CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«専門家のエゴイズム | Main | 専門家のエゴイズム(3)»
専門家のエゴイズム(2) [2014年09月13日(Sat)]
★新刊『 不安、ストレスが消える心の鍛え方――マインドフルネス入門』(清流 出版)が発売になりました。1冊目で、分量が多すぎて収容できなかったうつ病のマインドフル ネス心理療法の「理論」とその先のもっと深い叡智的自己レベルのマインドフルネスをご紹介してい ます。1冊目は、うつ病を改善するほどの意志的自己レベルのマインドフルネスの理論抜きで、「手法の詳細」です。

専門家のエゴイズム(2)

 深いマインドフルネスには、「エゴイズムの心に気づき、 行動してしまわないように気をつけよう」というトレーニングがあります。
 認知療法の「認知のゆがみ」に似ています。 自分や他者を苦しめる思考や行動の背景にあって、思考や行動の原因系として働く エゴイズムの心理です。
 仏教や襌では、我見我執に気づき、捨てよという教えにあり、とても重視されます。道元禅師は特 に厳しいです。瞑想だけをすればいいというのではありません。エゴイズムの心理に気づく瞑想でなければなりません。対人関係において我見我執、エゴイズムを捨てようというのです。自分や他者を苦しめる思考や行動を駆動するからです。

 新聞が批判された問題は、ジャーナリストという専門家のエゴイズムの問題として見ることができま す。何が誤りであったか自己批判がされています。マインドフルネスの視点から、エゴイズムの問題が的確に自己批判されているところがあります 。

 社説(13日)の中に「自分たちの主張に都合の良いように事実を集めたのではないのか」とありま す。そうです。事実をありにままにみようとしない、無評価で事実を見ようとしないで、先入見をもって いて、都合のよいようにテキストを集めるのです。学問にも見られます。V・E・フランクルも指摘して います。学問でさえも起きるのですから、おそらく、新しい科学、マインドフルネスの科学にもみられ るでしょう。無評価であれというのに、自分に執着してしまう。人間の心理はとても暗いところがあります。気づきにくいです。

 「被害者の救済という一番大事な問題の解決が置き去りになっていく」という指摘も社説に自己 批判されています。 そうです。専門家にエゴイズムがあると、助かるはずの国民の救済が遅れます。 情報を隠したり、 良いものがありながら不勉強で否定するのも専門家のエゴイズムです。 うつ病の領域にも、起きていないでしょうか。大丈夫でしょうか。
 専門家のエゴイズムがあちこちに見られるようです。専門家がマインドフルネスをして、エゴイズムに気づき捨てれば、も っと住みよい国になって、死ななくてすむ人がおられるのではないでしょうか。
 自己洞察瞑想療法(SIMT)では、自分や社会の発展を阻害する心理を本音、本心と呼びます。 専門家にも多くのエゴイズム、本音があります。 これに気づき、観察し、思考や行動に影響させないようにします。そうでないと、自分や社会の人が救済されることを遅らせますから。大乗仏教や襌は、こういうすばらしい哲学的実践を含んでいたのですが、失われてしまいました。マインドフルネス心理療法としてのSIMTで復活させます。 本音、エゴイズムがあると、それがない立場に立たず自傷的、自利利己的な思考行動をするので、個人や社会の発展を阻害し、国民が救済されることを妨害しますから。仏教や襌が教えてきたことです。感覚や身体の動きだけのマインドフルネスではなくて、もっと重大なものをマインドフルネスします。後から反省するのでは、失敗や阻害が起きたのですから、まずいのですね。 まさに今、その瞬間にエゴイズムを観察しなければならないのですね。エゴイズムのために、人の生命が失われるのですから。うつ病が治らない、効果の高い治療法が普及しない、自殺が起きる、いじめ、差別、さまざまなところでエゴイズムの犠牲者がいます。
【目次】ジャーナリズムの権力(政治、学問、専門家)批判、自己批判

<別の連続記事>専門家のエゴイズム

専門家のエゴイズム

さまざまな立場からの思惑

哲学が違う

(続く)
Posted by MF総研/大田 at 21:34 | エゴイズム | この記事のURL