CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
谷川俊太郎 × 小室等 @ プロテクトソング [2018年03月28日(Wed)]
1978年、谷川俊太郎さんと小室等さんは共作アルバム「プロテストソング」をリリースしました。

CDプロテクトソング.jpg

そして約40年の歳月を経て2017年に届けられたのが「プロテストソング2」

961E8DA3-308A-46FA-A3AD-42A61FDD0EDF.jpeg
(2月13日付新聞)


プロテクトソング2.jpg

『プロテクトソング』(旬報社 2018.3)は、
右に開くと、そこで歌われるすべての詩が載っていて、
左に開くと、その楽譜(解説付)が収録されていて、
真ん中に、今という時代をめぐって詩人 谷川俊太郎さんとミュージシャン 小室等さんの対談が掲載されている
という何とも豪華なつくりの本です。

3月24日歌われた全12曲のうち、「プロテクトソング2」からは、

るんるん希望について私は書きしるするんるん
るんるん死んでからるんるん
るんるんおしっこるんるん
るんるん死んだ男の残したものはるんるん (武満徹/作曲)
るんるん木を植えるるんるん

の5曲を歌われました。

娘さんのこむろゆいさんとのユニット“Lagniappeラニャップ)”の演奏が主でした。
ラニャップは、「おまけ」などという意味で、アーサー・ビナードさんが命名されたとのこと。
私は、ラニャップの演奏を聴くのは、2017年4月29日 中原中也生誕祭 空の下の朗読会(中原中也記念館)以来ですかわいい

637A775D-EBD0-4389-BD95-AF5DD7F5AC21.jpeg
(2018.3.24 下関市生涯学習プラザ)

A7FA6B43-EA1C-4DD7-8916-9B7C810E8E4C.jpeg
(2018.3.24 長州屋台村)

24日のイベントの出演依頼ですが、実は、小室等さんだけで、ゆいさんにはお願いしていませんでした。
だから、チラシには、ラニャップの名前も、ゆいさんの名前もありません。
でも、小室さんは、ゆいさんも一緒に、と言われて、今回のラニャップの演奏となった訳です。

ゆいさんは、“おまけ”のようなもの。
“おまけ”って、もらった人を幸せな気持ちにしますね揺れるハート

二人は、舞台の上でも、舞台を降りても、息ピッタリで、ステキな父娘です。

素晴らしい演奏ありがとうございました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント