CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«苦悩の受容 | Main | うつ病はマインドフルネス心理療法で治る人がいる»
ヴィクトール・フランクル・マインドフルネス心理療法は臨床試験で効果が確認されている [2013年04月10日(Wed)]

ヴィクトール・フランクル

 =日本にはフランクルに匹敵する西田哲学がある
 次の記事でロゴセラピーの考え方に「苦悩の受容」をみました。  前の記事で こう述べました。
     「マインドフルネス心理療法にも、価値実現の意志作用という概念があ ります。価値も重視します。ロゴセラピーもマインドフルネス心理療法も 類似します。 お互いに、他の療法に貢献できる可能性があります。
     3.11によって、フランクルに期待があるそうです。ロゴセラピーの 普及も期待したいです。フランクルがいうように、一つを絶対現して他を 排斥するのではなく、類似する他を寛容で受け入れるべきです。他への扉 を開いておくべきです。 なにごとも、苦悩するクライエント、市民のためです。世界のためです。 世界を創造する市民のためです。自分の流派など消滅してもいいのです。 」
 3.11以来、フランクルが見直されているようですが、日本にはフランクルに匹敵する西田哲学があることも忘れないようにしたいものです。
 思想や哲学、宗教、心理療法(精神療法)・・・、過去あまたのものが考案されました。それが、どれほどすぐれていようとも、目前の現実の苦悩する人の苦しみ、悲しみを克服させてあげられるものでなければなりません。理屈がすばらしくても、この世で、この日本で、現実に実現できるものでなければなりません。苦悩や心の病気の改善の実現、改善できないのであれば受容できる心、それが実現されなければなりません。理論、思想、哲学を実行してみて、それが実現できたか、苦悩する人も実践し実現できたか、すなわち、市民ができる具体的な方法、臨床試験と、その実現割合です。フロイト、フランクル、西田幾多郎、道元、親鸞、イエスキリスト・・・、その理論、思想、哲学を、一般の苦悩する市民が、この世で、つまり、家庭、職場をおろそかにせず、どのように実践したら、その理論、思想、哲学を実現できるのか。 人は理論、価値、理想を知るだけでは満足できません。自分に獲得されないと満足できません。それに向かって、その実現に向かって行動する、すなわち意味、価値への意志と、その実現です。フランクルも西田もそれを強調するのでしょう。苦悩の多い、この人生、目前に現れる現実世界、これを逃げずに、よりよいものにしていく、できなければ受け入れる。「あの人の思想。哲学がすばらしい」それだけでは、いけません。絵に書いた餅ではおなかがふくれません。
 人の苦しみは広く深くさまざまです。一つのカウンセリング手法、心理 療法がすべての問題に万能であるはずがありません。フランクルがいうよ うに、一つを絶対現して他を 排斥するのではなく、類似する他を寛容で受 け入れるべきです。他への扉 を開いておくべきです。 すべてを受け入れる ものがあるのですから、類似するが少し違う、独自のものを持つものを完 全排斥するのはおかしいです。クライエントによっては、他の心理療法が 向いている人もあります。他への扉を塞ぐと、救済される可能性を妨害します。 マインドフルネス心理療法は、瞑想が面倒ですので、やはり限界があります。 だから、薬物療法や認知行動療法が向いている人には、それをすすめます。 ロゴセラピーも選択肢の一つですね。とにかく、どれでもいいから、 治っていただくのが最も大切なことです。援助者の自己満足にしてはいけません。
 マインドフルネス心理療法は、欧米での臨床試験で、うつ病やトラウマ などに、薬物療法や認知行動療法よりも効果が高いことが確認されました 。もちろん、傾聴はうつ病の臨床試験は行われません。傾聴は、傾聴に向 いたクライエント、問題があるのでしょう。うつ病や不安障害(の一部)、脳神経 生理学的な問題が生じているようなので、その軽減の論理が必要になりま す。
 他の心理療法、他のカウンセリング手法のかたも、自分のもの、傾聴が、フランクルが最高だ、唯一だと絶対視せず、う つ病や不安障害には、他の心理療法、認知行動療法やマインドフルネス心 理療法への扉も開いておいていただきたいと念願します。マインドフルネ ス心理療法は、瞑想の手法が、苦痛の受容や絶対に触れる機会を高めるよ うです。他の心理療法の方針に違背しないと思います。日本には、フランク ルの哲学思想に匹敵する西田哲学があります。文学的、芸術的な表現では ありませんが、論理的に説明していて、丹念に読むと説得的で理解可能で す。課題は、それをいかにして、精神療法、心理療法にするかです。
 フランクルは、「一人類教」を言います。おそらく、西田哲学の絶対無 がそれに対応するような気がします。ロゴセラピーの研究者が西田哲学を 参照していただきたいと思います。それぞれの心理療法も、すぐれた心理 療法ならば、その深いところで、共通の基礎がありうるとして、互いを排 斥せずに、受容しあうと、患者さんの選択肢が増えて、患者さんの囲いこ みがなくなります。自殺も減少する可能性があります。 (続く)

フランクルのこと
Posted by MF総研/大田 at 19:56 | フランクル | この記事のURL