CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
田島征三トークイベントに参加しました @ 『わたしの森に』絵本原画と田島征三小品展 [2019年02月13日(Wed)]
2019年2月11日(月・祝)、下関市のこどもの本専門店 こどもの広場で開催された田島征三トークイベントに参加しましたぴかぴか(新しい)

わたしの森に_0002.jpg わたしの森に_0001.jpg

新潟県十日町市鉢集落の廃校をまるごと「空間絵本」としてよみがえらせた「絵本と木の実の美術館」のこと、 
IMG_0003.jpgIMG_0004.jpg
IMG_0005.jpgIMG_0006.jpg

香川県大島の「青空水族館」のことも 
IMG_0001.jpgIMG_0002.jpg

たくさん語られたのですが、今日はしっかりご自分の著書につて語ってくださいました。

『わたしの森に』(アーサー・ビナード/文 くもん出版 2018.8) 
わたしの森.jpg 
マムシの気持ちで書かれた絵本。
鼻の孔と眼の間にピット器官と呼ばれる赤外線センサーをもち,暗闇の中でも熱を発するものを感知することができます。
受精時期のコントロールを行うことができ、これを遅延受精と呼ぶそうです。交尾後5年経って出産した例も知られています。
中原中也賞を受賞した詩人 アーサー・ビナードの文です。

『はたけうた』(福音館 2006.9) 
はたけうた.jpg 
小室等さんが曲をつけていらっしゃいます。

『とべバッタ』(偕成社 1988.7) 
とべバッタ.jpg 
「とべバッタ」(田島征三/作詞 小室等/作曲 福井崚/編曲)を歌われましたわーい(嬉しい顔)
力強さとせつなさが合い混じった、味わい深い歌でした揺れるハート

『しらないまち(偕成社 2006.7) 
しらないまち.jpg 
刈谷市美術館が原画を買い上げました。

『ぼく、おたまじゃくし』(佼成出版社 2018.6)
ぼく、おたまじゃくし.jpg 
2018年3月24日のイベントでもその当時出版前の本書の読み聞かせをしてくださったのですが、今回もまた、読み聞かせをしてくださいましたわーい(嬉しい顔)
とべバッタのおたまじゃくし版。
自立の本。

『ガオ』(福音館書店 2005.2) 
ガオ.jpg 
伊豆半島に移住し、森の中を歩いていた時、シロダモの大木に呼び止められ、その実を集めて制作した絵本。
クリンと付いている緑の果柄が なかなか いい感じ、と気に入っているとのことです。
必要な色の木の実を得るには次の季節を待たなければならず、この絵本の製作には3年の月日を要しました。
実を拾うためには屈まなくてはならず、のぞきに間違えられ、大変だったそうです。
実を拾わせてくれた木は、素晴らしい樹だったのに切り倒されてしまいました。
黒くなった実は柿渋につけて干して新しく作品「マブイ」となり『生命の記憶 田島征三作品集1990−2010』(現代企画室 2010.12)に掲載されています。

やぎのしずかシリーズ

『トぺラトト おもいでをたべるオバケのはなし(田島征三/作 おおたかしずる/作 現代企画室 2015.3) 
トぺラトト.jpg

『学校はカラッポにならない 鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館(えほんの杜 2009.7) 
学校はカラッポにならない.jpg 
『学校はカラッポにならない 絵本と木の実の美術館(現代企画室 新装再版 2015.11)
学校は からっぽにならない.jpg 
新潟県十日町市の山間に佇む鉢集落の小学校が廃校になる前夜、最後の在校生ユウキ、ユカ、ケンタが学校で出会ったのは……? 学校オバケ「トペラトト」たちも大活躍。

『ひみつのかいだん』
雑誌「小学二年生」の付録。

『ぼくのこえがきこえますか』(童心社 2012.6) 
ぼくのこえがきこえますか.jpg 
浜田桂子・田畑精一・和歌山静子の日本の絵本作家とともに呼びかけ、中国、韓国の作家12人による「日・中・韓平和絵本シリーズ」の1冊。

『ちきゅうがわれた』
一昨日まで制作していた絵本。
どんな絵本なのでしょうか?

横山眞佐子さんからそろそろ時間ですよ、と促されて予定の時間を1時間近くオーバーして講演を終えられましたが、話が尽きないようでした。
田島さんの生き様まで深く伝わってくるお話でした。

黒田征太郎さんもいらっしゃっていて、豪華な会となりました。


かわいい田島征三 (たじま せいぞう)かわいい
1940年、大阪府生まれ、幼少期を高知県で過ごす。
1962年、手刷絵本『しばてん』を制作。
1965年、処女作『ふるやのもり』出版。
1969年、東京都西多摩郡日の出村(現日の出町)に移り、ヤギやチャボを飼い畑を耕しをしながら、タブロー・版画・エッセイ・絵本などを創り続ける。特に絵本界では全く無視の『はたけうた』『くさむら』は注目に値する。
1998年、廃棄物処分場からの焼却灰の飛散により胃癌、伊豆半島に移住。森の中を歩いていた時、シロダモの大木に呼び止められ、翌々翌年その実を集めて制作した絵本『ガオ』を創る。その後、絵本を作りながら、木の実や流木などによる作品を発表し続けている。
2009年、新潟県十日町市の廃校になった小学校を丸ごと絵本にした『空間絵本 - 学校はカラッポ にならない』を制作。「絵本と木の実の美術館」とし、現在も開館中。
2013年、香川県大島で、ハンセン病の元患者の療養所で、入所者が暮らしていた建物を丸ごと「空間詩・青空水族館」にした。そして、この詩をもとに絵本『海賊』を出版。後「森の小径」を制作中。
松田素子さんのキャリア教育の授業が周南市立鹿野小学校でありました [2019年02月11日(Mon)]
2019年1月28日5校時、編集者の松田素子さんが5年生のキャリア教育の授業を周南市立鹿野小学校でされましたぴかぴか(新しい)
37C18520-1E39-432B-B8D0-037963BDDAEE.jpeg

5年生は17名。
一冊の絵本が世にでるまでのお話を聞きました。
0A95F106-F020-4883-BC39-1EC3F041A3BA.jpeg

「百聞は一見にしかず」
「百見は一考にしかず」
百回見ても、それを基に自分で考えなければ意味がない。
「百考は一行にしかず」
百回考えても、考えたことを自分で行動しなければ意味がない。
……生徒たちは、松田さんからたくさんのことを学びました。
IMG_1143.JPG

お話が終ってからもダミーとできあがった本を見較べたりして楽しみました。


この授業は、鹿野小学校で図書ボランティアをされているKano Library Support(鹿野ライブラリーサポート)のご尽力で実施されました。
KLSは学校図書館の壁面飾りなどのボランティアをされています。
IMG_1137.JPG IMG_1138.JPG

「おすすめの本」の展示があったのですが、誰のおすすめか、どこがおすすめなのか、あるといい、とアドバイスされていました。
IMG_1139.JPG


鹿野は雪景色雪でした。
A2C48704-E2C1-4F85-AC3F-3140A7079DEC.jpeg
UNADUKIcolony企画 朗読劇 [2019年01月31日(Thu)]
山口市のクリエイティブ・スペース赤れんがで「UNADUKIcolony企画 朗読劇」が行われますぴかぴか(新しい)
文芸山口大賞準大賞受賞作品「牛乳の海に咲く花は落ちない」、「仮題」、太宰治の「駆け込み訴え」が一人芝居として上演されます。

朗独劇おもて.jpg 朗独劇うら.jpg

文学は孤独だ。
舞台は生きる孤独だ。

文学から始まる 三人の独り芝居。

文学と演劇は隣り合う芸術。
文学作品において、作家としての創作活動、読書という行為も一人きり。「独り」をポジティブな意味としてとらえ、ひとり舞台「朗読劇」を行う。
UNADUKIcolony主宰の宮崎が文芸山口大賞準大賞受賞作品をひとり芝居として舞台化するのにあわせ、計3つの演劇を上演。演者は宮崎を含め山口で活動する3人の演劇人。
文学作品を読む受け手から立場を変え、表現者として演劇という形で発信すること。また、読み返したり再現するために作品を「書きとめる」行為と、刹那的に消えていく「演じる」という相対する行為を見つめなおすことなど、創作・上演のプロセスにおいて探っていきます。


るんるん日時るんるん 2019年3月2日(土)〜3日(日)
  A @2日16:00〜 A3日10:00〜 B3日16:00〜
  B @2日17:30〜 A3日11:30〜 B3日17:30〜
  C @2日19:00〜 A3日13:00〜 B3日19:00〜
るんるん場所るんるん クリエイティブ・スペース赤れんが ホールT
       山口市中河原町6-12

るんるん内容るんるん 全9公演

A 「牛乳の海に咲く花は落ちない」 
作  雲川あさ
出演 宮ア萌美
あらすじ 
海沿いにタンクが並ぶ街。小学生の僕は雨が束になって降る夜、大きな揺れに襲われる。仕事に出たまま連絡のつかない母、街を塗りつぶしていく波。「牛乳」工場の爆発。
これはあの3月でもなく、未来の予知夢かもしれない。
十歳の少年というフィルターを通して描かれるこの物語は、あなたの想像力で完成する。


B 「仮題」 
作  中野志保
出演 中野志保
あらすじ 
ひとりきの部屋で、音が鳴り響く。真白いキャンパスは塗りたくられる。動き回り、組み立てては壊し、やがて「それ」は、声を吐き出した。
五感で、世界を伝える舞台上から、言葉を抜き出し、文字と言う小さな世界に凝縮したとき、現実の妄想は何に成っていくのか。
文字から演劇へ変容させる二人とは少し視点をずらし、「舞台上から文学へ」のアプローチに挑む。


C 「駆け込み訴え」 
作  太宰治
出演 細田昌宏
あらすじ
裏切り者の商人が「あの人」を売る、その時の独白。
堰を切ったように吐き出される訴えは、彼の切実な想いとともに紡がれ、烈しく、狂おしく「あの人」への感情を描き出す。
尊敬、劣等感、羨望、嫉妬、畏怖、恐怖、依存、嫌悪、そして、愛情、憎悪。ないまぜになった感情が勢いのある文章で綴られる。
太宰が「蚕が糸を吐くように口述し」、妻、美知子が筆記する形でできた作品。



るんるんチケットるんるん シングル(1枚)で1公演、トリプル(3枚)で3公演見ることができます
  一般    シングル1,500円 ダブル2,500円 トリプル3,000円
  高校生以下 シングル800円  ダブル1,200円 トリプル1,500円
るんるんチケット取扱いるんるん クリエイティブ・スペース赤れんが、山口情報芸術センター

るんるん問合るんるん mail tounadukicolony@gmail.com
るんるん主催るんるん UNADUKIcolony
るんるん後援るんるん 山口市、公益財団法人山口市文化振興財団、文芸山口
ばけばけした那須正幹さんを語る! 迷友2人 村中李衣と横山眞佐子の朗読とめちゃくちゃトーク @ 第5回ほ・ほ・本講座 [2019年01月29日(Tue)]
防府市在住の児童文学作家 那須正幹さんが昨年の12月、「独居老人三人組」が主人公の新刊『ばけばけ』(ポプラ社)を出されましたぴかぴか(新しい)
那須さんといえば、「ズッコケ三人組」シリーズ全50巻、「ズッコケ中年三人組」シリーズで有名です。
現在76歳で、223冊の本を執筆されています。

待望の新刊『ばけばけ』、表紙の色っぽい女性がなんとも気になります。
実はこれは○○○……それは、読んでのお楽しみ。
ばけばけ.jpg

春の宵、公園に集まった独居三老人は「まさか」の出来事に遭遇する。人生の味がする物語、熟成エンタテインメント小説。

氷室大造、75歳。妻に先立たれてから、楽しみといえば近所の公園で老人仲間と会うことくらい。このまま静かに人生の幕は閉じていくように思われたが、晩春のある夜、とんでもない「まさか」が起きる――。騙されることへの不思議な感覚、亡き妻への思い、罠を逆手にとる知恵。独居三老人が繰り広げる「詐欺」の物語は、ユーモアと切なさを漂わせつつ、ついに唖然とする結末を迎える。人生の味がする熟成エンタテインメント小説。
ポプラ社HPより)

帯には、
熟成エンタメR70文学
と書かれています。
ばけばけ帯.jpg

その那須さんについて語るイベント
「ばけばけした那須正幹さんを語る! 迷友2人 村中李衣と横山眞佐子の朗読とめちゃくちゃトーク」が下関市のこどもの広場で開かれますぴかぴか(新しい)

るんるん日 時るんるん 2019年3月4日(月)18:30〜
るんるん場 所るんるん こどもの広場
        下関市幸町7-13       
るんるん講 師るんるん 村中李衣(児童文学作家)、横山眞佐子(こどもの広場代表)
るんるん参加費るんるん 1000円(お茶・お菓子付)
るんるん申 込るんるん こどもの広場
        電話083-232-7956

いまこの本がおもしろいぞ.jpg
▲那須正幹さん(2017年8月19日 山口県こども文庫連絡会主催「いま!この本がおもしろいぞ」 山口県立山口図書館)
田島征三さん『わたしの森に』原画展 & スペシャル対談 田島征三×横山眞佐子「絵と絵本について」 [2019年01月28日(Mon)]
こどもの広場で、「田島征三さん『わたしの森に』原画展」が開催されますぴかぴか(新しい)

わたしの森.jpg

アーサー・ビナードさんが文を書き、
田島征三さんが絵を描いた
絵本『わたしの森に』(くもん出版 2018.8)の原画が
下関市のこどもの広場に展示されます。
田島征三さんの他の作品(自筆画)も展示・販売されます。
迫力ある原画をぜひ生で観て下さいexclamation×2

るんるん日 時るんるん 2019年2月9日(土)〜3月3日(日)
るんるん場 所るんるん こどもの広場
        下関市幸町7-13
        電話083-232-7956
るんるん入場料るんるん 無料

わたしの森に@.jpg

まんまん むんむん しんしんしん
森のおくから こえが きこえる
……わたしは だれ?

里山の嫌われもの、マムシ。でも、マムシの目から見ると、世界はまったく違っています。
春を待つ雪の下の気持ち、熱を感知する「むんむんの目」でとらえた闇の世界、命をつなぐいとなみの不思議・・・
その力強さ、美しさから、人と自然との関係も問い直されてくるようです。
詩人・アーサー・ビナードと、絵本作家・田島征三の才能がはじめてぶつかりあった、注目の絵本です!

*『絵本と木の実の美術館』からうまれました*
新潟県十日町市鉢集落に、廃校をまるごと「空間絵本」としてよみがえらせた、田島征三の「絵本と木の実の美術館」があります。
アーサー・ビナードが鉢集落を2年にわたって訪れ、その雪国の四季とくらしを体験しながら、田島征三とのコラボレーション「カラダのなか、キモチのおく。」を制作しました。
作品は「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」で発表。
この『わたしの森に』は、同じ生態系の中で発見した物語です。

くもん出版HPより)

わたしの森にB.jpg


スペシャル対談 田島征三×横山眞佐子「絵と絵本について」

るんるん日 時るんるん 2019年2月11日(月・祝)13:30〜15:00
るんるん場 所るんるん こどもの広場
るんるん内 容るんるん 田島征三さん・横山眞佐子さんによる対談
るんるん会 費るんるん おとな1300円 子ども500円
るんるん予 約るんるん こどもの広場
※対談後 サイン会があります


わたしの森に_0002.jpg わたしの森に_0001.jpg


かわいい田島征三 (たじま せいぞう)かわいい
1940年、大阪府生まれ、幼少期を高知県で過ごす。
1962年、手刷絵本『しばてん』を制作。
1965年、処女作『ふるやのもり』出版。
1969年、東京都西多摩郡日の出村(現日の出町)に移り、ヤギやチャボを飼い畑を耕しをしながら、タブロー・版画・エッセイ・絵本などを創り続ける。特に絵本界では全く無視の『はたけうた』『くさむら』は注目に値する。
1998年、廃棄物処分場からの焼却灰の飛散により胃癌、伊豆半島に移住。森の中を歩いていた時、シロダモの大木に呼び止められ、翌々翌年その実を集めて制作した絵本『ガオ』を創る。その後、絵本を作りながら、木の実や流木などによる作品を発表し続けている。
2009年、新潟県 十日町市の廃校になった小学校を丸ごと絵本にした『空間絵本 - 学校はカラッポ にならない』を制作。「絵本と木の実の美術館」とし、現在も開館中。
2013年、香川県大島で、ハンセン病の元患者の療養所で、入所者が暮らしていた建物を丸ごと「空間詩・青空水族館」にした。そして、この詩をもとに絵本『海賊』を出版。後「森の小径」を制作中。

かわいい 横山 眞佐子 (よこやま まさこ)かわいい
下関市出身。1979年に全国でも珍しいこどもの本の専門店「こどもの広場」を開店。
約17年前から学校の図書室を活性化し、子どもと本を結ぶための「選書会」を開催。山口県内の小中学校を訪問し、ブックトーク等を行なう。
1996年に下関市芸術文化新興奨励賞を受賞。
2013年には青少年の文化の向上と普及に貢献した団体と個人に贈られる第53回「久留島武彦文化賞」を受賞。
翻訳書に『赤ちゃんの本箱』『サムはぜったいわすれません』『ぼくのライトとたんぽぽ』(いずれもブック・グローブ社)、著作に『子育て絵本相談室』(ポプラ社)などあり。
地撮り山口大歳 [2018年06月22日(Fri)]
椹野川沿いのサイクリングコースから昔の街道や古道などを歩いて、山口大歳地域のまち並を再発見するイベント「地撮り山口大歳」が23日に開かれますぴかぴか(新しい)

地撮り2018.jpg

地鶏でも自撮りでもありません。地撮りです。

4つのコースを散策して、携帯やスマートフォンでお気に入りを撮影して、#30jidoriのハッシュタグをつけてツイッターにリアルタイムに投稿していきます。
そのツイッター上の写真を、参加者全員で鑑賞し、投票し、順位をつけて優秀作品を選別し、新たな地域の魅力を楽しみます。

(チラシより抜粋)

地撮り2018裏.jpg

るんるん日  時るんるん 2018年6月23日(土)8:30〜16:00 ※小雨決行
るんるん集合場所るんるん 山口市大歳地域交流センター 2F 講堂
          山口市矢原1407-5
るんるん日  程るんるん 
          受   付 8:30〜
          地撮り開始 9:00
          地撮り終了 12:00
          昼   食 12:30〜
          試 写 会 13:00〜 
          表 彰 式 15:00〜
          終   了 16:00
るんるん定  員るんるん 20組
るんるん参 加 料るんるん 500円(弁当込)
          ※試写会のみの参加可能。その場合参加料無料
るんるん申 込 先るんるん 山口市大歳地域交流センター
          電話 093-922-4035
          fax to 083-922-4036
          メール ohtoshi@city.yamaguchi.lg.jp
るんるん申込期限るんるん 2018年6月15日(金) 
るんるん主  催るんるん 大歳自治振興会子ども部会
るんるん後  援るんるん 大歳地区青少年健全育成協議会
るんるん運  営るんるん Yan 山口アートネットワーク、潟Aウワセルブズ

※この情報はYan 山口アートネットワークの曽田さんと原さんから20日にいただきました。
防府市子ども読書フェスティバル ― 絵本でひろげよう!想像力と感動の輪 ― に参加しました [2018年05月29日(Tue)]
5月27日(日)、防府市子ども読書フェスティバルに行きましたぴかぴか(新しい)

9A6059AD-2951-4625-82BD-A32B42E636E7.jpeg

2F541C66-D602-4600-9B3D-199DF441699E.jpeg

会場のルルサス防府2Fの多目的ホールには、子どもたちに読書の楽しさを!のテーマで、防府市内の子ども読書活動推進団体の紹介展示がありました。

防府市母親クラブ連絡協議会かわいい
6FB7D26E-937D-4950-9BD4-127BA5686DCF.jpeg

陽だまりネット防府かわいい
DFDD3119-0B95-4FE5-A24D-A868F419A67E.jpeg

朗読劇ボランティア さざなみ21かわいい
0127CB45-F69F-4E05-81D8-04084B4BC35C.jpeg

おはなしグループ 森のくまさんかわいい
EA270F9A-690F-4B1D-8A82-3AC5C8E91436.jpeg

布絵本「結う」かわいい
3DE4C90B-2178-4DAE-B9F8-8FC415B06E60.jpeg

華城小学校おはなしボランティアかわいい
CCCE39B0-0E68-4D24-90F6-D75C7AC88AD2.jpeg

子ども読書活動推進ネットワーク・防府かわいい
266E1962-3634-4FB5-B901-B3CA2E3E2D62.jpeg

おはなしチェリーズかわいい
7039D995-E038-41AE-AECA-75E49B047AD2.jpeg

防府友の会かわいい
03031FA4-316F-4557-B0EE-9571A9A0A449.jpeg

学校図書館を考える会・防府かわいい
C74EC9E1-081F-4729-ACB9-A7E8E29B1B75.jpeg

会場の外にも展示がありました。

調べるって楽しいな! 〜 図書館を使った調べる学習コンクール 〜 関連展示かわいい
C49CB79C-F950-414D-B706-AB9DAA17B964.jpeg

優秀作品のレプリカを実際に手に取って見ることができるようになっていました。
2E562185-C2D5-46E5-8D0C-B172FD8D6763.jpeg

子どもの読書活動推進ポスターかわいい
こどもの読書週間(2011〜2018)と子ども読書の日(2011〜2018)
こうして見ると、子ども読書の日ポスターって、2013年からずっと、とよたかずひこさんなんですね。
E54946DA-6430-4B99-B4D6-677E8E19242A.jpeg

机の上には、パスファインダーが置いてありました。
D14E7F95-9CDA-4A41-B155-4388855CC041.jpeg


開会行事では、防府市子ども読書フェスティバル実行委員会の委員長の藤村聰さんの挨拶から始まりました。次に防府市教育委員会委員長の杉山一茂さんの挨拶がありました。
5F3EA1D4-AA90-459D-A253-ABC8EEFC001A.jpeg


元福音館書店編集部の松本徹さんの講演会「絵本の底ぢから」では、絵本の持つ力について、読み聞かせを交えながら、編集者としての経験や自らの子育て体験を踏まえて、具体的にわかりやすくお話してくださいました。
松本さんのお話はいつ聞いてもおもしろい揺れるハート

B2955C8D-0C82-4E50-9918-5CCBA4356ECD.jpeg

講演会で使われた本です。
93885B0E-9625-4FA9-8C62-722A165EAA1D.jpeg


午後からは、おはなし会「うごきだすおはなしの世界」と題して、
おはなしチェリーズのダブルエプロンシアター(人形劇)「ねずみのすもう」と華城小学校おはなしボランティアの劇「どろぼうがっこう」とパネルシアター「ねこのおいしゃさん」がありました。

次に、知的書評合戦ビブリオバトルがありました。

防府市の子ども読書活動推進に取り組む「底ぢから」を感じた、とても充実した会でした揺れるハート
第26回 光人形劇フェスティバル−このゆびと〜まれ!− @ 光 [2018年05月26日(Sat)]
6月10日に光市で「光人形劇フェスティバル−このゆびと〜まれ!−」が開かれますぴかぴか(新しい)

山口県内の人形劇団と、パネルシアターや紙芝居が一緒になって、
人形劇の和を広げるためのフェスティバルexclamation×2

山口県外のプロの人形劇を観ることもできます揺れるハート

人形劇以外にもワークショップや体験コーナーもあり、
小さいお子さんからおとなまで楽しめるイベントですハートたち(複数ハート)

光人形劇フェスティバル2018.jpg

今年のプロ劇団は3劇団。

かわいい人形劇パン(名古屋)
  「おおかみくんと三匹の子ぶた」 
    10:00〜11:00、14:30〜15:30 
    光市地域づくり支援センター 体育館

かわいい人形芝居ぷんぷく(豊橋)
  「オニは〜うち!」
    10:00〜11:00、13:15〜14:15 
    光市地域づくり支援センター 2F 視聴覚室

かわいいくわえ・パペットステージ(京都)
  「ふくろうぼうやの月夜のぼうけん」
    11:15〜12:15、14:30〜15:30 
    島田コミュニティセンター 中会議室

BBE1174C-8150-43EB-BD8E-138E7AC42E0C.jpeg

るんるん日 時るんるん 2018年6月10日(日)10:00〜15:30
るんるん場 所るんるん 光市地域づくり支援センター
       島田コミュニティセンター
       光市民ホール ロビー
るんるん受 付るんるん 光市地域づくり支援センター
        受付開始 9:30〜
るんるん入場料るんるん 前売券 おとな1,500円、こども1,000円(3歳以上)
       当日券 おとな1,700円、こども1,200円(3歳以上)
るんるん券取扱るんるん 光市民ホール・周南市文化会館・スターピアくだまつ
るんるん主 催るんるん 光人形劇協議会、光人形劇フェスティバル実行委員会
るんるん後 援るんるん 光市・光市教育委員会他
るんるん問 合るんるん 光人形劇協議会
        電話0833-77-0248(兼清)
松田素子 「絵本が育てる心の根っこ 〜絵本誕生の現場から〜」 @ どんぐり文庫 [2018年05月14日(Mon)]
周南市福川出身の編集者、松田素子さんから寄贈された本を基にして絵本貸し出しや読み聞かせなどをしているどんぐり文庫が開設10周年を迎えました揺れるハート

どんぐり文庫10周年お祝いおはなし会として、松田素子さんをお迎えし、たくさんの楽しいお話をきく会「絵本が育てる心の根っこ 〜絵本誕生の現場から〜」が開催されますぴかぴか(新しい)

どんぐり文庫.png

るんるん日 時るんるん 2018年5月19日(土)10:00〜11:30
るんるん場 所るんるん 新南陽ふれあいセンター 1F 中会議室
         周南市福川南町2-1
         電話0834-63-5000
         JR福川駅[出口]から徒歩約9分
るんるん演 題るんるん 「絵本が育てる心の根っこ 〜絵本誕生の現場から〜」
るんるん講 師るんるん 松田素子(編集者)
るんるん対 象るんるん どなたでも
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん主 催るんるん どんぐり文庫(周南市福川中市8-30)
るんるん共 催るんるん 周南市青少年育成市民会議新南陽部会
るんるん後 援るんるん 周南市教育委員会


かわいい松田素子さんを囲んでのおしゃべり会かわいい
おはなし会終了後、どんぐり文庫に会場を移して、松田素子さんを囲んでおしゃべり会が開催されますぴかぴか(新しい)
ご希望の方はどうぞ揺れるハート

るんるん日 時るんるん 2018年5月19日(土)おはなし会終了後
るんるん場 所るんるん どんぐり文庫(周南市福川中市8-30)
るんるん定 員るんるん 20名(要申込・先着順)
るんるん会 費るんるん 1000円(お弁当代)
るんるん締 切るんるん 5月12日(土)
るんるん申込先るんるん 0834‐63-7220(竹田)、0834-63-5113(前田)



かわいい松田素子さんプロフィールかわいい
編集者、作家。
1955年、周南市生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業後、児童図書出版の偕成社に入社。絵本編集部を経た後、雑誌「月刊MOE」の創刊メンバーとなり、同誌の編集長を務めた後1989年に退社。
その後はフリーランスとして絵本を中心に活動。これまでに約300册以上の本の誕生にかかわってきた。
各地でのワークショップを通して、新人絵本作家の育成にもつとめており、なかやみわ、長谷川義史、はたこうしろうなど、数多くの人気作家の第一作目の作品の誕生に編集者としてたちあい、詩人まど・みちおの画集や絵本も手がけた。
また翻訳者、著者としても活動しており、自然やサイエンスの分野における企画および著作もある。
IMG_1235.JPG
山陽小野田市立図書館のチャレンジ [2018年05月08日(Tue)]
山口市立中央図書館友の会「トネリコ」では、山陽小野田市立図書館長の山本安彦氏を講師に迎え、トネリコ学習会「山陽小野田市立図書館のチャレンジ」を開催しますぴかぴか(新しい)

トネリコ学習会20180520.png

「サイエンス・カフェ」「子育て絵本カフェ」「音読茶房」「本で婚活、GO!」「図書館で自由研究、GO!」「児童文学わいわい講座」「市内高校生によるおすすめ本の展示」「まちのじまん!フォトコンテスト」「市民病院への貸出・リクエストの受付」「図書館創発会議」・・・山陽小野田市立図書館のさまざまな取り組みについて、山本館長に紹介していただきます揺れるハート

るんるん日 時るんるん 2018年5月20日(日)14:00〜15:30
るんるん場 所るんるん 山口情報芸術センター多目的室
るんるん講 師るんるん 山本安彦(山陽小野田市立中央図書館・厚狭図書館 館長)
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん申 込るんるん 不要
るんるん主 催るんるん 山口市立中央図書館友の会「トネリコ」
るんるん問 合るんるん 山口市立中央図書館友の会「トネリコ」事務局 
        電話083-920-0311(中村)



2017年3月4日に撮影した山陽小野田市立中央図書館の様子です。
配架や展示の工夫がされていて、本を読みたくなりますかわいい

子育て支援コーナー
IMG_2903.JPG

卒業・卒園コーナーと和の絵本コーナー
IMG_2904.JPG

芥川賞・直木賞受賞作品と本屋大賞受賞作品
IMG_2900.JPG

冬の体調管理コーナーと恋を応援︎︎本で婚活、GO!!
IMG_2902.JPG

はーるよこい!はーやくこい!
IMG_2905.JPG

シニアコーナー
IMG_2901.JPG

山陽小野田市立東京理科大学コーナー
IMG_2906.JPG

ヤングアダルトコーナー
IMG_2909.JPG

国際交流コーナーと学校図書館支援コーナー
IMG_2908.JPGIMG_2907.JPG

食べ物絵本コーナー
IMG_2910.JPG

雑誌コーナーと新しい本コーナー
IMG_2912.JPG

NHK大河ドラマ関連本コーナー
IMG_2913.JPG

授乳室
IMG_2911.JPG

絵本作家あべ弘士さん来館告知コーナー
IMG_2914.JPG

図書館イベント告知
IMG_2916.JPG

図書館イベント告知
IMG_2917.JPG

山陽小野田市立歴史民俗資料館コーナーと東北大震災コーナー
IMG_2918.JPG

絵本貸出ベストと児童書貸出ベスト
IMG_2920.JPG

小説・単行本貸出ベストとトーハンベストセラーランキング
IMG_2919.JPG
児童文学作家角野栄子さん国際アンデルセン賞受賞講演「私の中のこども」 @ COMEON!FM [2018年05月02日(Wed)]
149E6E36-C3EF-464F-B107-8F35A98BC069.jpeg

2018年4月30日(月・祝)下関市生涯学習プラザ宙(そら)のホールで開催された児童文学作家角野栄子さんの国際アンデルセン賞受賞記念講演「私の中のこども」が、COMEON!FM開局20周年記念として放送されますぴかぴか(新しい)

FD31940E-BBC1-4FCE-A159-BC9DD9E436F5.jpeg

るんるん日 時るんるん 2018年5月5日(土)14:00〜15:00
るんるん聞き手るんるん 横山眞佐子さん(こどもの広場主宰)
るんるん制 作るんるん COMEON!FM  
るんるん問合せるんるん 083-223-3737
るんるん周波数るんるん 76.4MHz
  かわいいパソコン・スマホでインターネットラジオ同時放送かわいい
    
角野栄子さんの国際アンデルセン賞受賞記念講演会に参加しました [2018年05月01日(Tue)]
4FAD78BB-543D-460C-958B-44D5E9C5A33A.jpeg

4月30日、下関市生涯学習プラザ 宙のホールで行われた角野栄子さんの講演会に参加しましたぴかぴか(新しい)
演題は「私の中のこども」。

横断幕の字はこどもの広場の横山眞佐子さんの手書きだそうです。

86A2A9CE-91A0-4989-ACE5-E4548006EE39.jpeg

会場の設営もバッチリです。
いつもの講演会より椅子をたくさん出しました。

E1B89613-B379-4E9F-BD7F-EB8FCDB6CA40.jpeg

入念なリハーサルをしました。

1D0529B9-D220-4390-8899-083B1D002A0A.jpeg

インターネットラジオ放送の撮影を兼ねた映像が、スクリーンに映し出されます。
これで、後ろの方もバッチリです黒ハート

9CAB2085-5D50-4D76-A57B-B8B55B13580C.jpeg

児童文学のノーベル賞と言われる国際アンデルセン賞を受賞されたことや受賞記念の講演会がどこよりも先に下関で行われることが、大きく報道されたこともあって、チケットの売れゆき(予約も含む)は優に260を超え、数日前から、予約をお断りしている状況であることを、主催者のこどもの広場さんより聞いていました。

どうして、東京やお住まいの鎌倉ではなく、下関で?とお思いでしょうが、それは、1989年8月末に遡ります。
長門市俵山温泉で「第2回夏休みさよならまつり」を開催するにあたり、主催者の山口県子ども文庫連絡会の山本安彦代表が、講師をお願いしたい、と角野さんへお手紙を差し上げたところ快く引き受けてくださいました。
当日司会を担当した横山眞佐子さんと角野さんはすっかり意気投合exclamation×2
以来30年近く友情を育まれ、今回の講演会開催の運びとなった次第です揺れるハート

角野さんと横山さんとジジのスリーショットかわいい
お花は、絵本カフェ「キキ」のマスターでもあるヒストリア宇部の河野哲男さんから贈られたものですかわいいかわいい

FEF9F347-07A4-4B97-B270-FEC3CD5F31ED.jpeg

ジジのピンバッジを買いました(=^ェ^=)

936BAAA6-BB2C-4742-9AE3-769740A2FD91.jpeg

いよいよ開場、開演です。

55DCDE71-B62D-4BBB-AF7B-A79899214BB8.jpeg

77F63A9E-59C4-4B67-BA79-5E49AA65BF59.jpeg

F1C437F0-CD20-43F6-8FA5-27C465AE9312.jpeg

1時間半の講演はあっという間で、素敵な時間を過ごすことができましたハートたち(複数ハート)
講演の内容は、今度またかわいい

サイン会も大盛況でした。

E798EBA4-AAAB-49FB-865A-5FFF5B0D81D7.jpeg

5ACEBF46-D3D8-4584-B137-C1DCB48A7B6B.jpeg

私もサインしていただきました。

DFD587B6-0410-477F-9895-FBAF8D945A74.jpeg F5EB8475-2AE8-4563-B8D4-5E91C97B9F3C.jpeg AFFB3589-B970-44DD-8F1B-BD2EC0EAFB3D.jpeg 53E3F39B-A384-4E24-9D36-6D76D0A997DE.jpeg


角野栄子さんの国際アンデルセン賞受賞お祝いの会 @ 下関 [2018年04月30日(Mon)]
49A2EFD8-7B45-4B57-9EF7-36133626622C.jpeg

4月29日、東京第一ホテル下関で行われた角野栄子さんの国際アンデルセン賞受賞お祝いの会に出席しましたぴかぴか(新しい)
こどもの広場の横山眞佐子さんたちが発起人となり、参加者37名の内輪の会でした。

会場の第一ホテル下関。
AA9B229D-6A70-43F6-A1FD-C2A3B84C609A.jpeg

幕末の史跡に建っているらしいです。
DF0E0BE8-8690-49F1-BFE6-C45A5BDC27A1.jpeg

会場。
AEB212DB-8FA8-419E-8B4D-81F3BD3875C8.jpeg

吉岡一生さんが撮影された角野さんの写真が飾られていました。
DAF8E49F-AAAB-4F28-989C-7FA1F79ED20C.jpeg

角野さんの本の一部も飾られていました。
C3784ED5-B6A0-4A4A-A1E8-C3C6B00BB05F.jpeg

テーブルは、クジでした。
私は、「アッチ」。
2398CB2E-84A1-4255-877C-02DAC4B531DF.jpeg

テーブルの花は、『魔女の宅急便』に因んで、黒猫のリボン。ホテルのイキな心遣いです。
4D05254E-4FB9-4831-A23C-066C49B4FE90.jpeg

配られたもの。
D65E1A63-A641-40E8-8EA4-121CE7CC0E24.jpeg

BE749870-2DB0-4A13-9302-9A07B14D5116.jpeg
76C5C8F1-E49C-43E0-87E2-76C2290D7D9C.jpeg
5D9BB408-7912-4955-8C85-5D696C1AC4F5.jpeg

角野さんのサインとキキのバッチが添えられていました。

発起人の横山さんの司会で進みました。
C8A4D74A-193D-40F6-80DC-06E0899DC7D8.jpeg

下関市立美術館の中村美幸館長さんなどの祝辞。
角野さんとの様々な思い出が蘇って来ます。
588F0DE8-B57B-4868-8B22-B4A3679A47BA.jpeg

角野さんのお話。
7109EE90-6735-4B2A-B517-ED03C3F17883.jpeg

BF80B595-4D00-4DD5-847E-C40E2F1DFA16.jpeg

発起人の和仁皓明さん。
15068B9F-D941-405D-B8F0-83E3B7A8C7A6.jpeg

各テーブルからもスピーチがありました。

子どもたちと本の写真をたくさん撮っていらっしゃる吉岡一生さん。
863C6067-C124-4D1C-A48D-9939B9A47634.jpeg

私たちのテーブルからは、カモンFMの山中昇さん。
7AF90206-C8BB-4726-9ABC-8DF35965F282.jpeg

児童文学作家の村中李衣さんの「角野さんには叱られてばかりです。」というスピーチには、会場は大爆笑でした。
A1704030-4B00-4CE1-A308-2478573E74AC.jpeg

ヒストリア宇部の河野哲男さん。
DBA32FAF-6037-49B7-836F-CAB56AF6E2AF.jpeg

ゲストの紹介もありました。

福岡の出版社のアリエスブックスの目黒実さんと山下麻里さん。
アリエスブックスは、角野栄子さんが作画も手がけたことばあそび絵本『いろはにほほほ』(2017.3)の出版社です。
411E44D3-4AB9-41E5-B9C7-91013745B61C.jpeg

目黒実さんは、チルドレンズミュージアムや「絵本カーニバル」のプロデュースでも有名です。
山口県子ども文庫連絡会のイベントの講師をしていただいたこともあります。
B6E154B5-4DFC-44FD-B799-C17908FC63A3.jpeg

参加者から角野さんへのプレゼント。
53219BD6-2E06-4321-9500-9229E6D3E391.jpeg
ED97740C-9676-43AA-A722-57857138BD9E.jpeg
F8F36286-E77C-42DB-A255-2096F24BCCBC.jpeg

こうして楽しい宴は進みました。

今日は、いよいよ、角野栄子さんの国際アンデルセン賞受賞記念講演「私の中のこども」があります揺れるハート

B10ED49C-2DB8-4DEF-BB0E-F7D831B3DCED.jpeg
松本徹さんの講演会「絵本の底ぢから」 @ 防府市子ども読書フェスティバル [2018年04月25日(Wed)]
5月27日、「絵本でひろげよう!想像力と感動の輪」をテーマに第8回防府市子ども読書フェスティバルが開催されます。

そこで、元福音館書店編集長 松本徹さんの講演会「絵本の底ぢから」が開かれますぴかぴか(新しい)

松本徹20180527.png

るんるん日 時るんるん 2018年5月27日(日)10:15〜12:00
るんるん場 所るんるん ルルサス防府 2F 多目的ホール
           防府市栄町一丁目5番1号
           JR山陽本線防府駅てんじんぐち(北口)
るんるん講 師るんるん 松本徹 (元福音館書店編集長)
るんるん演 題るんるん 絵本の底ぢから
るんるん参加費るんるん 無料
るんるん問 合るんるん 防府市子ども読書フェスティバル実行委員会事務局
           電話0835-22-0780(防府市立図書館)
るんるん主 催るんるん 防府市子ども読書フェスティバル実行委員会

0F312617-CB70-4B5C-85EB-CE9B511BB973.jpeg
(松本徹さん 2018年3月11日山口県立山口図書館にて)


防府市子ども読書フェスティバル.png

第8回防府市子ども読書フェスティバルのその他の行事

かわいい開会式かわいい
  るんるん時 間るんるん 10:00〜10:15
 
かわいいおはなし会「うごきだすおはなしの世界」かわいい
  るんるん時 間るんるん 13:00〜14:00
  るんるん内 容るんるん 演目★ダブルエプロンシアター(人形劇)「ねずみのすもう」
         演者★おはなしチェリーズ
   
         演目★劇「どろぼうがっこう」
            パネルシアター「ねこのおいしゃさん」
         演者★華城小学校おはなしボランティア       

かわいい〜知的書評合戦〜 ビブリオバトルかわいい
  るんるん時 間るんるん 14:00〜15:00
  るんるん内 容るんるん 読みたくなる子どもの本を紹介!

かわいい子ども読書推進関連展示かわいい
  るんるん時 間るんるん 10:00〜15:00
  るんるん内 容るんるん 子ども読書推進活動紹介
         子どもの読書活動推進ポスター
         図書館を使った調べる学習コンクール優秀作品
角野栄子 国際アンデルセン賞受賞記念特別講演会 @ 下関市 [2018年04月07日(Sat)]
88D83232-DFA4-4DE4-9BB1-E17D19BB66F9.jpeg

角野栄子さんが国際アンデルセン賞作家賞を受賞されたことを記念して特別講演会「私の中のこども」が4月30日に下関市で開かれますぴかぴか(新しい)
聞き手は、こどもの広場の横山眞佐子さんが務めます。

2813E13E-8E98-4D0E-B6BD-C00793B65FE1.jpeg
角野栄子さんと横山眞佐子さん
(2016年2月7日 「おばけのアッチ 誕生のヒミツ 〜作者 角野栄子さんをかこんで〜」下関市の勤労福祉会館)

るんるん日 時るんるん 2018年4月30日(月・祝) 13:30〜
るんるん場 所るんるん 下関市生涯学習プラザ 宙のホール
るんるん演 題るんるん 私の中のこども
るんるん参加費るんるん おとな 1000円 中学生以下 500円 (当日参加はUPの予定)
るんるん問合・申込先るんるん 電話083-232-7956(こどもの広場)

99242431-6F81-4EEC-9B4D-058EA60B19DF.jpeg
| 次へ