CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«あなたの組織には言論、学問の自由がありますか | Main | 福島県の女性の方へ»
弁護士会で講演 [2017年06月03日(Sat)]

弁護士会で講演

 マインドフルネスについて、多くの人が関心を寄せています。 弁護士会からの依頼により、6月2日、お仕事の後の夜に、講演させていただきました。

内容.jpg
IMG_1341a.JPG

 講演を依頼されることが多いので、テキストと内容をモジュール化しました。
 一部 うつ病とマインドフルネス
 二部 マインドフルネスの実習
   呼吸法、食べる瞑想、歩く瞑想、本音の観察 ここまでは、どの講演も同じです。
 三部、四部が、そのご依頼先のご希望やその組織の特徴から独自のものを加えます。
 今回は、次にさせていただきました。

 三部 うつ・自殺の防止のために
 (ご本人とご家族の心得)

 四部 簡単にできるストレス緩和法
   動作法、フリフリグッパー体操

 時間がなくなるのが常ですから、資料を配布します。

 読んでいただく小冊子
「日本的マインドフルネス入門」

 弁護士さんは、毎年10人くらい自殺されます。教師より2倍くらいの自殺率です。 ストレスの大きい職業ですね。マインドフルネスで、ストレスと苦悩をやわらげていただき、弱い立場の人を助けて、あげていただきたいです。

 マインドフルネスのブームですから、これを悪用する自己啓発セミナーやカルト宗教への誘いがあり、被害者が出るでしょう。被害者のために、よろしくご支援を。
 
Posted by MF総研/大田 at 21:54 | 職場のメンタルヘルス | この記事のURL