CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
徳佐八幡宮のしだれ桜を見に行きましたA [2019年04月11日(Thu)]
【前回の続き】

ご神木。
ツガ。
E7A1748C-A035-47EF-BECB-72470F7533A8.jpeg 1E154E8E-AE55-4598-8ED8-E17310BA3F45.jpeg DA76D264-CD97-4725-A8E6-AD5B5BB1F0A9.jpeg

シイノキ。
樹齢千年と言われています。
1FE10576-E4C1-4E0F-B2F5-14FDF31E5345.jpeg

金刀比羅社・荒神社。
73D5AB3E-4669-4C26-974B-9940AD1D6608.jpeg B4E0AFF4-FA30-4288-A0A2-48F09B6B78D6.jpeg 2E82E38E-8ABF-444F-89F8-0476678B7523.jpeg

金刀比羅社・荒神社の鳥居。
411AB09A-BCF1-4176-9298-0E53EFD3D5E3.jpeg

階段を上がってお参りをします。
鳥居の傍にある灯籠。
910CB385-1083-4DA0-800A-438FCD17BACD.jpeg

天保四年癸
とあるので、1833年のものです。
4B79E819-211F-45D9-AAA5-7D73C172FF01.jpeg

社殿の前に灯籠の竿と基礎のみで宝珠・笠・火袋の部分がなくなったものと思われるものがありました。
天保十一子年
とあるので1840年のものです。
614C6919-E50C-4E02-B810-3324A11EC235.jpeg

社殿より徳佐八幡宮を臨みます。
もう少し眺望がいいと思ったのですがふらふら
5BB1E204-542D-4044-B6FD-A901035955E4.jpeg

稲荷神社遥拝所。
6F58DA67-4EF8-4EA1-B154-DB0859E8C490.jpeg

稲荷神社へ登ってみます。
社殿が見えてきました。
A484201C-B461-496F-91C7-CFA0C75D33C0.jpeg

社殿。
神額は
稲荷神社
とあります。
656F7885-0286-48C5-9B61-8DAEECBD3E3D.jpeg

淡島神社。
7D15056E-91E2-415A-80BF-96B88E263DC5.jpeg


淡島神社(淡島さま)
由 緒 江戸時代に和歌山市加太町にある社から住民の健康を祈って御分霊を受けた。
御神徳 三神あわせて、広く疫病に霊験があり、医療の神とされており画特に安産婦人病に御神徳が顕著とされている。

49F6A5E8-221C-4A96-82D8-CCD8A532188A.jpeg

井戸?
4B8110C5-CC6E-4A11-871B-DD488BF34975.jpeg

元禄
は分かったのですが、その下を読むことができませんでした。
元禄年間 (1688〜1704)のものです。
IMG_3345.JPG

広場にこんな碑がありました。
 八百年祭献詠
寿永より 神徳いまに 宮の杜

0C5157A8-9511-4D84-9E40-3E707E1726F4.jpeg

広場で桜まつりのイベントをやっています。
あとう夢語太鼓。
42C522AF-A193-4931-88AB-2F7B14369955.jpeg 8811CB80-595F-4668-A7A5-D0468F7EC6C7.jpeg

山口県立山口高校徳佐分校吹奏楽部の演奏やフォークダンス、阿東のフォークソングの演奏と続き、
桜まつりの音頭。
BB9D9242-E4EF-4A26-B6D2-F279EE242058.jpeg

伝統のはやしだ踊り。
徳佐小学校の4・5・6年生の演舞です。
篠笛も子ども達の生演奏です。
86A52923-E352-43B4-B187-94703648A088.jpeg

お囃子も子ども達が唄います。
F761F393-76EE-4807-B141-5BE0CB08EC7E.jpeg

木で作った鋤を鋤く人。早乙女達。
D24EEC52-483B-4DD1-9B5C-51DDF8A4F3BE.jpeg

牛。
7A46736B-859D-4A18-9EBB-49311E9EADF4.jpeg
6615E179-DB5E-4E59-A779-04A3DF98FF6F.jpeg
00C9C275-7474-4689-885D-FB3284420EF2.jpeg
A5D99F4A-A1AB-41DD-A7A6-1455FF158120.jpeg
380C0B9C-D267-4058-B414-578822650127.jpeg

いろいろな模擬店が出ていました。
ワサビの花を売っていました。
E75A7204-CDC0-452C-B7F9-DC1B236AA419.jpeg

お昼は阿東黒和牛の牛丼を食べましたるんるん
B1825596-FAB9-48AE-A80B-A9CED7E269ED.jpeg 852965C4-93A3-49DF-B770-FFE62B342E29.jpeg

桜の花を満喫しました。
3ADA792F-A362-4065-BCD7-197C54B90C92.jpeg 17194A81-82F7-47AA-B9AE-C1C79C68DE57.jpeg

徳佐八幡宮のしだれ桜の案内板。
029F4625-99E1-4AB7-9F78-2A82EB681B24.jpeg

 徳佐八幡宮の参道約三七〇メートルは四月上旬から中旬にかけて見事な桜並木になります。
 この桜は文政八年(一八二五)氏子有志によって植栽されたと伝えられ、昭和九年一二月二八日に「名勝徳佐桜」として国の指定を受けました。指定当時の「徳佐桜」はシダレザクラとヒカンザクラを混植した全国でも珍しい桜並木でした。
 その後、国指定は解除になりましたが、地元有志によって、従来の種のみならず、ソメイヨシノ、里桜、八重桜などを補植し、老木からの実生や接木によって増殖し、「徳佐桜」になるように
努力を重ね、昭和四七年(一九七三)に阿東町指定(当時)となりました。その結果、西日本隋一のしだれ桜と言われています。
 例年四月、桜の満開時期に合わせて「桜まつり」が行われています。


今でも桜は地域の人が寄贈しているようです花見(さくら)
傍に寄贈者の名前を彫った碑が建っている桜が何本もありました。
IMG_3313.JPG

帰りは、6日(土)にリニューアルオープンしたばかりの長門峡道の駅に寄りました。
お目当てはあとう和牛。

篠目川沿いに桜が植えてありました。
いつものがら大野岳の山容がきれいです。
7BF8A904-9450-4C92-84C4-797E289C3200.jpeg

モミジの花も咲いていました。
9B55F829-4BE2-400C-B690-3F3114DB4DD1.jpeg
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1441121
コメント