CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
徳佐八幡宮のしだれ桜を見に行きました@ [2019年04月10日(Wed)]
4月7日(日)、徳佐八幡宮のしだれ桜を見に行きましたぴかぴか(新しい)
お天気に恵まれましたが、黄砂がひどく、写真映えがもうやだ〜(悲しい顔)
でも、桜は満開ですわーい(嬉しい顔)

二の鳥居。
見えにくいですが、神額には、
八幡宮
とあります。
35EB4BAA-0FD6-42D0-8E6E-5C614C349106.jpeg

このあたりの桜は葉桜が多いですが、まだ蕾のある樹もあります。
IMG_3305.JPG

国道9号の向こうに一の鳥居があります。
13CD04A1-3B20-4292-B859-B540A2E40D9B.jpeg

国道9号に
さくらまつり
という立看板がありますかわいい
そう、今日7日は桜まつりです花見(さくら)
IMG_3308.JPG

鳥居のそばの灯籠は、
文化五戌辰
とあるので1808年のものだと分かります。
9B82A7EF-74C8-4DD7-8A18-3E04B463FC62.jpeg EF587B70-1AFE-486E-8DD1-556C22DEE878.jpeg

一の鳥居。
D0BF73D2-0950-42DA-B658-801F33D146C8.jpeg 849105A3-5C0F-4AAE-9581-513FF2040203.jpeg 6491CCA1-1041-4F18-9C1A-214C88B8F28C.jpeg

神額には、
徳佐八幡宮
とあります。
F6D0CBB9-6F00-468A-9E33-28A16F5424FA.jpeg

参道の両側に桜並木が続き、桜のトンネルを歩いているようでするんるん
9C41E480-EBF9-4F9F-AFB9-D3225978D135.jpeg

いろいろな種類の桜があるのが分かります花見(さくら)
IMG_3318.JPG IMG_3288.JPG

この桜の花は小さい気がします。しだれ桜ではありません。
4A4879D8-D23C-49AB-AC18-3CD20D4CC4C7.jpeg 0EC6F048-695A-417B-AB91-8F3662C54BE8.jpeg

ベニヤエシダレ。
IMG_3292.JPG

この桜はまだ蕾。
どんな花が咲くのでしょうか。
633799D5-5205-4388-8512-4F9073776208.jpeg

鳥が桜の木に留まって鳴いていました。
きれいな鳴き声です。
4E6E3390-9BA7-4829-A7D2-1B08FA28A4AD.jpeg BBA40C7C-3A00-4F93-AD50-3908B777FA2D.jpeg

イカルと思うのですが…。
0CBD7A74-5890-4901-89DA-18FC7C782236.jpeg CD61FB40-E444-4C38-AAF8-F78F33E9F21E.jpeg

社殿が見えてきました。
DBD41705-9915-4930-A696-D31206ED1D91.jpeg 1ED65C5C-D1A3-4089-B007-49CB323A567E.jpeg 2AFCB9A6-BCFC-4E80-AA82-FD4B54B62037.jpeg 9EF32905-2B09-4E38-8A00-3D6DA535823D.jpeg

手水舎。
435DE45D-B0E5-4F1A-9197-09F4F2A4AAD2.jpeg

手水舎の傍の灯籠。
IMG_3277.JPG F931E7BB-A709-4F0C-93D6-03942F07DFE0.jpeg

享和紀元辛酉
とあるので1801年のものです。
0737CF94-B267-4EBE-8F93-5CD38DC971D6.jpeg

3CF00EE5-E93F-4AAE-BCEF-E31C05E33C66.jpeg IMG_3281.JPG

狛犬の阿。
F0B7E7B5-8347-4ADE-80A9-966476ABDD64.jpeg BDFB2A26-E3DD-4201-B2A6-FC5C7E9666BB.jpeg

狛犬の吽。
E4D1E2C2-F20D-4D23-A98B-2ADE4C16D4B9.jpeg 611C1A7B-FFD8-4233-8DEF-2686312E1674.jpeg
4AC9ABA8-7571-475A-9365-4EA5AE922252.jpeg

拝殿。
AED2BD1C-1C8A-466C-ACCA-E78FFDF1D327.jpeg

神額に
宝清山
とあります。
0045B858-075F-4AD3-A1F3-58B6D2E289FA.jpeg

一に三ツ星の毛利紋があります。
AC5B4F07-2AFA-4737-8BDC-D99329ACC3B8.jpeg

獅子頭の彫刻もあります。
B77187F5-4447-4938-BED6-2EFA61856FA1.jpeg

幣殿。
0C1AAE1F-9389-49EB-9E1C-E96AEAF4B8C2.jpeg

本殿。
3D9693EB-7BD2-4F1C-A08E-F48C8BF50FF7.jpeg 1897206A-A57D-4DCE-91F0-C7C4AF670F53.jpeg

4C127305-E555-49E1-8A80-2DF023B252D8.jpeg

由緒の碑。
DE2AB3C5-C9EA-41E9-9284-3C40C9F1592E.jpeg

  徳佐八幡宮の由緒
 当時、周防の豪族であった大内満盛公が
寿永元年(一一八二年)八月十七日
本宮、宇佐八幡宮から丸山に勧請
中殿に八幡大神 右殿に宗像三神
左殿に祓神と医薬神を奉鎮
中世火災により小南に遷座
延宝七年(一六七九)社殿全焼
翌年当処に遷座し社殿造営
天明八年(一七八八)再改築造営
過去二度の被災に遭うも御神像は焼けず、
毛利歴代藩主の崇敬 殊の外厚く
社殿の造営 御神輿の奉納をその都度
受けております (三体現存)
 大正九年(一九二〇)にはさらに県社に列格
(境内にある由緒碑より)

ということから、一に三ツ星の毛利紋が社紋です。
8CA21F5E-018B-4109-A12F-C11753E63E8D.jpeg

参道(三七〇米)のしだれ桜は、
文政八年(一八二五)の植樹で大阪より
名種を取寄せた樹で、春の開花時夏季の
新緑 冬の樹氷は美観で人々を魅了します
昭和四八年(一九七三)名勝徳佐桜として阿東町教育委員会より文化財に指定
旧国道九号参道入り口に往年、
文部省指定の名勝天然記念物の石碑があります
(境内にある由緒碑より)

本殿横左手の灯籠。
文政十一年
とあるので、1828年に建てられたもの。
ちょうど、桜の木を植栽したころこの灯籠も建てられたことになります。
98E655B8-3D6F-43A8-8989-C72E1E62DA21.jpeg F3C6E5BE-21AB-4522-9CCD-BCF0A519393E.jpeg


【次回に続く】
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1440998
コメント