CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«”ストレス爆発”どう防ぐ(2) | Main | 自己洞察瞑想療法(SIMT)による10段階のトレーニング»
包み映さないと行動できない [2012年07月15日(Sun)]

包み映さないと行動できない

 =すずめの母さんは解決行動を知らなかった、苦しむだけだった
 =みすずも傍観していた

 マインドフルネス、アクセプタンスには、さまざまなレベルがあり ます。ということは、人が解決したい問題は、広く深いということです。金子みすずの詩でこのことを検証しましょう。  このうちの「すずめの母さん」で考えてみます。

「すずめのかあさん」の詩の中に現れる「心」は、次々と広くなって いく。・・・。
「子ども」の心には「子すずめ」しかない。 (すずめのいのちを遊びに使う、いじめと同じ) 「その子のかあさん」の心には、こすずめと子ども。(こすずめとかあさんすずめの苦脳をみない。いじめているのを喜んでいる。)
「すずめのかあさん」の心には、「子すずめ」と「子ども」と「その 子のかあさん」が。
そして、屋根で鳴かずに見ていた。(生命を救うスキルがなく、悲しく苦しく)
金子みすずは、そのすべてをみていました。 みすずも傍観していました。なすすべもなかった。(冷徹にか、悲しくか)
 そしてそのすべてを読者、あなたが見ています。 「私ならこうした」という解決策を思います。

 見えるということは、自分の心の中に包み映し知ることです。 そして、見えるならば、解決への行動をすることができます。行動のスキルがあれば。
 問題解決のためには、 心に於いて見ること、そして行動することの2つが必要です。西田幾多郎は「行為的直観」といいました。見ることが行為することで、行為することが見ることであると。みすずは「見えないものでもあるんだよ」といいます。普通のひとが見えないことで、苦しむ人が多いのです。それを映して、克服する行為が必要です。自分の奥底の心が見えていないのです。見えていない心を見るトレーニングがマインドフルネス心理療法といえます。

さまざまな作用

 見る、聞く、痛みを感じるなどは狭い領域を知ります。 思考は、そのすべてを見ます。だから、思考で解決できることが あります。しかし、思考は行動を包むことができません。考えても、行動できずに、苦しむことが多いのです。考え方を変えるだけで、行動できないと苦しみます。 意志作用が感覚や思考を包み、知ります。それが、アクセプタンス( 受け入れ)の局面です。見る、聞く、感情、思考を入れて映し(アク セプタンス)眺めて必然と受け入れて、意志を起して何かの行動を することができます。その時、条件があります。すずめの母さんもみすずもた だ傍観して、解決行動ができませんでした。解決行動とは、「マイン ドフルネス」の局面です。
 さらに、みすずよりも広い状況が見えるあなたなら、自死ではなく別の解決策を 心の中に入れてきて、行動するかもしれません。 心の中に、入れて映さないと見えないので、行動しません。 見えても、解決するはずの行動を知らなければ、見て苦しむだけです。解決しません。 すずめのかあさんは本当のアクセプタンスではありません。ただ、苦しみを渦巻かせていた。 行動がないのは、アクセプタンスではありません。
 意志作用でさえも解決できないで苦しむことがあります。 順調に仕事をしていた人が、何かの出来事をきっかけとして、うつ病、不安障害、依存症などになる、犯罪を犯す。 西田によれば、意志作用 よりも広いものを包み受け入れる作用、「直観」があるといいます。日本では、昔から言われていたのを、西田が言語で説明したのです。 通常の意識、考えでは解決できなかった苦脳や問題が、「直観」によってアクセプタンスできるかもしれないのです。
 このように、人の作用のレベルには違うものがあるので、アクセプ タンス、マインドフルネスも浅いレベルの作用をM&Aする段階と、さらに深い ものを対象とするM&Aがあることになります。 生命にかかわる苦脳があります。それを浅いスキルでは支援できません。 浅いM&Aで改善しなくても失望す ることはありません。さらに広いM&Aによって解決するのです。 欧米では、多くの人が研究開発しています。
Posted by MF総研/大田 at 20:44 | マインドフルネス心理療法 | この記事のURL