CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«思ったよりたくさんのご参加! 体験会、ありがとうございました | Main | ストレス多いと乳がん悪化 »
小学生の自殺、最多は「家庭問題」 [2019年07月09日(Tue)]

小学生の自殺、最多は「家庭問題」

https://www.asahi.com/articles/ASM6F323JM6FUTFK005.html
 小学生の自殺原因で多いのは、家庭が原因です。厳しすぎる親、虐待する親。
 最近、報道で知るのは、子どもの虐待死です。 田宮虎彦が子どもの虐待を小説にしています。親がきびしくて、自殺する子、自殺しようといった場所で愛情を得て、踏みとどまった人。

http://blog.canpan.info/jitou/archive/2809

 現在も、小説と似た状況なのでしょう。そして、生き延びて成人した人は苦しんでおられるでしょう。小説にもありますが、最も愛されたいはずの親から愛されなかった苦悩、人格を否定された苦悩。そのことにより、派生的に色々な苦悩になって現れるひともいる。

 このような悲しいことを防止するためには、小学生をもつ父兄に、厳しい言葉や行為が、子につらい感情を生じて、脳が傷つくことを教育する機会を持つことや、小学生にそういうことを教えて、助けを求める方策を考えていかねばなりません。どんな対策があるでしょう。
 小学生の場合、参観日などを活用して保護者にこういうことを訴えて、変えてもらう。
 中学生の場合、いじめが多いので、生徒に、つらい状況、感情、うつ病、死においやること、犯罪になる、加害者の親も責められ自分も一生苦しむ、などを伝える。こういうことを生徒たちで、討論してもらう。  

(編集中です。まだありますか。)


http://blog.canpan.info/jitou/archive/4285
★精神社会問題2019

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4243
★マインドフルネスSIMTがお役にたてる 2019

http://blog.canpan.info/jitou/archive/4269
★これからマインドフルネスSIMTを活用したいこと
Posted by MF総研/大田 at 09:06 | 子どもの苦悩 | この記事のURL