CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
高嶺城跡へ行きました  [2019年05月03日(Fri)]
鴻ノ峰は、標高338m、山口市立白石小学校の校歌にも歌われていて、とても身近な山です。
山頂には、周防国・長門国を本拠とした戦国大名大内氏最後の当主、大内義長が築城した高嶺城跡があります。

▼野田神社(山口市天花)より鴻ノ峰を臨む(2019年4月15日撮影)
8873FF23-89FC-4BE3-9F65-9E10D16A536F.jpeg

1600(慶長5)年の関ヶ原の戦いの結果、毛利氏は周防・長門の2か国に減封されました。
毛利輝元は新たな根拠地の候補地として、長門国萩の指月山・周防国防府の桑山とともに高嶺を幕府に提出しましたが、幕府は要地である山口への拠点移動を許しませんでしたちっ(怒った顔)
05071ED2-81C4-4175-90B2-0E2B71862960.jpeg

亀山公園山頂公園へ登ると、
▼亀山公園山頂公園(山口市亀山町)より臨む(2019年4月15日撮影)
4EB6910B-FAD9-4269-9876-9528EE9AB8BD.jpeg

鴻ノ峰にある「高嶺城跡」の説明版がありました。
47346254-863D-471B-A1BF-138888720505.jpeg


3月14日、山口市歴史民俗資料館へ行くと、
少しだけですが、高嶺城跡関係の展示がありましたわーい(嬉しい顔)
EB5C58B0-FCAF-4EFD-8B84-5C246A02E1A6.jpeg

高嶺城は、大内氏最後の当主、大内義長が築いた城です。毛利軍の侵攻に備えて、弘治3年(1557)冬に大内氏の支城として完成しました。
城番は、市川経好、柳沢元政、佐世元嘉らが担いました。  
永禄12年(1569)に大内輝弘が大友方の兵を率いて山口に侵攻したときには、市川経好の妻らが高嶺城でそれを防いだといわれています。
高嶺城は最終的に、元和元年(1615)の一国一城令により破却され、城としての役割を終えました。
(展示パネルより) 

主郭で採集された屋根瓦が展示してありました。
IMG_2236.JPG FCF39AC4-698C-486A-928E-A81700BE2844.jpeg

2017(平成29)年4月6日、大内氏館とともに続日本100名城(174番)に選定されました。
4577.jpg 4578.jpg


3月28日(日)、満を持して、高嶺城跡へFさんと行きましたぴかぴか(新しい)
IMG_2841.JPG

鴻ノ峰創造の森への入口の空き地に車を停め、山に登って行きました。
IMG_2726.JPG13:30

途中咲いていた花。
IMG_2727.JPG13:32
IMG_2728.JPG IMG_2729.JPG13:36
IMG_2730.JPG13:37
IMG_2731.JPG13:38
7C920172-C072-4A26-B1B2-0E376FFA5BEB.jpeg13:39
IMG_2738.JPG IMG_2739.JPG13:40  

こんな階段が続いています。
6E1EE669-3AC3-4280-837A-AA32918CF4B4.jpeg13:41 

IMG_2741.JPG13:50

IMG_2745.JPG13:56

IMG_2746.JPG13:56

頂上部横にある井戸。
IMG_2747.JPG13:57
IMG_2748.JPG

頂上部を囲む石垣。
3D6C6FD1-7852-402A-B8FF-3CBC095C7F1E.jpeg BEE73A9F-2217-4103-982B-A5E4EEB16D3F.jpeg13:58
0170AED4-149E-4EF5-A3D1-0290ACAC5191.jpeg

石垣の案内板。
6418E1DC-FA45-47DB-8422-C85F42E9E1B0.jpeg14:00

分岐点まで戻って、主郭を目指します。
IMG_2744.JPG

大きく薄片状にはがれ、淡緑色と灰白色、暗褐色のまだら模様の樹皮の樹がありました。
IMG_2753.JPG14:00

モミジバスズカケノキ?
DD39FB9D-D1EE-4D61-ABE2-4504DDEC5A6E.jpeg

山頂からの眺望。
IMG_2754.JPG IMG_2755.JPG

主郭の主建物の礎石。
IMG_2761.JPG

主郭からの眺望と主郭の建物の案内板。
2DAA1437-9DE5-4229-A02A-7F4D98EE6B18.jpeg IMG_2760.JPG

高嶺城跡の案内板。
IMG_2758.JPG 58830DD0-960D-4C6C-8E44-EAFC402AAA33.jpeg

史跡(大内氏遺跡附凌雲寺跡)
  高嶺城跡(こうのみねじょうあと)
   昭和三十四年十一月二十七日国指定
 高嶺城は、大内氏最後の当主大内義長(おおうちよしなが)が毛利氏の侵攻に備えて弘治(こうじ)三年(一五五七)に築いた城です。同年、義長は形勢が不利となり長門国(下関方面)に逃れましたが、四月、長府の長福寺(現在の功山寺)で自刃しました。
 義長が去った後、毛利氏は城の改修をし、市川経好(いちかわつなよし)を城番として置きました。永禄(えいろく)十二年(一五六九)に大内輝弘が山口に攻め入った際に、毛利勢はこの城の守りを固めて寄せ付けなかったといわれています。
 元和(げんな)元年(一六一五)、徳川幕府から一国一城令が出されたため、毛利氏は萩指月山城を残し、山口高嶺城、長府串崎城、岩国横山城を破却することとしました。寛永(かんえい)十五年(一六三八)高嶺城は廃城となりました。
 高嶺城跡のある鴻ノ峰(こうのみね)は標高三三八米の丘陵です。城跡は頂上の主郭(しゅかく)を中心に、四方に伸びる尾根に曲輪(くるわ)群が広がっています。主郭やその周囲の曲輪には石垣が巡らされ、礎石や瓦片が発見されています。
 なお、史跡大内氏遺跡は館跡・築山跡・高嶺城跡・凌雲寺跡の四遺跡で構成されています。
  注意事項
 一 現在残っている本丸、その他各所の石垣をこわさないこと
 二 指定区域内を発掘したり、遺物を持ち帰らないこと
 三 指定区域内では火気に十分注意のこと
 四 指定区域内の樹木をいためないこと
 五 その他城の遺構をこわさないこと
    管理団体 山口市
    平成十七年三月建山口市

(現地説明板より)

基準点 水準点。
IMG_2757.JPG IMG_2762.JPG IMG_2763.JPG

違う道を下ります。
IMG_2766.JPG14:13

IMG_2765.JPG14:13
IMG_2767.JPG14:14

ここにも郭があったそうです。
IMG_2769.JPG14:16 96BCF14F-206E-4969-B7E6-910D1F41CA12.jpeg

東屋。
0AF36443-8F4D-4F0E-9C2E-8CC0D1CC527C.jpeg14:22

眺望。
IMG_2774.JPG

IMG_2775.JPG14:24

IMG_2777.JPG14:28

IMG_2778.JPG

主郭から500mのところまで下りて来ました。
IMG_2779.JPG14:29

IMG_2780.JPG14:31

史跡大内氏遺跡の石碑。
205D9161-B182-4674-A136-B01AD6DB1B2F.jpeg

高嶺城跡の説明板。
E731034B-F353-4344-A098-4281AD723B90.jpeg C5D5B5DD-84A9-43D5-8C82-D9B7632112FD.jpeg 2E626D5A-35FC-4516-A448-524CF139F16D.jpeg

山口市街地を一望できるロケーションを生かし、防府市大平山の親局を補完する形で旧山口市内(主に山口市北部地区)向けのテレビ・ラジオ中継局が設けられています。
今日はその中継局のドアが開いていて、作業をされていました。
IMG_2781.JPG14:31

IMG_2782.JPG14:33
IMG_2784.JPG IMG_2783.JPG

IMG_2785.JPG14:36

IMG_2786.JPG14:36

IMG_2787.JPG14:40

ここの眺望は最高です。
IMG_2788.JPG IMG_2789.JPG IMG_2790.JPG IMG_2794.JPG IMG_2791.JPG IMG_2792.JPG

シャガが咲いていました。
IMG_2793.JPG

樹のコブ。
IMG_2795.JPG

キノコ。
白いキノコが生えていると思ったら、
IMG_2796.JPG 
上の方は黒いキノコが。
IMG_2797.JPG

そうこうして車を停めたところまで戻り、近くのカフェでお茶をしました、
Fさんはウィンナーコーヒーを
DA956515-FA97-452F-81BF-11D1403C12B3.jpeg 
私は今日のコーヒーを頼みました。
7D3D75B3-B76B-41BC-B373-60A6B033407E.jpeg

お昼からの鴻ノ峰ウォーキングでしたが、とても充実していましたわーい(嬉しい顔)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント