CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(43)なぜ生きるのか | Main | (44)大小高下ではない»
八王子でのシンポジウム [2015年11月25日(Wed)]

八王子でのシンポジウム

 21日の八王子でのシンポジウムの様子が、主宰者のマインドフルメイトさんのホームページに掲載されました。

http://www.mindfulmate.jp/2015kouenkai.html

他の県でも開催したいですね。ただ、うつ病の方におしらせするのがホームページしかないのでは、ホームページをご覧にならない人には知っていただけません。マインドフルネス心理療法のことも、まだ、マスコミが紹介してくださらないので、情報が患者さんには届いていません。マスコミでは、「ゆほびか」以外には、まだ、再発予防法のマインドフルネスまでしか報道されていないようです。

 薬で治らない、うつ病、不安症/不安障害でもマインドフルネスで治る人があることをご存知ない方がいらっしゃるようですから。 うつ病だけでも100万人、自殺なさる人が、毎年2万5千人も。一部の方は、マインドフルネスで救われる可能性があるのに。

 うつ病は当事者になってから愕然となさるでしょう。薬で治ればいいが、薬で完治しない場合、他の治療法がほとんどないことに、愕然となさるでしょう。医師の自殺も多いそうです。どうして、新しい治療法を研究開発しないのでしょうか。国、県、市町村も予算をつければいいのに。
Posted by MF総研/大田 at 17:42 | うつや自殺念慮の心理療法 | この記事のURL