CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
ばけばけした那須正幹さんを語る! 迷友2人 村中李衣と横山眞佐子の朗読とめちゃくちゃトーク @ 第5回ほ・ほ・本講座 [2019年01月29日(Tue)]
防府市在住の児童文学作家 那須正幹さんが昨年の12月、「独居老人三人組」が主人公の新刊『ばけばけ』(ポプラ社)を出されましたぴかぴか(新しい)
那須さんといえば、「ズッコケ三人組」シリーズ全50巻、「ズッコケ中年三人組」シリーズで有名です。
現在76歳で、223冊の本を執筆されています。

待望の新刊『ばけばけ』、表紙の色っぽい女性がなんとも気になります。
実はこれは○○○……それは、読んでのお楽しみ。
ばけばけ.jpg

春の宵、公園に集まった独居三老人は「まさか」の出来事に遭遇する。人生の味がする物語、熟成エンタテインメント小説。

氷室大造、75歳。妻に先立たれてから、楽しみといえば近所の公園で老人仲間と会うことくらい。このまま静かに人生の幕は閉じていくように思われたが、晩春のある夜、とんでもない「まさか」が起きる――。騙されることへの不思議な感覚、亡き妻への思い、罠を逆手にとる知恵。独居三老人が繰り広げる「詐欺」の物語は、ユーモアと切なさを漂わせつつ、ついに唖然とする結末を迎える。人生の味がする熟成エンタテインメント小説。
ポプラ社HPより)

帯には、
熟成エンタメR70文学
と書かれています。
ばけばけ帯.jpg

その那須さんについて語るイベント
「ばけばけした那須正幹さんを語る! 迷友2人 村中李衣と横山眞佐子の朗読とめちゃくちゃトーク」が下関市のこどもの広場で開かれますぴかぴか(新しい)

るんるん日 時るんるん 2019年3月4日(月)18:30〜
るんるん場 所るんるん こどもの広場
        下関市幸町7-13       
るんるん講 師るんるん 村中李衣(児童文学作家)、横山眞佐子(こどもの広場代表)
るんるん参加費るんるん 1000円(お茶・お菓子付)
るんるん申 込るんるん こどもの広場
        電話083-232-7956

いまこの本がおもしろいぞ.jpg
▲那須正幹さん(2017年8月19日 山口県こども文庫連絡会主催「いま!この本がおもしろいぞ」 山口県立山口図書館)
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント