CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

海事関係者等のための情報支援システム−マリタイム・アクセス−のブログ

全国主要港にアクセス窓口を設置し、船舶関係者や海事に関わる方々へ海事手続や港湾の情報を提供する事業を行う、社団法人日本海事代理士会事務局の佐藤叡志のブログです。難しい海事法令手続について国民の視点に立って相談をお受けし、公正な情報とサービスの提供を行います。現在、海事分野では専門の相談窓口がなく、環境の整備が遅れております。平成20年4月を目標として全国80の主要港に事務所をもつ海事の専門家、海事代理士が窓口となります。現在は、まだ準備段階ですが、海事部門の情報不足でお困りの方、本会のマリタイム・アクセスの窓口がサポートいたします!


<< 2007年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
これまでの経緯 [2007年06月22日(Fri)]
平成19年11月、本会は日本財団に対して6年ぶりとなる助成金事業を申請し、翌月決定通知をいただきました。

現在、平成20年4月のアクセス窓口本稼働に向けて、企画会議・運営会議・担当者会議を開催し、様々な角度から検討を加えているという段階です。

各会議の果たすべき役割は以下のとおりです。
1.アクセス企画会議:本事業の運営を統括管理し、窓口の登録・指導、諸規則の制定・改廃を行う。

2.アクセス運営会議:本事業の運営実務を分掌し、情報の収集・峻別及び整理と資料等の編集・改訂を行う。

3.アクセス担当者会議:統一的な窓口の運営指導・監理・窓口の後方支援、広報メディアの内容・配布箇所の検討を行う。

この1年間に11回の検討会議を行う予定です。現時点で既に4回開催しておりますが、当ブログの開設が遅れたため、過去に遡ってその概要を記載します。

平成19年3月17日(土)第1回運営会議(広島)
(1)参加者:運営委員14名
(2)審議内容:事業の概要説明・把握、事業構成の俯瞰と各運営委員の任務の確認

平成19年3月18日(日)第1回企画会議(広島)
(1)参加者:企画委員8名
(2)審議内容:事業単位・成果の俯瞰、マリタイムアクセスの窓口の設置準備及び評価、窓口の設置条件の決定、活動の評価・見直し、運営規則・運営ガイドラインの作成、情報提供プロセス・海事データベース作成の担当決定

平成19年5月13日(日)第2回企画会議(東京)
(1)参加者:企画委員8名
(2)審議内容:窓口条件・窓口運営規則・窓口業務委託契約書の作成、ロゴデザイン・リーフレットデザインの検討

平成19年6月2日(日)第3回企画会議(東京)
(1)参加者:企画委員5名
(2)審議内容:日本財団ブログの立ち上げ、ロゴデザイン検討、窓口運営規則の検討、窓口業務委託契約書の内容検討、リーフレットデザイン・内容の検討、窓口募集要項の検討、データベース作成案の提示


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

さんの画像
佐藤 叡志
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/jmpcaa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jmpcaa/index2_0.xml