CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«人生の価値を発見していきる(16) | Main | 宮城県石巻での講演・あと18日です »
宮城県石巻での講演・あと19日です [2014年03月03日(Mon)]
★本で自習なさってお られる かたへ
★3月22日、宮城県石巻 で講 演会
 大災害の後に、長年月、うつ病、PTSDが。マ インドフルネス心理療法で改善したい方、 予防の援 助をしたい方。地域、職場、団体で「心 の健康体操」のインストラクターになろうかという方。 今後、半年継続するか検討。
がん 患者さんに心理療法を提供すると、免疫能の向上で生存率があがる。がん関係者のご参 加も。

★3月16日、蓮田での実習

宮城県石巻での講演・あと19日です

地域にマインドフルネスの支援者を

 22日に、石巻で講演会を行いますが、うつ病や不安障害などの方のケアは一回きりの講 演で解決できるものではありません。マインドフルネス心理療法は、うつ病やPTSD, パニック障害などに改善効果があることが確認されております。しかし、1年から1年半かか ります。そして、多くの方がおられますので、10年かかるでしょう。
 被災3県の6−8歳の子どもにも、すでにPTSDが増加しているとの報道がありました。この子達が、青 年期になるころまで、影響するおそれがあります。10年20年もの間、ケアが必要になるで しょう。
 本に呼吸法、自己洞察法の方法が書いてありますが、自習が難しいという方々もおられ ます。今回は、私どもが直接行う治すためのセッションも行いますが、支援者の育成を同時 に行います。 私どもが半年で直接おあいできるのは、ほんの少数にすぎません。だから、私どもの願い は、地域にマインドフルネスのスキルを持つ方が多勢、おられるようになることです。 図が私どもの希望です。心のケアは、信頼されている現地の方でないと、うまくいきません。 生活を共にして、苦労や悩みをもよくご存知の現地の方がいいのです。だから、私どもは、 被災された石巻の方々、または、隣接の市町村の方に マインドフルネスのスキルをお伝えしたい。1年ほどで10人のマインドフルネス心理相談員 が現れると、その方たちが、10年で何百人何千人ものかたのケアができるようになります。 私どもは、半年から1年いかせていくだけですみます。だから、一回きりの講演ではありませ ん。うつ病やP TSDは深刻です。治らないと10年20年つらさが続くおそれがあります。
 マインドフルネス心理療法も万能ではありませんが、3県にうつ傾向やPTSDの傾向のか たが増加しているとの報道がありますので、少しでもマインドフルネス心理療法がお役に立 ちそうかどうか、検討していただきます。
 3月、5,6,7月は、改善したいと思う方に私どもが直接おあいするためのグループ実習も行います。(5、6,7月はご希望があれば)

★生きがい、生きる意味、価値の種類、創 造価値、体験価値、態度価値、さらに存在価値 b2-tiikisiensha3.jpg
Posted by MF総研/大田 at 20:52 | 災害とストレス | この記事のURL