CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«出版記念講演会(第1回) | Main | 子どもの「うつ」»
復興支援プロジェクト(1)本の寄贈 [2013年05月28日(Tue)]
  • ★まもなくこの本が発売になります。
    ・本 が書店に並ぶのは、6月5日ころになります。
    ・非定型うつ病も不安障害も過食症も 、この本の自己洞察瞑想療法(SIMT)で治る人がいます。

    復興支援プロジェクト(1)本の寄贈

     東日本大震災方面では次の活動をすすめて行きます。現地のボランティア団体、役場 、書店、印刷会社などのご協力をえながら進めます。

    マインドフルネス心理療法の本の贈呈

     まず、本の贈呈は、現地に行かずとも、こちらからできそうです。
    『うつ・不安障害を治すマインドフルネス
       ひとりでできる「自己洞察瞑 想療法」』 の寄付(第1回)
     被災なさった方へ無料でこの本を配布するプログラムです。現地(まず、岩手県、宮城県、福島県の沿岸部 )の現地の新聞かFMラジオ局で募集していることを報道をしていただいて希望者を募り、葉書で当方に応募したいただき、募集数 (まず、第1回は、3市町村で10名ずつ、合計30名のかたに) を越えた応募があれば抽選して、当方から直接本を送ります。 (将来は、現地の書店でご協力していただけるところで受け取る方法がいいかもしれません。)
     ご協力してくださる現地のメディアをさがします。

     その他、下記のようなプログラムの計画案があります。7月初旬ころ現地に赴き、ご説明させていただきます。
    • 純和センター制作の音楽CD「あなたへ」を被災地の方に寄贈。純和センター からCDを提供していただいて、当研究所の事業と して配布します。 (こちらに
      (財源があれば、CDプレーヤーも)
    • 被災地の高齢者福祉施設での「心の健康体操」での訪問(無料)。
    • 講演、自己洞察瞑想療法 (SIMT)の実演(無料)。
    • グループセッション、個別相談(無料)
    • 心の健康体操インストラクターの養成。 (3回で。治すスキルではありません。予防的な「心の健康体操」)
      (以上は、無料で3回だけ。あとは、資金、助成が得られる範囲で、第2期を計画します。)
    • 復興支援のために三陸沿岸に泊まろうプロ グラム。全国から現地の宿泊施設に泊まりに来ていただいて、夜と朝、マインドフルネス 心 理療法(SIMT)の実習プログラムを組み込む。周辺の観光地の訪問も組み込んだコース を現地の旅行代理店に企画していただく。参加者が旅行、宿泊代金を負担していただきます。
    • テキストを現地の印刷会社に印刷制作していただく。当夫人の活動には、多くのテキストが使用されますので。
    • 来年度(26年)に、マインドフルネス心理相談員の育成講座を行う準備。現地の 臨床心理士、看護師などで講座を受けたい希望の多い町で開催。 今年度、準備して26年に開催。 毎月1回、数ヶ月。今年 は、受講希望団体(学校、心のケアに関わる団体など)、協力してくださるところをさ がして、来年、実現できることを期待します。
  • Posted by MF総研/大田 at 22:39 | 災害とストレス | この記事のURL