CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«Tシャツアート展2009 | Main | チャリティ付きTシャツでNPO支援!Vol.4〜くりこま高原自然学校〜»
プロフィール

日本メディアアート協会  JMAAさんの画像
最新記事
最新コメント
http://blog.canpan.info/jmaa/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/jmaa/index2_0.xml

チャリティ付きアートTシャツで社会支援vol.3 〜NPO 法人みやぎ発達障害サポートネット〜

[2009年04月18日(Sat)]
【ろう学校】【チャイルドケモハウス】に続いてご紹介するのは、

東北のせんだい・みやぎで「発達障害」の子どもたちと保護者が「楽しく・安心した」生活が実現することを夢見て活動しているNPO
「みやぎ発達障害サポートネット」さん。
http://blog.canpan.info/mddsnet/

せんだい・みやぎで「あったらいいね」を合言葉に
「発達障害」の本人と家族の支援活動を展開しているNPOさんです。

自閉症を中心とする発達障害児・者の保護者・支援者等が
子どもたちの「地域で安心した楽しい生活」の
実現を目指して始めた学習会が母体となっています。

平成T7年度に展開された「自閉症スペクトラムへの支援ネットワーク推進事業(独立法人 福祉医療機構助成金事業)」の
東北ブロック活動団体として認定され、
具体的な保護者の学びの場づくり、子どもたちの余暇支援、
ロビー活動等を展開し、その活動への反響の大きさから
平成19年3月NPO法人を設立。

保護者同士の出会い・支え合いのステージ「おしゃべりサロン ふわり」
こどもの育ちの支援のステージ『虹っ子』
困ったり・迷った時の「駆込寺」
etc.いろんなことを
保護者が保護者の視点で運営しておられます。

今後の活動の方向性・ビジョンとしては、

「発達障害児・者やその家族が『あったらいいな』と願う
支援の形を現実のものとする」ため、「発達障害」の人たちへの
地域での総合的な支援体制を確立できるよう、
地域社会そのものが変革するための種を蒔き、
共に育てる活動を展開したい。

そのためには、対象者の障害の軽重・年齢・性別・居住地域の枠に拘らない、公平で平等な支援を目指したい。

とのこと。

私たちのワークショップの経験では、100%と言っていいほど
開始前と終了後の子供たちの顔が違うんですよね。

「描く事」は「心に良い影響があるのでは?」と、強く感じるようになり
描くという事と心の関係について、専門家である臨床心理士の先生に
コメントを頂いたので、
是非、クリックして頂いて記事の全部を、読んでみてほしいです。

-----------
 面白いことに、「こころ」は、イメージによって自己を表現することによって、まさにコロコロと転回し動き始めるのです。一つのイメージでその時点における自分を表現し終わると、心は必ずそこから動きます。しかもそれは単なる変化ではなく、新しい可能性の獲得と統合に向かっての動き、つまり「成長」への動きなのです。具体的に言えば、心は新しく到達した自分の境位を再びイメージとして形に表現したくなります。このように自己表現と成長が不可分に結びついているのが、「こころ」の特徴だと言って差し支えないでしょう。
 心理療法で心をイメージで表現する「イメージ療法」が一定の重要な役割りを演じるのもそのためです。特に子どもは言語による自己表現が未熟なだけに、その心理療法において箱庭や自由画やコラージュなどによる自己表現が、大きな役割りを果たしていることはよく知られています。
 このアートワークショップにも、当然このような心の成長を促すような、そして時には傷ついた心を癒すような創造的な、治療的な働きが含まれるであろうことは容易に考えられるのです。
-----------
http://t-art.jmaa.info/html/modules/tinyd9/content/index.php?id=3

いつか、せんだい・みやぎにも
ワークショップで伺えたらいいなと思いました。

Tシャツアート展のクリエイター募集の〆切も、あと僅か。
沢山のクリエイターの参加をお待ちしています。
http://jmaa.info
Posted by JMAA管理者 at 11:04 | パブリシティー | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

トラックバック

ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/65574

コメントする

コメント

こんにちは!
このたびのご縁とても感謝しています。
ぜひ仙台でワークショップをご計画ください。
いろんな「虹」が笑顔の懸け橋となったなら嬉しいです。

Posted by: 虹っ子広場  at 2009年05月14日(Thu) 01:41