CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
「秋の日に、湯に浸り」「四行詩」と中原中也日記・書簡を読む @ 第184回中原中也を読む会 [2019年09月25日(Wed)]
9月27日(金)、第184回中原中也を読む会「「秋の日に、湯に浸り」「四行詩」と中原中也日記・書簡を読む」が中原中也記念館でありますぴかぴか(新しい)

1E30EF30-63C8-468C-A972-DBB48324C5D4.jpeg


中原中也を読む会は、テーマに沿って中也の詩を読み込んだり、詩に曲をつけたものを聞いたり、記念館の展示を学芸員の解説とともに見学するなど、気軽におしゃべりしながら、中也の詩の世界を楽しく味わう会です。
詩にちょっと興味はあるけど、なんか難しそう…という方にお薦めです。

るんるん日 時るんるん 2019年9月27日(金)13:30〜15:00(予定)
るんるん場 所るんるん 中原中也記念館
るんるん内 容るんるん 「秋の日に、湯に浸り」「四行詩」と中原中也日記・書簡を読む
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん連絡先るんるん 中原中也記念館
       電話083-932-6430
       fax to083-932-6431


  秋の夜に、湯に浸り
 
秋の夜に、独りで湯に這入ることは、
淋しいじやないか。

秋の夜に、人と湯に這入ることも亦、
淋しいじやないか。

話の駒が合つたりすれば、
その時は楽しくもあろう

然しそれといふも、何か大事なことを
わきへ置いといてのことのやうには思われないか?

――秋の夜に湯に這入るには……
独りですべきか、人とすべきか?

所詮は何も、
決ることではあるまいぞ。

さればいつそ、潜つて死にやれ!
それとも汝、熱中事を持て!


※   ※
  ※

  四行詩

おまへはもう静かな部屋に帰るがよい。 
煥発する都会の夜々の燈火を後に     
おまへはもう、郊外の道を辿るがよい。     
そして心の呟きを、ゆつくりと聴くがよい。



中也には、もう一つ四行詩があります。


  四行詩

山に登つて風に吹かれた
心は寒く冷たくあつた
過去は淋しく微笑してゐた
町では人が、うたたねしてゐた?



前者の四行詩は富永太郎の次の詩に似ていると思いませんか?


 無題  京都
     富倉次郎に


おまへの歯は よく切れるさうな

山々の皮膚が あんなに赤く
夕陽(ゆうひ)で爛らされた鐃鉢(ねうばち)を
焦々[いらいら]して 摺り合せてゐる
おまへはもう 暗い部屋へ歸つておくれ

おまへの顎が 薄明(うすあかり)を食べてゐる橋の下で
友禪染を晒すのだとかいふ黝(くろ)い水が
産卵を終へた蜉蝣(かげろう)の羽を滲ませる
おまへはもう 暗い部屋へ歸つておくれ

色褪せた造りものの おまへの四肢(てあし)の花々で
貧血の柳らを飾つてやることはない
コンクリートの護岸堤は 思ひのままに白(しら)けさせやう
おまへはもう 暗い部屋へ歸つておくれ

ああ おまへの歯は よく切れるさうな

| 次へ