CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« うつや自殺念慮の心理療法 | Main | 私たちの心理療法»
(127)自殺を考えた人が4分の1 [2016年09月08日(Thu)]

(127)自殺を考えた人が4分の1

 日本財団による調査。

 朝日新聞に自殺を考えた人が大変多いという報道がありました。

http://www.asahi.com/articles/ASJ98254RJ98UBQU004.html 
朝日新聞

 なんと、このブログでお世話になっている日本財団による調査です。私どもは、このブログで、自殺防止を訴えてきて10年以上です。しかし、うつ病の患者、ご家族には、このブログのおしらせは届きませんでした。今もです。

 薬で治らないうつ病も治る人がいる「マインドフルネス」の自己洞察瞑想療法(SIMT)です。マインドフルネス瞑想療法士が育成されつつありますが、 そのカウンセラーのもとに、マインドフルネスを受けたいという希望が多くありません。患者さんに、重いうつ病でも治るかもしれないマインドフルネスSIMTがあるという情報も、このブログも届いていないのです。

 このブログの最も古い記事は、2006年7月です。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/559 

 日本財団のお世話になり、もう10年になります。

この記事に「10年以上前から」と書いてあります。そうです、通算で、もう20年以上になります。患者さんに情報が届かない。

 しかし、さすがに、医師、心理士、治す支援をしたいという人々には、このブログが検索でヒットするようで、カウンセラー育成講座は、多数の受講をいただいています。今年は、埼玉で20名、沖縄で15名のかたが受講中です。3月には、マインドフルネス瞑想療法士が全国で70名になります。
 最近、メディアで「マインドフルネス」が報道されるようになりましたが、 集中力向上、うつ病の再発予防は、紹介されますが、寛解していない患者さんが「治る」ように支援できるマインドフルネスの支援者は多くありません。 マインドフルネスには、さまざまな流派がありまして、すべてが、うつ病を治せるわけではありません。

 これまでは、うつ病を治す支援のできるマインドフルネス瞑想療法士は多くいなかったので、宣伝もできませんでした。3年で300人にしようという気持ちがあります(ベテランの瞑想療法士からもお手伝いいただいて。最も難しい点は、実践記録の批評です。)。少数のうちに、知られると、問合せが殺到するでしょう、今は対応できません。全部の都道府県に、うつ病を治す支援のできるマインドフルネス瞑想療法士が2,3人いるようになったら、共同して、患者さんのために、色々なことができます。
Posted by MF総研/大田 at 17:49 | 自殺防止は医者以外も | この記事のURL
若い人の自殺や親族殺害事件 [2014年10月03日(Fri)]

20代の自殺・低い自己評価(6)
 =若い人の自殺や親族殺害事件

 前の記事で「真の自己の「自己受容」があります。親の独断的な評価、勝手な評価基準で嫌悪されたものから離れて、真の自己を自覚して、大きな宇宙のいのちから愛されている自分にめざめてほしいと思います。」といったような自己の根底は、次の記事に関係します。  鎌倉時代の禅僧道元が「仏道を信ずる者は、須らく自己本道中に在って、迷惑せず、妄想 せず、顛倒せず、増減なく、誤謬なきことを信ずべし。」 ということに関係するでしょう。
 すべての人の根源の絶対的平等性をいっています。迷なく、妄想 せず、顛倒せず、増減なく、誤謬ないものであると。

 高校生が母と祖母を殺害する事件が起こりました。厳しいしつけが背景にあるような発言が報道されています。20代で死にたくなっている若者も、親から否定嫌悪されてそだった人々もいるようで、家庭がこころのやすまる居場所でなくなっているようです。

 親から人格を否定されて育ち自殺していく若者、親の厳しさからのがれるために親を殺害する若者、 こうした若者を救済する心理学的方法がないのでしょうか。また、そういう若者にしてしまう一つの原因になっているのが、親のわが子否定の問題です。親の意識を変える社会教育の機会がないものでしょうか。そして、社会が親を追い込んでいる要素もあるのでしょう。
20代の自殺が増加・低い自己評価
Posted by MF総研/大田 at 07:11 | 自殺防止は医者以外も | この記事のURL
NHKが今、「あさイチ」で放送 [2013年02月27日(Wed)]
3月は「自殺対策強化月間」で、その予防について、NHKが今、「あさイチ」で放送しています。
Posted by MF総研/大田 at 08:20 | 自殺防止は医者以外も | この記事のURL
<講演>家族に自殺させない [2012年10月31日(Wed)]

<講演>家族に自殺させない

 10月28日、蓮田市で講演いたしました。 (⇒こちらがご案内でした)
 若い人の自殺がふえています。10代から兆候があるので、 早くから、改善対策をとるべきです。
 次の内容でした。★はテキスト、資料を配布しました。
    ★(A)テキスト「つらい「うつ病」」
     うつ病に気づく/自殺がある/理由/体が重い非定型うつ病/家族の心得
    ★(B)会報62号・子どもにも「うつ病」
     うつ、不安、ひきこもり、不登校を放置してはいけない
    ★(C)うつ病は、脳内に神経生理学的な変調が起きている
    • 2つのストレス反応(交感神経、ストレスホルモン)(会報30号)
    • 心の健康体操#01=自律神経系の失調
      (参考図)交感神経と副交感神経
    • 会報65号 安静時ネットワークと注意のネットワーク

    ★(D)うつ病や不安障害は呼吸法を中核とするマインドフルネス心理療法で も軽くなる
    • 心の健康体操# 04-衝動的行動と意志的行動
    • 心の健康体操#07-呼吸法の効果
    • 心の健康体操#02-ゆっくり呼吸法
       実習をしました。

    (E)うつ傾向や不安過敏の傾向は治療したほうが早く治る
    • 不登校やひきこもりも、うつ、不安、発達障害などによるかもしれま せん。正確な診断を受けるべき。
    • 脳神経生理学的な問題があるのを治療しないでいると治るとは限らな い。
    • ご本人も、高校生、大学生ならば、自分から治す行動を開始した方が いい。遅れるほど、対人コミュニケーションや社会との関わりが不安にな ってくる。
    • 親がいつまでも保護できるわけではない。年老いてくるから、できる だけ早く改善への行動を開始したほうがいい。不安が強いとか、意欲がな いのは神経生理学的な変調のせいであることが多いので、改善対策や治療 を遅らせないほうがいい。今、30代、40代のひきこもりの人が多くな っているのは、効果的な方法がなかったから。
    (F)本人も家族も家庭や環境を変える力がある。
    (G)新しい心理療法や医師やカウンセラーをさがす
    • 薬物療法があるし、それで改善しなくても、認知行動療法やマインド フルネス心理療法があるので、どこまでもさがして治したほうがいい。
    • 新しい治療法が研究され、新しいカウンセラーが育成されるので、 常に、動きを注目しておくのがいい。あきらめて、放置しないことが大切 。

    (H)家庭は心がやすまるところであること
    • 家庭では、親のストレスをみせないほうがいい。
      • 家族が、うつ病、不安障害について知っておいて、回復する支援を。
      • 悩みがある時に、親に相談しにくい気持ちになる。
      • 家でも不安過敏においこむ環境であると、青年期になってから不安障害を おこしやすい。(対人恐怖=社会不安障害)
      • 身体の病気や障害を持つ子も、不安をかかえるのでやがて心の病気に なりやすい。ストレスの対処法を行うといい。
Posted by MF総研/大田 at 21:04 | 自殺防止は医者以外も | この記事のURL
種々の悩み→うつ病→自殺 [2012年07月09日(Mon)]

種々の悩み→うつ病→自殺
 自殺は防止できる=家族ができることから行動を

 2007年8月、上記のタイトルの記事を書きました。5年前でし た。中身がなく箱だけが残っています。 その記事は、それ以前の記事を引用していました。 状況が進展しているので、古くなったと判断して、ほとんどすべて削 除しました。現在の時点で、内容をみなおして、みましょう。 うつ病を治し、自殺を防止するためには、ご家族の協力が必要です。  さまざまな出来事で悩み続けると、身体症状や精神症状が出ている ので「うつ病」についての知識があれば、うつ病ではないかと疑い、 治療すれば、治る可能性が高いのです。 こんな出来事のあった人は、うつ病になってしまうかもしれないので 、家族が従来とは違っていることに気づいて、治療につなげることが 大切です。学校、職場、病院などは、大勢の人がいますので、気配り には限界があり、やはり、家族が気づいて見守ってほしいと思います 。自殺は、同居家族のなかで起きるのが9割くらいですから、 すぐそばにいる家族がうつ病についての知識を持って、改善するため にできる行動を考えていただきたいです。支援を求めることも行動で す。
Posted by MF総研/大田 at 07:12 | 自殺防止は医者以外も | この記事のURL
成功なさった方 [2011年07月29日(Fri)]

成功なさった方

 政治、ビジネス、芸術、芸能、医療、教育、・・・どの領域でも、多くの国民が あこがれをいだくほど成功なさった方が自殺なさることがあります。それは、必ず といっていいくらい「うつ病」という心の病気のせいです。輝かしい路線を走っていたご本人には、うつ病について勉強する機会はなかったで しょう。 うつ病について勉強していないと、自分の心が変わっているのが、うつ病であるとはわからないものです。通常の悩む心の状態とうつ病になっている症状としての精神状態との違いがよくわかりません。症状のために、思考力、判断力、情報収集力、コミュニケーション力の低下のために、この事態の解決に向けて長期、短期に何をしたらよいか思いつきません。苦悩の思考だけを回転させていきます。うつ病であるとわかっていれば、医師の診察を受けるかもしれません。ずいぶん様子がおかしいとわかって、心の病気らしいと判断して医師の診察につれていく人がいてくれれば治療が始まります。うつ病の治療を受けない人が多いようです。
 自殺を防ぐには、ご家族がうつ病について勉強しておくことをおすすめし ます。配偶者がすぐれた方である場合、自殺とは無縁と思われるかもしれません。常に、順調でもなく、スランプ、一時期、少し状況が変わることで、悩むことがあるでしょう。 配偶者の方、子どもさんがうつ病について勉強してください。自殺なさる前 に、状況の変化に伴って、その人の態度、行動、言葉に変化があります。自殺の前 兆があります。
 特にテレビなどで報道されるほどでなくて、一般の人も同様です。20歳まで順調、40,50で成功なさった方が、うつ病になる場 合、たいてい心理的ストレスによるうつ病ですので、治療すれば治る病気です。薬物療法、認知療法、マインドフルネス心理療法などがあるので、どれかを受けれ ば、うつ病が治って、自殺しないですみます。成功なさった方は、一時期、不本意 な状況になられても生き抜いて、後進の指導をしていただきたいと思います。多く の人のあこがれなのですから、うつ病を治して、その道で他の人を導いていく仕事 や社会貢献活動などをお願いしたいです。20歳以降の心理的ストレスによる うつ病は治せる病気で、自殺しないですむことを家族がよく理解しておいていただ きたいです。救うのは家族の支援です。医師の診察は短いことが多くて、よくわからないという場合もあるでしょう。本を読んだり、その地区のカウンセラーにも相談するのがいいです。
Posted by MF総研/大田 at 20:32 | 自殺防止は医者以外も | この記事のURL