CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«山梨でもマインドフルネス心理療法 | Main | 高齢者のためのマインドフルネス心の健康体操»
高齢者のためのマインドフルネス心の健康体操 [2012年10月18日(Thu)]

高齢者のためのマインドフルネス心の健康体操
 (1)全体の目次

 私が高齢者になってきましたので、高齢者の 介護状態/うつ/認知症/心身症/自殺に関心があり、その予防のための マインドフルネスに基づく心の健康体操を定型化しようと しています。
 このパッケージがまとまったら、心の健康体操指導員の養成を行いたいと思います。 マインドフルネス心理療法(SIMT)の運営スタッフのうち、心の病気を「治す支援のスキル」は、「マインドフルネス心理療法(SIMT)の基礎講座」を受講していただきます。「治す支援」ではなく、第2の人生を豊かに生きる、うつ・認知症を予防して心豊かに生きるための心のスキルは「マインドフルネス心の健康体操指導員」のスキルです。

 介護状態/うつ/認知症/心身症/自殺などは、 心の用い方や体操で、ある程度
  • 予防できます。
  • 進行をくいとめます。
  • 軽いものは治ります。
そこで高齢者のための「マインドフルネス心の健康体操」です。

 一応、次のメニューで、試験的に運用しています。
その施設、地区内に、「マインドフルネス心の健康クラブ」を自主的に運 営できる人を数人育成する。よそから来る支援者に依存せず、自分たちで 自主的に研究、企画、実行していく。
 各回のテーマは次のとおりですが、 毎回、自己洞察呼吸法、脳トレーニング、対人交流的ゲーム、運動などの 実践を行います。

第1回
  • こころとからだ、自律神経の失調
第2回
  • 生活不活発病(動かないと動けなくなる)の予防
    =介護状態への予防
第3回
  • 認知症の予防
第4回
  • うつ病の予防(または、「うつ病と自殺の予防」)
    =不愉快なことやつらいことを受け入れて乗り越える

    (注)うつ病の背景に自殺予防があります。「自殺予防」は、「心の健康 体操」に最もご期待のあることです。高齢になれば、次々と喪失して、う つ病になるリスクが高まります。
第5回
  • 不安を乗り越える
    =対人恐怖、パニック、過呼吸、活動を避ける
第6回
  • 怒りやストレスによる病気の予防
    =血管系の病気、心臓系の病気、その他の心身症、免疫低下
第7回
  • 心豊かに生きる
    =自分とは何か、生きるということの意味を探求
第8回
  • 心の探求をした日本の文化。芸術、小説に見る深く、美しい日本の心。それをかてとして最期まで生きぬき、後の人にもそういう美しい精神が日本にあることを伝える。

「マインドフルネス心の健康体操」
 =高齢者の苦悩、うつ病、自殺の予防
高齢者の苦脳・活躍
Posted by MF総研/大田 at 18:41 | 高齢期 | この記事のURL