CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「叡智的世界」を読む(第2回) | Main | 高齢者のためのマインドフルネス心の健康体操»
山梨でもマインドフルネス心理療法 [2012年10月15日(Mon)]

山梨でもマインドフルネス心理療法

 =マインドフルネス心理療法で改善の方が

 山梨県を中心に、マインドフルネスの自己洞察瞑想療法(SIMT)で、 うつ病、不安障害の相談、治すための グループセッションをなさっておられる「マインドフルメイト」 さんがおられます。
 このマインドフルネス心理療法(SIMT)で、非定型うつ病、パニック障害 が改善したという人の感想文が掲載されています。
http://www.mindfulmate.jp/experiences.html

 薬物療法でも他のカウンセリングでも治らない非定型うつ病、パニック 障害が、自己洞察瞑想療法(SIMT)で改善しているのです。 マインドフルメイトさん、それに一生懸命、課題を実践して、ここまで改 善してくださった参加者のかた、すばらしいことです。自己洞察は、自分をあざむきません。人間の本質は、み な、救済されるようにできています。西田哲学が教えています。 脳神経科学でも解明されてきました。真剣にする人は治るというデータが また増えました。ありがとうございます。
 このように、支援できる方が全部の県に一人ずつでもおられると、どれ ほど多くの人が救われるでしょうか。
 今週の土曜日から、6か月のカウンセラー講座が開始されます。 また、多くの自己洞察瞑想療法(SIMT)の支援者が生まれることと思います 。一人、支援者ができると、何百人ものご支援ができます。
 本が1月に出版されますが、自習できそうもない人もおられます。テキストを読めない、理解できない人もおられます。全国に、うつ病、不安障害が治らない患者さんがおられるはずです。 個別か、グループセッションで、支援できる人が増えるように期待します 。3月まで、埼玉でカウンセラー育成講座を開始します。その後は、東北や中国、 四国などでカウンセラー育成をできたらいいのですが。 私やマインドフルメイトさんのように、専門家でなくても、しっかり勉強すれば、うつ病、不安障害を治すご支援ができます。新しい人材、看護師、うつ病の患者家族、ひきこもりの支援スタッフなどのかたが参入されれば、どれほどか多くの人が助かるでしょう。
 8月、9月に埼玉でのグループセッションを開始した人も、難しい、面倒と投げ出さず、 真剣に、ご自分と向き合ってください。10か月やれば、かなり改善するのです。 今、やらねば、いつ機会があるでしょうか。これまでの状態が5年、10年続くかもしれません。この体験の方のように、あなたがたも 嬉しい日が来るように、お祈りします。
Posted by MF総研/大田 at 22:00 | 私たちの心理療法 | この記事のURL