CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
長者ヶ森 @ 秋吉台ウォーキングA [2019年05月17日(Fri)]
【前回より続く】

秋吉台カルスト展望台に寄りましたぴかぴか(新しい)
3人とも展望台が新しくなってから初めての訪問です。
傍には、Mine秋吉台ジオパークセンター「Karstar」ができていました。

展望台からは、360度のパノラマで秋吉台のカルスト地形や草原地帯を一望することができます。
先程登った龍護峰を確認しました。
FD054C4B-DC81-4E20-AB3C-3697689E557F.jpeg


秋吉台カルストロード沿いの長者ヶ森駐車場に車を停め、長者ヶ森まで歩きましたぴかぴか(新しい)
12772BEA-7750-459A-BA48-D26684E643A3.jpeg

FDDAC312-C161-4C22-8A55-31AB8FD28F7D.jpeg

678B1F3A-A446-4CFE-AD2F-19A6157DDBEF.jpeg

F4F8814E-797D-4369-A705-4FC1A4E31EC7.jpeg

2517ABC0-BE13-4C94-AD21-933F20065E78.jpeg

9694D580-0540-4022-A6C3-8DE3B5F052BA.jpeg

B1439164-D550-4712-9896-E6070D83B96D.jpeg

5464FA2A-5330-4346-A4AC-C4C66FD8A003.jpeg

「長者ヶ森」説明板。
91A6B673-FFA6-4E05-BB50-65771C3D31E2.jpeg

 平家の一武将大田芳盛は壇ノ浦の戦いで源氏に敗れ、大山(秋吉台)に移り住み、次第に大山周辺を手中におさめ、広大な居館を構え名家として近郷を圧するに至りました。
 しかし、三代目芳高のころ一族間に内紛が生じ一族は四散しました。
 ずっと後世(江戸時代)に、大田氏の子孫が祖先をしのんで、かつての居館跡と思われるあたりに木を植えたものが、長者ヶ森であると言い伝えられています。
 林中には古井戸の跡があり、付近に女郎ヶ池と名づけられた泉水があります。秋吉台唯一の原生林として存在するこの森は、タブノキ、ヤブツバキ、カゴノキ、ヤブニッケイ、シロダモなど60余種からなっています。


「長者ヶ森」説明板。
CEF54AA3-212C-4530-8139-8B002E6E9D44.jpeg

  国指定特別天然記念物 秋吉台
   長者ヶ森
 その昔、この地に長者が住んでいましたが、いつしか没落し、後の時代に長者の子孫が屋敷跡に植樹して森になったと言い伝えられています。長者は平家の落人ともいわれていますが、附近の青景銀山・赤小野銀山、長登銅山の繁栄で栄えた商人と考える説もあります。(略)
             山口県教育委員会・美東町教育委員会


「中国自然遊歩道経路図(嘉万市〜宮の馬場、大田)」の案内図
404EE765-9B3D-44D8-823F-1F9CA0F6D6AE.jpeg

高木層や亜高木層をなす樹木によって森の中はうっそうとしています。
下草はほとんどありません。
その昔、富豪が世を逃れてこの地に住んでいたという言い伝えから、長者が森と呼ばれるようになったとも言われています。
9D0D192D-0203-4762-9277-19E33CEF6FB3.jpeg A2BED685-24BD-4D65-ACEF-DAF0F62C390F.jpeg 119D987F-E6F0-4BBE-9370-7D1E993C6D94.jpeg

石が積まれた上に祠が祀られていています。
8876E08C-2492-4433-A9E1-A4134728A277.jpeg

「防長歳時記」によると長者ヶ森には、壇ノ浦の合戦に敗れた平家の残党の一人大田芳盛とその子孫たちにまつわる話が記載されている。長者ヶ森の林内にある祠は、美東町大田鳶の巣地区の前野某を弔ったものと言われている。長者ヶ森の長者は、鳶の巣にある前野家という記録が残っているが、現在数軒あるうちのどれかははっきりしない。長者とは成り金を表す言葉であり、大田から長門仙崎に通じる主街道沿いの交易で儲かったと推測できる。これは、青景・絵堂・長登銀山の隆盛と大いに関係があったと考えられるからである。
(山口県教育研修所「秋吉台の自然」「長者ヶ森の祠」より引用)


長者が森は、約60種類の植物からなる原生林です。
ヤブツバキなどもまだ花を咲かせていましたが、
タブの優先度が高く、高さ約16mの大木が主体となっています。

タブノキ
315B03C6-E323-457D-AFC9-3D0F063B26A3.jpeg 8FD26E8C-98A4-49B3-A1E4-D73778DA06A3.jpeg B37E1C26-495D-4591-B5DE-7940DCA0A488.jpeg 4053EE5D-28D4-499F-A2E8-9B78CD623C44.jpeg 592455CB-4225-4A2B-B675-83964165BEDA.jpeg E8FCE00C-FA14-4917-8E89-0CA990615195.jpeg 743A5B86-48A3-4759-8537-BD558209C200.jpeg

モミジバスズカケノキもありました。
A5091B5B-0264-4431-B3D4-13A65460EB0F.jpeg 96742FCB-F1CE-4E03-AF43-D48D2F986DC0.jpeg

ムベ
3D5229C5-30A2-4A68-8584-C2AC1C9AE3F6.jpeg 1429372A-7044-42E6-91F8-A8D56C3A9F3C.jpeg

イヌビワ
17D714A7-3354-4C97-9B2F-854C9E4BF1EE.jpeg

草原の風景を楽しみながらまた駐車場に戻ります。
1B8A5C17-C60E-4CD5-8F67-368A5E6EACF6.jpeg

真名ヶ岳(まながたけ)展望台に行くことが出来るようで今度行ってみたいです。
0914995F-6C23-4F72-9F4A-61B6FC0B367F.jpeg

クヌギ
42963263-EC0B-4B21-AA64-F15C9EFB428C.jpeg 03D58008-5A86-47CA-8540-0854F6975ADB.jpeg 6723C804-5B3D-4CE6-96F6-54FB0DF7A87A.jpeg 18C6F742-DF8E-4C9E-8A57-99B42C634DE8.jpeg A0DCA5D2-ADB1-41CE-87F1-7B716113DD17.jpeg

ヤマモモ
14014D94-0F9B-4E88-8F09-7A0F21023377.jpeg

Mine 秋吉台ジオパークが2015(平成27)年にジオパークに認定されてから、標示板などにも力を入れているようです。
C641D9E5-5FDA-4C33-A1FF-858AD894F46C.jpeg

【次回に続く】
| 次へ