CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
大曲り @ 山口市大歳@ [2019年07月04日(Thu)]
7月1、2日、地撮り山口大歳の賞品の袋詰めを手伝いました。
FBCDD409-CD94-4AEC-9398-B11DD73C8DD6.jpeg

2日(火)、地撮り山口大歳のフィールドワークに参加させていただきました揺れるハート

ということで、今回の地撮り山口大歳のチェックポイントにはなってはいないけれど、参加者の皆様にここもぜひチェックして欲しい大歳のスポットを紹介しますぴかぴか(新しい)


かわいい大曲り
山口市小郡と島根県津和野を結ぶ古い道を石州街道といいます。
このうち湯田との境の下市橋を渡ると、今井の宛ノ木から上矢原の道関まで、西寄りにカーブを描く部分があり、江戸時代には「大曲り」と呼ばれていました。
これは、椹野川がかっては富田原の北側を流れ、今井町から朝倉市に大きく蛇行していたため、その川に沿って街道がつけられた名残と推測されています。

1DD3BC3F-D2BA-4489-812D-0081D911E544.jpeg

1896(明治29)年ごろ、現在のように大曲りを経由しない真直ぐの県道(今は市道)が作られたことから裏道になりました。(『郷土大歳のあゆみ』(大歳地区史編纂委員会(大歳史談会/編 大歳自治振興会 2002(平成14).12)P416参照)
江戸時代は誰もがここを通っていました。幕末でいえば、周布政之助を始めとして、久坂玄瑞、高杉晋作、五卿、桂小五郎、井上馨、伊藤博文、坂本龍馬、中岡慎太郎など、維新で活躍したみんながここを通っていましたひらめき

492A087A-5FBD-4DCA-A96D-69D7FA0AC995.jpeg 3237E0F6-C0BD-4A8E-A6F6-1DF8EC7A3480.jpeg

この先に吉富簡一邸が見えます。
周布政之助は吉富邸の離れを借りて住んでいました。
DBC919CF-3CB8-4521-BF33-A26FCB2C4F74.jpeg

吉富邸前の道。
87B0AA8A-DFA6-4912-9315-50CA12D5E3FD.jpeg AC5CA9B7-2D76-4712-9FAF-B46B12DCA947.jpeg

ハヤだと思うのですが、魚が泳いでいました。
今は住宅街の間の生活道路ですが、水路の水はあくまでも澄んでいて、石州街道の面影を残すすてきな道です揺れるハート

【次回に続く】
| 次へ