CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«マインドフルネスは心の病気の改善などを目的とするので仏教でない | Main | グループセッション»
ある日の「心の健康体操」 [2012年11月23日(Fri)]

心の健康体操(11月24日)
 =デフォルト・モード・ネットワークと瞑想の理解、その実践

 毎月1回、自己洞察法の理論的な学習と自己洞察瞑想の実践を行っています。 24日は、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)の学習の4回目です。 認知症やうつ病になると、DMNの部位の機能が低下します。背内側前頭前野、海馬、後 部帯状回などの機能低下です。安静時に活性化する部位です。また、活動中に活性化 するのが背外側前頭前野や前部帯状回などです。認知症、うつ病になると、この仕事 のネットワークの機能も低下します。
 自己洞察瞑想療法は、うつ病が治りますので、自己洞察瞑想により、この2つのネ ットワークを活性化すると思われますので、病気が回復し、予防にもなるのだと思わ れます。このことは、脳画像装置を使える研究者の方に確認していただきたいと思い ます。
 しかし、2つのネットワーク領域の活性化は、簡単ではなくて、半年から1,2年 かかります。病気が治ってからも、さらに数年、数十年と継続できます。脳の回路の ことですから、やればやるほど発達するでしょう。
 24日は、このDMNと背外側前頭前野の学習と、それを現実に動かす瞑想を意識して 実行します。公案や呼吸に注意を集中する集中型の瞑想ではなく、心の作用、自己自 身の洞察の瞑想です。宗教レベル以前の、家庭や職場、地域・施設の居住場所で健康 な心で社会生活を営む基本的な心の使い方の研究、実践です。静かに坐っている時だ け、瞑想し冷静でおられても、社会生活で活用できなければ、問題は解決しません。 私たちは、出離的存在ではなくて、社会内的存在、社会を作っていく存在です。
 子どもから大人、高齢者に至るまで、死ぬ瞬間まで、社会の中で、生き生きと働き 、社会の一員として社会に参画して、悔いのない人生を送りたい。心の健康体操の目 標です。うつ病、認知症の予防、自殺予防のプログラムでもあり、自己実現、自己成長の基礎でもあります。
Posted by MF総研/大田 at 14:22 | 自殺防止対策 | この記事のURL