CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«チャリティ付きTシャツでNPO支援!Vol.4〜くりこま高原自然学校〜 | Main | 豊田市環境教育施設 eco-T»
プロフィール

日本メディアアート協会  JMAAさんの画像
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/jmaa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jmaa/index2_0.xml

チャリティ付きTシャツで社会支援!Vol5.〜NPO法人ウィズ柏(千葉/柏)〜

[2009年04月21日(Tue)]
高機能自閉症 アスペルガー症候群など発達障害を持つ成人を対象にした支援団体は、全国的に希少です。

すでに成人した彼らは「ニート」「引きこもり」などと呼ばれる中に含まれたり、二次障害で医療機関へ通院して原因が自己にあるとして長く苦しんだりしているそうで、その原因の裏には、診断できる医療機関もわずかであり、支援の手段が不明瞭、調査研究などとして、支援策を模索しているのが現状があるようです。

NPO法人ウィズ柏(千葉/柏)では、深く理解してくれる提携医療機関と連携しており、彼らの現状の生活ニーズに合わせ「街の中のごく普通の事務所」にて、名称も一般的な「オフィス・イン柏」と言う形で、違和感なく理解されていることを感じられるように心がけておられます。
もちろん、活動を支援する人も「一般社会の中にいる社会人」

ホームページは、高機能自閉症及びアスペルガー症候群を持つ成人、また、その周辺領域の困難を感じる青年成人が気軽に来る事の出来る場所が「千葉県柏市内にある」ということを伝るために開設したそうです。

フィスでは、彼らの特性や個性を深く理解出来ているため、
短時間で理解されていることを感じとり、目を見ながら、長時間、対面で話すことが始まっているそうです。

オフィスでは、周りのなかで自分だけ浮いていると感じたり、
空気が読めないなどのつらさを感じている人の相談に乗るなど、
社会参加・社会体験・日々のコミュニケーションを大切に、
社会の中の自己を知り自己を大切にすることで日々の気持ちや生活に変化が生まれ、それらを次の意欲につなげていくことで
オフィスを、彼らが、安心して自分らしく過ごせる居場所として根付かせていくことを大きな課題としておられます。

将来的には、地域活動支援センターを目標にされていますが、
現状は大変厳しく、順調に運営できる仕組みを探しておられます。

また、オフィスの設備、備品なども不足してるそうです。

企業で不要になった事務用品、備品など
ご提供くださる方がおられましたらホームページの方へ、ご連絡を。

地味で、長期的で、かつ難しい活動だと思いますが
高機能自閉症及びアスペルガー症候群を持つ成人にとって
希少な支援団体ですから、是非頑張って頂きたいです。
Posted by JMAA管理者 at 09:16 | パブリシティー | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/65576

コメントする

コメント