CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«<目次>高齢者の苦悩、うつ病、自殺の予防 | Main | 澄んだ心がある»
高齢者の苦悩、うつ病、自殺の予防(2) [2012年11月19日(Mon)]

高齢者の苦悩、うつ病、自殺の予防(2)
 =このようなテーマで

 60歳以上の 高齢者の自殺は全体の3分の1もあります。 高齢の両親や配偶者に自殺されると、遺族には大変な衝撃であり、後々、遺族が苦しみます。 高齢者のうつ病、自殺の防止は私の大きな関心事ですので、 「心の健康体操」と称して、市内4箇所で数年開催してきました。 。
 内容がほぼ決まりましたので、資料、テキストを開発しながらある地方都市で進行 しています。
 次のように、6−8回で一巡します。すべて、マインドフルネスの実践と哲学で乗 り越えていくことを提案し、実践していただきます。
  • (1)こころとからだ、自律神経の失調
  • (2) 生活不活発病(動かないと動けなくなる)の予防 =介護状態への予防
  • (3) 認知症の予防
  • (4) うつ病の予防(または、「うつ病と自殺の予防」) =不愉快なことやつらいことを受け入れて乗り越える
  • (5) 不安を乗り越える =対人恐怖、パニック、活動を避ける
  • (6) 怒りやストレスによる病気の予防 =血管系の病気、心臓系の病気、その他の心身症
  • (7) 心豊かに生きる =自分とは何かを探求しましょう (自殺防止につがります)
  • (8)日本独特の哲学と文化、背景にある日本的思惟様式)、など
 このあとは、その土地、施設の人が数人で、幹事、リーダーとして継続していただ きます。もう少し希望されれば、私どもが行きますが、原則として自主的、自立的に 開催していただけるように希望します。なお、病気になってしまった方を治すとか、改 善するのは、医師や治すスキルを持つカウンセラーの役割です。「心の健康体操指導員」は 行いません。
「マインドフルネス心の健康体操」
 =高齢者の苦悩、うつ病、自殺の予防
Posted by MF総研/大田 at 18:06 | 高齢期 | この記事のURL