CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«NHKこころの時代「日本仏教のあゆみ」(2) | Main | 道元禅師のマインドフルネス(8)»
学問的マインドフルネス [2015年05月06日(Wed)]

学問的マインドフルネス

 実践する仏教、実践する禅と、文字の研究だけする学問仏教、学問禅があります。

 「マインドフルネス」も、自分自身が実践しないとか、臨床的にクライエントに向かっていないならば「学問的マインドフルネス」です。自分のものではなくて、他のマインドフルネス者のものの文字的紹介です。その紹介者が実践できる生きたものではありません。文字の研究は思考レベルです、実践は自利の行動レベルです。他者に実践を伝えるのは利他の行動です。全く違います。 学問的マインドフルネス者ばかりになったら、クライエントは援助を受けられません。

 次は、別のことです。 後にいくほど難しくなります。
    (1)読んで理解すること。
    (2)理解したことを他者に伝えること。
    (以上、知識)
    (3)理解したことを実践すること。
    (以上、自己のための行動、意志作用であるが、自利)
    (4)自分で実践したことの範囲を他者に伝えること。
    (以上、他者への行動、利他、大乗仏教が慈悲といったものに類似)
    (5)自分で実践したことの範囲を超えたものまでも 創造すること。
    (以上、他者になかったものの新規開拓、独創、まだ他者に開示しない)
    (6)自分で実践したことの範囲を超えたものを創造したことを、他者に伝えること。

    (7)(さらに、マインドフルネスは、仏教がそうであったように、深さの違うものがあります。知的自己レベル、意志的自己レベルから叡智的自己レベル、人格的自己レベルまである。
    そこがまた、学問的なものと、自利実践、利他実践に分かれます。実践がないと社会的マインドフルネスではありません。 )
 仏教や禅のように、マインドフルネスも、 「学問的マインドフルネス」にならないことを希望します。そうならないようにするためには、マインドフルネス者自身が日々実践することと、他者の支援に現実に活用することでしょう。現実に臨床で活用する実践者を尊重しないとマインドフルネスも、仏教や禅と同様に、文字だけある学問になり、社会では実践がないわけですから、すたれていくでしょう。

 日本的マインドフルネスの実践を尊重し、学問的な研究もすすめたいという方針で、機関誌『マインドフルネス精神療法』の発刊と 実践状況の発表会を開催します。両方とも最低1回づつはしようとしています。

 では、道元禅師による学問としての仏教の批判をみます。現代の大学などでの仏教や禅の学問 が、現実の社会の現場には活用できていないことと同じことでしょう。

★マインドフルネス精神療法研究会第1回大会
 =ご参加を受付中です

(⇒こちら)マインドフルネス精神療法研究会第1回大会
 2015年5月16日(土)午後、さいたま市の会場で。
 日本にあった西田哲学に基づく日本的マインドフルネス

 大会の出席はどなたでもできます。
 定員わずか、50名です。お早めに、お申し込みください。
毎年1期、開催される連続講座10回が、今年も6月から開始です。 定員20名です。
 マインドフルネスはアメリカのものが多いのですが、 昔から日本人に親しまれてきた、仏教、禅を応用して、しかも、 宗教の縛りを脱した、西田哲学に導かれる論理的マインドフルネス。しかも、日本には宗教レベルの最も深いマインドフルネスがあります。何をマインドフルネスするかによって違いがあります。自己存在のマインドフルネスまであります。
 当日、日本的マインドフルネスの活動、研究を報告していく 機関誌「マインドフルネス精神療法」創刊号をご参加の皆様に配布いたします。
これもわずかな限定部数、発行されます。一般の予約購入の受付が始まりました。 日本マインドフルネス精神療法協会のホームページをご覧の上、お申し込みください。会員に入会なさったほうが、割安感と入手確実性があります。

★NHKこころの時代「日本仏教のあゆみ」 参考
Posted by MF総研/大田 at 08:21 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL