CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
村中李衣さんによる「なんでも話そう、聞いてみよう、子どもの本のこと」 @ やまぐち子どもの本カレッジ2019 [2019年10月17日(Thu)]
今年度のこどもと本ジョイントネット21・山口で開催する子どもゆめ基金助成活動がほぼ決まりました。

第一弾は「やまぐち子どもの本カレッジ2019」の枠で行う講座で、
12月15日(日)、萩市立萩図書館で「村中李衣さんによる「なんでも話そう、聞いてみよう、子どもの本のこと」」を開催しますぴかぴか(新しい)

村中20191215.png

児童文学作家の村中李衣さんより、読み聞かせ活動に必要な絵本の見方・選び方を学び、子どもの本を見る目を養います。

るんるん日 時るんるん 2019年12月15日(日)14:00〜15:30 
るんるん場 所るんるん 萩市立萩図書館 2F 研修室
        萩市大字江向552-2 電話0838-25-6355
るんるん対 象るんるん 絵本ボランティアをしている人や子どもの本に興味のあるおとな
るんるん定 員るんるん 50名(要申込・先着順)
るんるん資料費るんるん 500円 
るんるん申  込るんるん こどもと本ジョイントネット21・山口
        萩ベースキャンプ  090-1019-9662(有田)
        山口ベースキャンプ 090-3636-2617(山口)
るんるん主 催るんるん こどもと本ジョイントネット21・山口
るんるん共 催るんるん お話の出前ジョイントネット萩「草の芽」
るんるん後 援るんるん 萩市教育委員会、山口県子ども文庫連絡会

かわいい村中李衣さん(むらなか・りえ)かわいい
1958年山口県生まれ。筑波大学人間学類卒業。日本女子大学大学院で児童文学を学ぶ。ノートルダム清心女子大学教授。創作活動に従事する一方、「読書療法」「絵本を介したコミュニケーションの可能性」「関係性の回復をめざしたトレーニング」をテーマに研究・執筆を続ける。
1984年『かむさはむにだ』(偕成社)で第17回日本児童文学者協会新人賞、1985年『小さいベッド』(偕成社)で第32回産経児童文化賞、1990年『おねいちゃん』(理論社)で第28回野間児童文芸賞、2013年『チャーシューの月』(佐藤真紀子/絵 小峰書店 2012.12)で第53回日本児童文学者協会賞、2017年「長期入院児のための絵本の読みあい」で第1回日本絵本研究賞受賞。
著書に『ぱあすけ』(宮本忠夫/絵 あかね書房 1989.10)、『生きることのデッサンー絵本・こども・わたし』(ぶどう社 1993)、『ふしぎのくにのにほんご』(教育出版 1997.5)、『絵本を読みあうということー読書療法の向こう側とこちら側』(ぶどう社 1997.1)、『かわむらまさこのあつい日々』(内沢旬子/絵 岩崎書店 1998.6)、『やまさきしょうてんひとくちもなか』(川端誠/絵 大日本図書 1998.8)、『読書療法から読みあいへ』(教育出版 1998.8)、『跳ぶ教室ー人間関係教育の試み』(教育出版 2004) 、『うんこ日記』(川端誠/絵 BL出版 2004.7)、『こころのほつれ、なおしやさん。』(クレヨンハウス 2004.11)、『とうちゃん、おかえり』(あべ弘士/絵 ポプラ社 2005.8)、『絵本の読みあいからみえてくるもの』(ぶどう社 2005.9)、『五領域絵本 くつしたのはら』(こやまこいこ/絵 日本標準 2009.11)、『なんかへんだを手紙でつたえる』(玉川大学出版局 2012.6)、『かあさんのしっぽっぽ』(BL出版 2014.3)など。
| 次へ