CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 宮沢賢治の『貝の火』»
「円谷幸吉記念館」閉館へ [2006年07月11日(Tue)]
「円谷幸吉記念館」閉館へ

 東京五輪(1964年)のマラソン銅メダリスト、円谷(つぶらや)幸吉選手(1940〜68) の生家にある福島県須賀川市の「円谷幸吉記念館」が、遺品を管理してきた兄弟の高齢化を理由に、 今秋にも閉館する。
 県立須賀川高校卒業後、陸上自衛隊に入隊した円谷選手は、東京五輪では男子一万メートル競技で も6位に入賞。次のメキシコ五輪での活躍が期待されたが、腰や足などの故障が相次ぎ、メキシコ五 輪直前の68年1月、「幸吉はもうすっかり疲れ切ってしまって走れません」と遺書を残し、自ら命 を絶った。
 遺書には「幸吉は父母上様の側で暮らしとうございました」ともつづっていたことから、遺族が6 9年8月、生家の一角に木造平屋建ての記念館を建設した。約12畳の館内には、東京五輪の「77 」番のゼッケンや銅メダル、遺書、友人からの手紙を大学ノートに書き写した「綴り帳」などの遺品 が飾られている。毎年、全国から陸上部の学生やファンら数百人が訪れる。
 円谷選手は7人きょうだいの末っ子。記念館の管理をしてきた長男敏雄さんは80歳、手伝ってき た四男も70歳を超え、遺品の管理は困難になった。敏雄さんは「両親のそばにいたいという幸吉の 遺志は達成できたと思う。あとは応援してくれた地元のために役立ててほしい」と遺品の寄贈を決め た。(2006年7月10日13時55分 読売新聞)

 私は、十年以上前から、うつ病、自殺問題に関心をもってきた。特に深く、自己と対決した「ここ ろ」の文学、文学者と自殺についても、関心を持ち、情報を集めてきた。ノーベル賞作家の川端康成 も自殺した。なぜ、自殺するのか、それを防止する智慧をひきだしたいからである。川端康成は、円 谷幸吉の、この遺書を絶賛していた。ごく、一部を引用する。
     「ややもすると遺書などには、意識的にか無意識的にか、附きがちの臭味、厭味、誇張、虚飾、ま た自己否定か肯定、そして自己の弁護や顕示が、これにはみじんもない。ひとえに素直で清らかであ る。」
     「円谷選手の遺書はその素直で単純な感謝の言葉によって、私の胸にしみた。」 (川端康成「一草一木」より)
 このような文を書いた川端康成も最後は、自殺だったとされている。人の「こころ」は、わかりが たい。自分がわからず、ひきこもる人、心を病む人、自殺する人がいる。文学も「こころ」を描こう とする。
 「円谷幸吉記念館」が閉館になるのなら、その前に、この夏、訪問してみたくなった。高村光太郎 も「こころ」を描いた詩人だ。福島県なら、「智恵子抄」の高村智恵子の生家もある。両方、訪問し てみよう。
 自分や他者を苦においこむエゴイズム、心の病気、自殺は、文学にも描かれる。NHKで、昨夜、女優の本上まなみさんが、宮沢賢治の「 貝の火」を自戒をこめて、読んでおられることを知った。そこで、私の一つの趣味、文学と心の病気、人の苦悩、自殺についても、十年前に考えたことがあるので、また、そういうことも、あらためて、少し考えてみたい。
 また、「よまわり先生」水谷修氏は、心を病む子、自傷する子の支援には、仏教者に期待しておられる。私は、仏教者(宗教者)ではないが、仏教に似た、こころの実践が、アメリカでは、マインドフルネス・アクセプタンス心理療法として、私は、自己洞察瞑想療法として、心の病気を治すことに貢献できることを理解している。私自身は、宗教者ではないので、仏教の普及活動はしないが、日本の僧侶、信者が「仏教」で、心の病気の人、自殺しようとする人を支援できる可能性は大きいと思っている。、「よまわり先生」水谷修氏が期待しておられる。ぜひ、のりだしていただきたい。
【目次】円谷幸吉
円谷幸吉記念館閉館へ
円谷幸吉記念館閉館へ(2)
川端康成と円谷幸吉選手
悲痛、驚愕、円谷幸吉さんに新しい資料
Posted by MF総研/大田 at 08:55 | こころを描く文学 | この記事のURL