CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
龍護峰 @ 秋吉台ウォーキング@ [2019年05月16日(Thu)]
4月28日(日)、KさんとFさんと秋吉台(あきよしだい)の最も高い山の龍護峰(りゅうごほう)に登りましたぴかぴか(新しい)
龍護峰は中国百名山の一つです。標高425.5 m。

出発点は秋吉台家族旅行村から。

ハナイカダだと思うのですが…。
EF97B2E7-1133-4410-B1F2-42FE8D65E56A.jpeg10:20

「龍護峰登山口入口」への標識。
98311FE7-53E5-4D82-8A98-872CD8F6307B.jpeg10:21

樹林帯から始まります。
広くなだらかな林道なのですが、大きな石がゴロゴロしていて思ったより歩きづらいです。
BCAE6C79-5268-45BC-9962-963702D8CF41.jpeg10:23

シロダモの新芽が目立ちます。
336FA684-F888-46DB-9804-E5388F5E032E.jpeg 19341298-2849-44F5-BDFD-B5ED417A174A.jpeg 8656B4E5-D4F9-4F87-A189-BB0BC95E5643.jpeg 2A931A62-C19A-46B0-8788-D60AF74AE09D.jpeg 875788ED-E945-439F-93D9-D8FD9D22AA2E.jpeg 219A2ABA-0699-4359-A5CC-B17029977350.jpeg

他の樹の新芽もきれいです。
232B8303-FC84-4827-856D-96643F708F37.jpeg

621376A7-B5CD-482C-AAB4-188378FCC8D4.jpeg AE2CC669-05DE-4EDC-B4A1-93A53D40A6CD.jpeg

77C0555F-3E0D-48DB-9744-1AB2832CD908.jpeg

石灰岩の大きな岩も目立ち、ここは、カルスト台地だということを認識します。
9B6EA2C2-217E-44B7-853C-8A8989EE7EA5.jpeg

樹林帯を10分ほど歩くと、カルスト台地特有の風景が現れました。
B98EA7D5-8DF2-4DB1-8B83-FF1CCB684918.jpeg 6A0225F1-7A7E-43EC-8FF3-CF1B30E09489.jpeg10:42

龍護峰と西の西山の分岐点の標識。
C7C33F12-8F3D-4BA1-9ABF-DA5A6D7C56FA.jpeg10:45

もちろん今回は左を行きます。
5DE9E20B-5018-4AC2-BA99-F02DCD86066F.jpeg10:47

2月に行われた山焼きの炭の跡が残っています。
19A222CA-8E5A-4AD4-A7A2-30711130584D.jpeg11:08

秋芳ロイヤルホテルが見えます。
後方には西鳳翩山が見えます。
C4478E4E-4B39-463A-9E76-9AD9F5E6DE48.jpeg11:24

473D20AF-DFC6-4A28-AC4B-89E0F38D8E49.jpeg11:27

ここからは後方の西鳳翩山がよくわかります。
205AE296-0D61-4965-BD39-A676D4B7EBCA.jpeg11:29

ドリーネやウバーレがあちらこちらあります。
37966F59-FAD9-4F38-8FA5-7CC56504D62C.jpeg11:37

御鉢山の標識。
A234DA35-1698-4355-BD19-58A4753FB474.jpeg11:37

分岐点。
今は龍護峰山頂を目指しますが、帰りはここから家族旅行村へ戻ります。
43FA7ECE-1EF6-404D-BE2E-98AB42AEC957.jpeg11:44

あの階段を登れば龍護峰山頂です。
0EAF3FCF-ECDD-4783-8BA9-797399B7B763.jpeg11:48

龍護峰山頂に着きました。
山頂からは360度の展望です揺れるハート
736DED51-11BE-482D-BAB8-77111ED6F917.jpeg11:54

「特別天然記念物 秋吉台」の碑。
98FD4693-362B-46A9-8EE7-16DB29CC9F04.jpeg

山頂にもドリーネがあり、柵がしてありました。
003D7001-4505-43DA-B683-B710E0DE141E.jpeg

美祢市の採石場。
9E94D06B-70B9-496A-9A63-89A0B1103DAA.jpeg

桂木山が見えます。
6D85E8C7-7BE6-4020-AEAD-94436699F217.jpeg

東鳳翩山が見えます。
7B7F3800-E090-445F-9C87-7C461AAAE9D8.jpeg

広大な草原とその先に展開する山々のパノラマを楽しみながらゆっくりお弁当を食べましたわーい(嬉しい顔)

この道を降ります。
7832EE1F-E731-4370-B915-1D358525DBD8.jpeg12:51

分岐点。
家族旅行村の方へ行きます。
389329AB-1201-4A7F-9599-7BE45960E611.jpeg12:53

先程の龍護峰。
A5BD7E80-985B-4F0D-BE29-3364C140265D.jpeg12:58

道。
時期的に遅いのですが、ちょっとだけ食べることのできそうな蕨がありました。
DDF24BD6-CC5C-460B-9699-0B1AF47599C4.jpeg13:01

樹木帯に入って行きます。
ADE7458E-48DA-43D4-A6E0-0266310F6B18.jpeg

標識。
421B79F5-04AD-475D-9F0A-B9BE954752ED.jpeg13:05

樹木帯はやっぱりシロダモが目立ちます。
個体によって銀色や金色や黄赤褐色などいろいろです。
9FDA6C41-EE0A-42F2-824B-D0FBEC28F547.jpeg 0D51435D-DA2C-4C98-94B2-95CF5E2EDC14.jpeg 059ACEB4-5C07-4672-9658-45EEC74474AD.jpeg 1A60FF77-5549-4DFA-AFAA-34E900E5A338.jpeg B1CB1D55-9275-4BE8-9BF6-71095707D1DC.jpeg

標識。
20FCDE17-D4B6-4EBC-AEA8-038A0E912C7D.jpeg13:15

標識。
A60ACF79-674D-473B-B7A8-0BB944CADA8A.jpeg13:23

ユズリハ。
C77B71B6-0F43-4EFC-83F9-D2E9D99854DC.jpeg

赤い葉がきれいで花のようです。
23F6FC1D-3234-47B5-9563-F1EFE0EB99AE.jpeg 4BAE51D7-7EF1-4832-8EB4-B89C47579F64.jpeg

クロマツ。
33102B7A-0614-44A7-B6FC-044A15549787.jpeg13:25

ガマスミ。
A8D3F3BC-D426-4C74-86D1-9074B3D4F83A.jpeg 4999F2AA-BE6C-48E2-A008-E0F28B8A0DF9.jpeg

桜のきれいなところがありました。
ベンチもあり、ゆっくり休みました。
C7CC0891-C9C8-45B4-8350-E58F35B132A0.jpeg 26E0DC85-5A6E-4AF9-9968-2AD2BCE04CF6.jpeg 7CD6AA18-405F-459B-920A-531A3FC3A2A5.jpeg

標識。
A5325C44-B22B-467C-910D-8339584223FF.jpeg13:41

この先に家族旅行村があります。
BF609378-94C0-4807-BADD-0BC0A4784ADC.jpeg13:47

【次回に続く】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1451997
コメント