CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(120)叡智的自己は自分が偉い、しかし、禅はそれが実体がないといった | Main | (122)ジョン・カバット・ジンとマインドフルネス»
(121)マインドフルネスの体験会 [2016年08月23日(Tue)]

(121)マインドフルネスの体験会

 昨日、マインドフルネスがテレビで紹介されました。(NHK Eテレビ)

 うつ病が軽くなった人がマインドフルネスを実践すれば、うつ病の再発予防の割合が薬物療法よりは、高いことを紹介されましたが、日本のマインドフルネスでは、もっとその先まですすんでいます。軽くなっていない患者さんでも、「治す」段階のマインドフルネス、自己洞察瞑想療法(SIMT)があります。

 このようにテレビやマスコミで紹介されることがよくありますので、 「治す」マインドフルネスとは実際、どうするのか、体験したい人がおられると思います。

 そこで、マインドフルネス瞑想療法士を中心とした体験プログラムを提供するグループを発足させようとしています。マインドフルネス瞑想療法士が30名以上いますので、代わり番で、セッション1,2くらいのマインドフルSIMT入門を体験していただきます。
 この体験会に参加してみて、本格的に治すセッション1から10までを受けたいという人は、最寄のマインドフルネス瞑想療法士を紹介します。  秋に第1回の体験会を開催しようと準備しています。参加したい方は、 このブログやホームページを時々、注目していてください。


できました!

★マイシム・カフェ東京
http://mindful-01.blogspot.jp/  ⇒こちらから

「マイシム・カフェ」とは「マインドフルネスSIMTカフェ」の略称です。




 どの県のマインドフルネス瞑想療法士が提供するか決まっていませんが、まず、東京都は確実でしょう。ご希望が多い府県でも、計画されるでしょう。
「がん哲学外来」に寄せて ⇒目次

【目次】日本のマインドフルネスの再興を

連続記事目次
「哲学を知り実践するマインドフルネスSIMT」

Posted by MF総研/大田 at 11:44 | 新しい心理療法 | この記事のURL