CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«パニック障害が治った(1) | Main | 「円谷幸吉記念館」へ»
パニック障害が治った(2) [2006年07月20日(Thu)]


3)症状が少しづつ改善

【(1)年】初夏
 このころ症状が悪くなることもなくなった。実家の父が大手術を受けた。かなり難しく危険な手術だとドクターが言われていたので、覚悟する部分もあり、かなり精神的にこたえた。手術当日は、早朝の電車の中でパニック発作がおきないよう、呼吸法を実践して乗り切り、手術中も待合いで、いすに掛けた姿勢のまま瞑想していた。そのおかげで、大きな発作に悩ませられることなく、何とかもちこたえられた。
 PTAの会合があり、自己紹介らしいことがあったが、以前のように、吐き気によって中座することもなかった。

【(1)年】夏
 「もう何があっても大丈夫」というところまでは達していない。外出は、「やや億劫だな」と思うけれど、出掛ける。人前での発言は、「ドキドキするけど」、「あがっているからそれが周りにわかってしまうだろうけれど」取りあえず発言する、というところだった。動悸と緊張に対する嫌な感覚はまだ残っていた。

【(1)年】夏
 カウンセリングに行った日は、外出不安が無い状態で行くことができた。この頃には、長年、悩まされていた下痢、頭痛がなくなった。スーパーでは、発作は起きない。吐き気が起きそうになると、呼吸法を行うと、発作にまでならない。だが、まだ、あまり外出しない。

【(1)年】秋
 月1回くらいのカウンセリング。
この頃には、避けている場所は、ほとんどなくなった。だが、まだ、美容院と歯医者が苦手だった。発作がない時にもあった、下痢、頭痛、のどがつまった感じ、動悸、疲れやすさなどが解消した。
 パニック発作らしきものは起こらずに済んでいた。「このくらいのストレスだと発作が起きるんだな〜」というレベルがわかってきたので、予測をつけて腹式呼吸を事前にしたりすることによって、防げているのだと思った。でも、この頃は以前に比べてそのストレスレベルが高くても大丈夫になってきた。 それまでは、急な仕事を受けると発作が起きるかもしれないという恐れから自信がなく、引き受けられなかったのだが、段々と自分に自信がもてるようになってきた。

【(1)年】秋
 ほとんどパニックの症状が出なくなり、仕事の電話をもらって、商談に行くことになったが、以前、今年の3月にも同じように出掛けたときは、大変な思いで行った。今回はまるで正反対の、まるで鼻歌交じりの気分で商談に臨めた。自分の変化が本当にうれしかった。

 PTAの会議(校長や教頭も参加)なども、以前のように苦を感じず、自分の担当部分の発言(少しだが……)も落ち着いてできた。

 どこか体自体が不調だったり、天候の不順などで、「落ち込んでいるな」と思うことがあっても、そのときにもうパニックの症状は出なかった。

 この年の晩秋に同居の義父が急に他界。ただ、そのショックも先生の的確な助言があり、末期的なパニックに陥ることなく切り抜けられたことは大変意味深いことであったと思う。 しかし、これを機会に忙しくなってしまい、通うことがほとんどできなくなったが、より一層信頼感を増したことは事実である。また、私自身、つまらないことで怒ったり、思い悩んできた性格であったことに思い至り、死生観なども全く別の視点で考えてみるきっかけとなった。

4)発作のことを忘れるほどに改善

【(+2)年】春
 従来、発作をおそれて、発作が起きるようになってから、家族旅行をしたことがなかったが、この年春、久しぶりに、家族で旅行に行った。発作は起きなかった。

 生活上、仕事に専念しなければいけない状況などがあり、ほとんど先生のもとへ行けない状況であるにもかかわらず、教えていただいた呼吸法、自己洞察などを思い出しては時々実践し、それに基づいて内観を試みたりしていた。

5)ずっと実践が大切
【(+2)年秋】
 すっかりパニックも出ず、自分の心の癖なども把握し、自分ではもう大丈夫だと高をくくっていたところ、ある人の思わぬ言葉による攻撃に遭い、またパニックが軽く再発(吐き気、動悸、冷や汗)、大変驚く。2、3日、怒り、嫌悪が渦巻き、外出したくなかったが、呼吸法を行って、落ち着き、2週間後には、その人とあっても、何ともなかった。
 カウンセリングに行き、先生に話を聞いていただき、安心する(注2)。「まだまだ安心してはいけない」と、心を新たにした。
 その後、呼吸法などを実践して、発作は起きていない。また、以前のような、回避する場所も、特にない。
(注)大田のコメント
  • (注1)これらは、「広場恐怖」と呼ばれる。パニック障害の人に、ほぼ共通にみられる。時間が経過すると拡大していく傾向がある。
  • (注2)責任部位であると推測されている中脳水道(さらに、扁桃体か帯状回の変調が推測されている)の過敏性が潜在化して、残っているようで、発作が起きなくなっても、何年間かは、油断せず、呼吸法や自己洞察法(ここに、感情の制御が含まれるので)の実践を継続して、感情的な出来事をある程度コントロールすることを忘れないようにしておくのがよいようである。こういうようなストレスの強い出来事があった時に、すぐ、自己洞察法を行えば、軽い発作でも誘発しないですむだろう。だが、自己洞察法で寛解になった人は、再発しても、大丈夫である。また、真剣に実行すればよい。
     この人は、自己洞察法を会得していたので、すぐ、それを実践して、落ち着いた(縫線核セロトニン神経や前頭前野の抑制が強くなったためと推測される)ので、ひどくはならず、広場恐怖も、パニック発作も、発作時以外の身体症状も再燃しなかった。
 このように、薬物療法では治らなかったパニック障害が改善された貴重な例である。本人の、呼吸法などに取り組む熱心さがあれば、予期不安、広場恐怖などが解消して、パニック障害は、ほとんど完治するといってよい。少し、付け加えておきたい。
  • この人の【(+2)年秋】の「パニックが軽く再発」の出来事は、パニック障害の再発ではない。その後、予期不安もなく、広場恐怖もなく、生活に支障をきたしていないからである。軽い「パニック発作」が起きたにすぎない。「パニック障害」ではない。再発ではなく、この人は、完治した。まだ、一度も発作が起きたことがなくても、脆弱性をかかえた人よりも、強い。この人は、発作がたとえ起きても、「障害」にはならない心得を身につけている。
  • パニック障害の症状の改善のほか、この自己洞察法の実践によって、この人は、対人観、人生観や死生観などについても肯定的に変化していかれたが、ここでは、省略されている。
  • パニック障害のほかに、ひどい「うつ」が併存している場合には、呼吸法などの実践の意欲が低下していることがあるから、もう少し時間がかかかる。呼吸法などの自己洞察法や行動活性化手法を中心として、うつとパニックを並行して、治療(心理療法)を行う。
  • 本人の広場恐怖(外出恐怖、電車恐怖など)がひどい場合、遠くのカウンセラーのもとに面接に行くこと自体が難しいので、行きたいが、いけない人がいる。対策としては、クライアント(患者)の自宅に近いところで、このような治療法のできる人を育成すること、時々クライアントの住む地区の会場でカウンセラーが出前指導すること、インターネットによる指導法の開発などが考えられる。うつ病の治療も同様である。遠くのカウンセラーのもとに、数カ月、通うのは、むつかしいので、カウンセラーが近くにいない人のために対策が必要である。

パニック障害が自己洞察瞑想療法で治った(手記)
(,後編)その後、人間的な深まり
(,後編)上記の注

Posted by MF総研/大田 at 22:20 | パニック障害 | この記事のURL