CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«道元禅師=すべての人の根源は迷惑せず、妄想 せず、顛倒せず、増減なく、誤謬なし | Main | 受動局面だけのマインドフルネスでは不十分<br>  =社会を創造する行為の局面が弱い»
ジョン・カバット・ジン氏のマインドフルネス7つの心得は道元襌の 哲学 [2014年12月13日(Sat)]

マインドフルネスの段階
 = 襌の深まり(10)

 

ジョン・カバット・ジン氏のマインドフルネス7つの心得は道元襌の 哲学

さまざまなマインドフルネス
という連続記事の中で、ジョン・カバット・ジン氏のマインドフルネス7つの心得について考えました 。
  • MBSRの背景にある哲学をさぐる  上記の「東洋哲学」の記事に道元禅師の最も象徴的な言葉を引用しています。
       「諸法の佛法なる時節、すなはち迷悟あり、修行あり、生あり、死あり、諸佛あり、衆生あり(C)。  萬法ともにわれにあらざる時節、まどひなくさとりなく、諸佛なく衆生なく、生なく滅なし(A)。
       佛道もとより豐儉より跳出せるゆゑに、生滅あり、迷悟あり、生佛あり(D)。
       しかもかくのごとくなりといへども、花は愛惜にちり、草は棄嫌におふるのみなり。
       自己をはこびて萬法を修證するを迷とす、萬法すすみて自己を修證するはさとりなり。迷を大悟 するは諸佛なり、悟に大迷なるは衆生なり。さらに悟上に得悟する漢あり、迷中又迷の漢あり。諸 佛のまさしく諸佛なるときは、自己は諸佛なりと覺知することをもちゐず。しかあれども證佛なり、佛 を證しもてゆく。」(道元,1991)

       「佛道をならふといふは、自己をならふ也。自己をならふといふは 、自己をわするるなり。自己 をわするるといふは、萬法に證せらるる なり。萬法に證せらるるといふは、自己の身心および他 己の身心をし て脱落せしむるなり。」(B)(道元,1991)
       先の記事では、ふれませんでしたが、(C)が井筒俊彦氏がおいう「分節(T)であることがわかる。 氾濫する仏教、襌の書物である。(A )が「絶対無分節」である。(D)以下が、「分節(U)」である。慈悲の 行を永遠に行っていく。
     (B)は、(A)から(D)に至るための修行「自己を習う」という。これがマインドフルネスである。 「自己をわするる」以下は、「絶対無分節」である。

     ジョン・カバット・ジン氏のMBSRは道元禅師の哲学が理論となっているとみられる。 MBSRの手法でわからないことがあれば、道元襌を参照すればいいのだろう。

    人格的自己のマインドフルネスへ
  • Posted by MF総研/大田 at 21:00 | さまざまなマインドフルネス | この記事のURL