・アナウンサーを務めてられていた松本徹さんのお話は魅力的でしたものね。

7EAF91A6-68A5-451C-BA75-67927B95EB16.jpeg
(8月19日の山口県子ども文庫連絡会結成30年記念祝賀会にて 松本徹さん、隣は編集者の松田素子さん)


会場・時間等まだ決まっていませんが、決まり次第お知らせします。

中也をうたう [2017年12月25日(Mon)]
今日はクリスマス。
クリスマス市の山口市では、第9回目の山口きずな音楽祭が行われます。
今年は、中原中也生誕110年を記念して、「中也をうたう」。

62FEA908-D2D0-4B07-829C-15D43BAD018F.jpeg
14BA7983-FEB4-41C7-9FA8-8F21DDBF836E.jpeg



耳でも楽しむ読書 [2017年12月24日(Sun)]
山口県立山口図書館で、「 耳読(みみどく)で広がる読書の世界」と題して、文字を読むことが難しい人たちのために作られた、耳で楽しむ本やそれにまつわる資料が、27日まで展示されています。

BB33A542-DD89-47EB-8A9C-1C39F06EBC67.jpeg
(12月20日付朝日新聞 )
しげちゃん [2017年12月22日(Fri)]
TBSの「コウノドリ」第10話(12月15日放映)を見ていたら、
なんと、長谷川義史さんの絵本『しげちゃん』(室井滋/作 金の星社)が出てきました。

BD313BE9-BE8E-46EA-A888-687C2E017BEC.jpeg

第10話は「出生前診断」という重いテーマを描いたもので、
だからこそ、子どもの「名前」に込められた親の深い愛情を描いたこの絵本を小道具の一つとしたのかなあ・・・など、考えながら見ました。

しげちゃん.jpg
(『しげちゃん』 室井滋/作 長谷川義史/絵 金の星社)

「ねぇ、お母さん、わたし、じぶんの 名前、キライ! もっと かわいい 名前に かえてよ」
しげちゃんは、男の子の名前みたいな自分の名前が嫌いで、違う名前を考えてみたり、でもお母さんに言ってみてから泣いてしまったり・・・。
そんな時、お母さんに“滋”という名前に込められた願いや思いを教えてもらいます。
しげちゃんが生まれる前に、お兄ちゃんが生まれたけれど、赤ちゃんのうちに亡くなってしまいます。お父さんとお母さんは次の子が生まれた時一生懸命に考え、お兄ちゃんの分まで元気に生きて欲しい、という願いを込め、「滋養」の「滋(しげる)」という名前を付けたのです。
そして、しげちゃんは、自分の名前が大好きになります。

女優の室井滋さんが名前にまつわるユーモラスなエピソードを綴り、絵本作家の長谷川義史さんが人情味豊かにおおらかな絵を描いた作品です。
コミックのなかの中也 [2017年12月21日(Thu)]
今、中原中也記念館では「コミックのなかの中也」という企画展示をしています。

コミックのなかの中也.jpg
Aコミックのなかの中也.jpg

中也や中也の詩が物語に深く関わるコミックの中から「文豪ストレイドッグス」「文豪失格」「眠兎(ミント)」「最果てにサーカス」「含羞(はぢらひ)―我が友 中原中也」が取り上げられています。
同じ中也でも、作者によってアプローチが全く異なり、コミックを通して中也や中也の詩の魅力に触れることのできる展示になっています。
作者による描き下ろしイラストやコメントも展示され、「文スト」記念撮影コーナーもあります。

28333565-45D8-4E7C-9495-227AF93F1E95.jpeg
(12月17日付毎日新聞)
国宝瑠璃光寺五重塔の冬支度 [2017年12月19日(Tue)]
山口市の国宝瑠璃光寺五重塔も冬支度です。

9BE3F8F8-20B1-4C09-85AA-7C40DF881D9E.jpeg

162FCA78-DC96-46CF-A7DB-8F5299972C46.jpeg
(山口新聞)
続きを読む...
| 次へ