CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«人間の作り出す不条理=自由を奪い苦痛を与える | Main | 過労死・過労自殺 横ばい190人»
西田幾多郎博士の稲村ケ崎の歌碑 [2018年07月06日(Fri)]
IMG_1985.JPG
西田幾多郎博士の稲村ケ崎の歌碑

をおとづれました。

台風の影響で風が大変強い日でした。 海はあれていました。遠くに江の島が見えましたが、富士山は見えませんでした。

稲村ガ崎と七里ガ浜の間の海沿いの道路の脇にあります。親友であった鈴木大拙博士などが発起人になって建てられたものです。

「七里浜夕日漂ふ波の上に伊豆の山々果し知らずも」

 西田博士は、晩年に鎌倉に住みました。この歌碑の山の手に旧居があります。 おそらく、このあたりを散策されたでしょう。

 西田哲学は、マインドフルネスの自己洞察瞑想療法(SIMT)をささえる理論です。西田博士の足跡は私にとって「至誠の足跡」のシンボルです。
Posted by MF総研/大田 at 22:24 | 私たちの心理療法 | この記事のURL