CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

こどもと本ジョイントネット21・山口


〜すべての子どもに本との出会いを〜

子どもと本をむすぶ活動をしています


検索
検索語句
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール

こどもと本ジョイントネット21・山口さんの画像
月別アーカイブ
最新コメント
タグクラウド
日別アーカイブ
http://blog.canpan.info/jointnet21/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jointnet21/index2_0.xml
絵の中のぼくの村 [2018年03月26日(Mon)]
『絵の中のぼくの村』(くもん出版 1992.8)は、
絵本作家 田島征三さんが、双子の兄 征彦さんと高知県芳原村で過ごした少年時代を綴ったエッセイ集ですぴかぴか(新しい)
田島さんの絵本の原風景を見ることができる本です。

絵の中のぼくの村.jpg

東陽一監督により映画化されているので、映画の方をご存知の方も多いのでは・・・。
映画は1996年に第46回ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞しました。

24日田島さんにお会いしたら、ぜひ聞いてみたいことが、いくつかありました。

表紙の絵は、ハヤトウリを描いたものです。

 表紙の絵は、ニガウリを描いた『はたけうた』に通じていますね。
 お母さんを描いたあの絵は、お母さんに贈られましたか?

とお話ししたかったのですが、お話しできませんでした。

大人になってぼくがいつか立派な絵かきになれたなら、美しい母の姿をすばらしい絵を描こう。そしてその絵を世界中の人々に見てもらい、そして母に贈ろう。そうすればきっと母は今の哀しみを忘れるほど喜んでくれるに違いない。」(P.74)

A2E9F071-0960-4D4E-AE51-C2D5D1F27DCB.jpeg


講演会では、小室さんの演奏でるんるんとべバッタるんるんを歌ってくださいまいた。

 病院通いをしていた時に、いつも現れたバッタは、
 『とべバッタ』のモチーフになったのではないですか?

とも、お聞きしたかったです。

「…約1か月、毎日その病院まで通った。大人の足でも一時間も要する道のりを、真夏の炎天下てくてくぼくはひたすら歩いた。…(略)…榎の下までゆくと、もうぼくの足は疲れて、体は熱くけだるくて、歩くのがいやになるのだった。まだ四半分もいってないのである。ところがここまでくると、いつもぼくの足元からバッタは跳び立って、またぼくのゆく先でぼくを待っていてくれる。その様子は、「セイゾウ、元気を出してここまできいや(おいで)」とバッタがいっているみたいで、ぼくはバッタに励まされような気分になって、てくてく歩き歩きゆく。」(P.33〜34)

84EFB9A6-18BD-4996-AC73-2666E6AB1B34.jpeg


講演会では、6月位に佼成出版社から出る『ぼく おたまじゃくし』を読んでくださいました。
なんと、それは、本著16ページにあるオタマジャクシのエピソード、そのままでした。

オタマジャクシはバケツの中で元気に育って、やがて手や足を出ししっぽを捨てて小さな蛙となりぴょんぴょん逃げていった。だが、一匹だけ手も足も出ないのがいた。(略)ある大雨の夜、水槽が雨水であふれ〇〇〇はその水とともにどこかへ流れていった。
ぼくは今でもあの〇〇〇の子が庭や道を泳いで川までたどりつけたのだろうかと思ってみる。四十年以上前に逃げていった〇〇〇の子は、いまでもぼくの心の奥の方の叢の根方の湿った土の上を必死で川に向かって泳いでいるのである。
」(P.16)

ネタバレになるので、〇〇〇が何だったか、を書くのはやめます。
知らないで聞かれた方は、色々想像されて楽しまれたようでしたので。

サイン会と打ち上げの時、そのお話だけは少しだけすることができましたexclamation×2

 『ぼく おたまじゃくし』は、『絵の中のぼくの村』の中のエピソードですね。
 読み始められてすぐに分かりました。
 〇〇〇はどうやって川にたどり着くのか、興味津々だったのですが、
 意外な展開で、すごい、そうくるか、と思いました。さすが、田島さんです。
 70年近くたったけれど、川に帰ることができて、よかったですね。
 田島さんの中で、心の澱が取れたのでは…。

本当は、もっともっとお話したかったのですが、小室さんを飛行場にお送りするのにお供するという素敵なミッションがあったので、残念ながら、打ち上げを途中退席しました。

0B3AADC7-2C75-4BD4-AC21-47DB88D8133B.jpeg
(2018.3.24 下関市生涯学習プラザ)
AC0689B5-646A-4EB7-948A-BC939B3DE690.jpeg
(2018.3.24 長州屋台村)

握手させていただいた田島さんの手は繊細で柔らかく暖かかったです。

これからも、ステキな作品を描いてください揺れるハート
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント