CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
第72回山口県美術展覧会に行きました [2019年02月25日(Mon)]
2019年2月24日(日)、山口県立美術館で開催されている山口県美術展覧会に行きましたぴかぴか(新しい)
F2669722-85AF-453D-8273-6FFA941732C4.jpeg

山口県美展は、総合的な美術文化の普及と振興を図ることを目的として、「つくる・みる・ささえる」の創造的調和をテーマに開催されます。
作品は搬入・展示が可能なものであれば、形式・寸法・重量・材質などは問わず、工芸、絵画、写真、書といったジャンルを越えた審査が特徴です。
3人の審査員も国内外で活躍する美術作家や美学者で、2日間にわたる公開審査で賞が決定します。
過去の審査員には、元永定正さんや山下裕二さんといった方が務めれました。

今年の応募点数は297点で、その中から入賞・入選作品114点(大賞1点、優秀賞5点、佳作26点、入選82点)が展示されていました。
インスタレーションなどの立体作品はあまりなく、受賞作品は厳選された印象を受けました。
ちなみに、第71回は出品数396点、入賞・入選数61点(大賞1点、優秀賞5点、佳作16点、入選39点)、第70回は出品数402点、入賞・入選作品143点(大賞1点、優秀賞5点、佳作31点、入選106点)でした。

昔のように撮影OKではなくなっていて、撮影OKの作品は2点しかありませんでした。

入選 「Good-by school ー 幾時代かがありました」(佐藤和成・久保田祐樹・チームTAO 光市)
AF3B3C64-249A-47BA-BA1C-DDC137A2A295.jpeg

佳作 「オレンジな郷のお祭り風景」(レ昇ル 山口市)
レノファ山口FCのホームゲームの様子を描いた絵画です。
折しも24日はレノファ山口FCと柏レイソルとの試合が維新みらいふスタジアムでありました。
オレンジ色で染まっていたことでしょう。
FD0A42AE-2C72-4FFC-8E33-906F2BFBEF69.jpeg

そういえば、レノファ山口FCのㇾノ丸をデザインした吉田朱里さんの「Condominium」という作品も入選していましたわーい(嬉しい顔)

DD39CBB3-7FA7-4264-A7DF-476A4362B982.jpeg

以下写真は情報誌『Art Museum Press 2018』(山口県立美術館/編 山口県美術展覧会実施協議会/発行 2029.2)より拝借いたしました。

大賞 「椹野川沿いのイノシシの行進」(ピビリ・ロベルト 山口市)
コメ袋に描かれたふすまに見立てた絵画と畳・碁盤・碁石などの実物を組み合わせ空間全体を作品としたインスタレーションです。
画面左後方に新鰐石橋が描かれています。
はじめは、畳の上に散らばった碁石が???でしたが、見ているうちに、描かれた雪の白い点と碁石の白さと呼応していて、あたかも、画面から降ってきたようにも思えてきました。
E4F19848-6F43-4ADD-83B9-A319989FBF79.jpeg

優秀賞 「Walking in landscapes.」(大庭孝文 広島県)
銀泊が貼られていることから、日本画だと気付きます。
顔料、銀箔、膠、麻紙の作品です。
確かな技量に裏打ちされた味わい深い意欲的な作品です。
作者は、広島市立大学 芸術学部美術学科の出身で、現在、芸術学部非常勤助教です。
331F4651-766A-4A0B-B3D6-457F1F740056.jpeg
 
優秀賞 「The Progressive form」(城勝邦 周南市)
不思議な作品です。
床置きしてある仏像を台座にのせると、つい、手を合わせてしまいます。
何故、蛍光灯が窓の外に吊してあるのか、と目を凝らして見入ってしまいます。
・・・完全にこの作品の世界に引き込まれた自分に気が付きます。
作者は高校で35年間音楽教師を務めた後、独学で絵画を勉強されたそうです。
337C134C-FC3D-4B5E-AB07-C1B237EEF1EF.jpeg

優秀賞 「広島三景」(田中崇稔 広島県)
広島の観光スポットを背景にその背景に合わせた装いのゆるキャラの写真3点の組写真。
いわゆる観光写真と違い、背景の名所がきれいにボケていて、ゆるキャラが引き立っています。
背景はジオラマではないのかとさえ思ってしまいます。
1CD23D8F-5EBE-472E-9358-B48CBB1208B6.jpeg

優秀賞 「岩国の楠」(藤本スミ 岩国市)
水彩画。
みずみずしい感性に、75歳で絵を描きはじめ現在84歳というのを知り、さらに驚かされます。
E014EA5A-E5A1-47B9-9194-D30B99732BC0.jpeg

優秀賞 「小春日和の下で・・・(一の俣にて)」(前野法広 下関市)
点描画。
EC4AE3AE-91C2-4FEF-B620-0566BEE10C30.jpeg

松田淳さんの「ももくり」も入選していました揺れるハート
うちにある「ももくり」の兄弟のような作品とトルソーが展示してありましたexclamation×2
B00EA6F5-E599-4844-A236-F1B5F552CC05.jpeg IMG_0108.JPG
▲うちの子です。ギャラリー・ナカノ「秋のミ・カ・ク展」(2018年11月3日〜18日)にて撮影

もちろん昨年度大賞を受賞した山根秀信さんの特別展示もありました。
特別展示とは、前回大賞受賞者が次回県美展での展示作品製作費50万円及び展示空間(1F奥の展示室)の提供を受け、一年間の活動の成果を発表するものです。

「風景」
6E01F33E-F106-42A9-9127-6008A3FAFF76.jpeg AEC71953-1BC0-45A3-A7A3-204B1EC78AE8.jpeg


るんるん会 期るんるん 2019年2月14日(木)〜3月3日(日)9:00〜17:00(入館は16:30まで)
るんるん休館日るんるん 2月18日(月)・25日(月)
るんるん観覧料るんるん 一般:500(400)円 学生:400(300)円
        ( )内は20人以上の団体料金
  ※70歳以上および18歳以下、中等教育学校、高等学校、特別支援学校に在学者等は無料
  ※障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料
  ※2019年2月24日(日)無料
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント