CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
ツチグリ・ミツバツチグリ・キジムシロ @ 秋吉台ウォーキングH [2019年05月24日(Fri)]
【前回の続き】

4月28日(日)の秋吉台では地面を這うようにして咲く黄色い花が目立ちましたぴかぴか(新しい)
たまたま写真に撮ったものに、ツチグリ、ミツバツチグリ、キジムシロが写っていました揺れるハート

キジムシロ
名前の由来は、花後の葉が放射状に展開し、ロゼット状になった根出葉をキジが座わるムシロに例えられたことによります。
キジムシロは普通、茎が赤みを帯びた色をしています。
葉は奇数羽状複葉で5〜7枚、まれに3〜9枚の小葉からなり、先端の小葉3枚が大きく、小葉の形は楕円形で縁には鋸歯があります。
3C67ACAF-468B-43FB-939F-4CDD0932CF33.jpeg 5F57CA49-2C38-4F3C-8247-015C9F1DA04D.jpeg


ミツバツチグリ
葉は3枚の小葉からなり、小葉の形は長楕円形〜卵形で縁には鋸歯があります。
9C889686-1FC4-45E2-8085-6011081216A3.jpeg 3E1563DD-0238-44F2-A73B-EE09D972361C.jpeg F2DD2B6A-44E4-4B7E-95C0-326C0C9DC1E4.jpeg

副萼は萼よりやや細く短いです。
1340DC73-45D7-45C9-B407-348F2BBE947B.jpeg

花後地上に匍匐枝を出します。
9A299F44-BC77-4A33-A3C2-73033C8FE814.jpeg


ツチグリ
同名のキノコは紹介したことがありますが、
花の方は環境省の絶滅危惧IB類(EN)に指定されています。
33D94D8F-2607-480F-B86F-30490B0580AF.jpeg F039CBAB-4605-4E1F-BC93-D7927A170A51.jpeg

被子植物 双子葉類 離弁花類 バラ科
ツチグリ Potentilla discolor
  分布:本州・四国・九州
  ランク:絶滅危惧IB類(EN)
 ツチグリは草地に生育する多年草です。地下にできる根茎は太く、その一部にいちじるしく肥厚した塊状〜紡錘状になる部分ができます。和名はこのクリのようになった根茎が由来となっています。この根茎は皮をむいて生でも食べられるといいます。ツチグリによく似たミツバツチグリは普通に見ることができますが、ツチグリのような根茎はもちません。茎は高さ15〜40cmで、地際から生える葉は、3〜7枚の小葉からなります。小葉は長楕円形かそれよりも狭く、長さ2〜4cmです。葉の裏面は白い絹毛が密生しています。絹毛は表面からも確認でき、葉を縁取っているようにも見えます。4月から5月に12〜15mmの黄色い花を花茎の先に数個つけます。ハート型の花弁の下につくガク片の外側には、葉と同様の絹毛があり、白っぽく見えます。
 ツチグリは愛知県以西の本州、四国、九州に分布し、明るい草地に生育します。12の県で自生していたツチグリですが、現在はそのうち5県で現状不明になっています。
 その一つの要因として草地の減少があります。ツチグリは乾燥した環境を好むため、自然の遷移により樹木が侵入してくると生育できなくなってしまいます。また、草地の開発による自生地の消滅、人による踏みつけによって減少しているようです。
 国外では朝鮮半島と中国北部に分布が確認されています。

(環境省生物多様センター「いきものログ 」RDB図鑑「ツチグリ」より引用)

5C892F6E-BB3B-4D57-B866-3E610D4B8984.jpeg F0BF4117-0282-434C-BB55-9F6482F23438.jpeg 8532150A-4E23-4F0F-988A-36D1E277D30B.jpeg

【次回に続く】
| 次へ