CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«日本画家・高山辰雄 | Main | マインドフルネスの患者・家族会»
線維筋痛症・全身の激しい痛み [2013年01月31日(Thu)]

線維筋痛症
 全身の激しい痛み

NHK Eテレビの「きょうの健康」(1月30日)で、「線維筋痛症」について紹介さ れました。  線維筋痛症は、全身に慢性的な激しい痛みが出る病気、痛みが生じる原因はま だ十分にわかっていない、患者さんの8〜9割は女性、と紹介されています。
 発症にはけが、事故、手術、過剰な運動、妊娠・出産、過労、病気などの肉体 的なストレス、人間関係、仕事、介護、離婚・離別など心理的なストレスが関係 すると考えられますと言われています。
 治療法には、薬物療法と非薬物療法の2本の柱があるとされます。 こちらで、アドバイスできそうなのは、「非薬物療法」の点です。
 NHKの記事によれば、
  • 痛みがあってもできることをやってみる、という積極的な姿勢を心がける。
  • ウオーキングやラジオ体操のような軽めの有酸素運動も、痛みを軽減させる 。
 こう紹介されています。痛みの受容ができないと「うつ」を併発することがあ るでしょう。「線維筋痛症」について効果を確認したデータがあるわけではあり ませんが、マインドフルネス心理療法が症状の軽減や痛みの受容に役に立つかも しれません。次の理由からです。
  • (1)アメリカのマインドフルネスである、MBSRはさまざまな病気の痛みを軽く する効果があること。
  • (2)マインドフルネスの自己洞察瞑想療法(SIMT)を実践したところ、うつ病、 不安障害の患者さんにあった「痛みの症状」が軽減したデータがあること。
    (⇒こ ちらです)
  • (3)自己洞察瞑想療法(SIMT)は、元来、さまざまな不快事象の受容(アクセプ タンス)と目的本来の行動に意識を向ける(マインドフルネス) 心の訓練をするものであること。心理的ストレスへの受容の心も向上すること。
タグ:線維筋痛症
Posted by MF総研/大田 at 18:52 | 痛み | この記事のURL