CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«(4)自分を信じること | Main | (6)受け入れること »
(5)むやみに努力しないこと [2012年05月26日(Sat)]

種々のマインドフルネス&アクセプタンス

(20)ジョン・カバト・ツィン氏の哲学
 (5)むやみに努力しないこと

 マインドフルネス&アクセプタンス(M&A)を世界的にしたジョン ・カバト ・ツィン氏のマインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)にあ る7つの態度は、東洋哲学にもある。静座瞑想、ヨーガ瞑想、ボディ スキャンをする時に、この態度で行う。
  • (1)自分で評価をくださないこと
  • (2)忍耐づよいこと
  • (3)初心を忘れないこと
  • (4)自分を信じること
  • (5)むやみに努力しないこと
     「"無理をせずに、自分という存在が見えてくるような新しい見方 をしよう"ということです。そのためには、むやみに努力しないとい う態度を意識的に身につけるようにしなければならないのです。」
     「結果を急いでむやみに努力しようとしたりしないで、瞬間瞬間の 事柄に注意を集中し、受け入れる、ということなのです。忍耐づよく 規則正しくとり組んでさえいれば、ゴールはおのずとちかづいてきま す。」(ツイン、1993)
     静座瞑想、ヨーガ瞑想、ボディスキャンを忍耐強く続けるのである が、無理にたくさんするのではない。
     道元には、次の注意の言葉がある。
     「所期も無く所求も無く所得もなふして、無利に先聖の道を行じ祖 祖の行履を行ずべきなり。」
     「学人の第一の用心は先づ我見を離るべし。・・・ たとひ古人の語話を究め常坐鉄石の如くなりとも、此の身に著して離 れずんば、万劫千生にも仏祖の道を得るべからず。」 (懷奘,1991)
     必ずしも同じではないが、心の観察が主な課題であるから、やりす ぎて 身体を疲労させてはいけない。また、方法を間違うとうまくいかない 。また、極端な腹式呼吸法もすすめることはできない。 心の観察には、無理な呼吸法は不要であり、害になる。 襌の修行の場合には、坐禅(瞑想)は時間的にはたくさん行うことを すすめる。心の観察であるから、不快なことを考え続けるよりは、瞑 想の時間が多いのも悪いわけではない。なお、うつ病などを改善 するためには、毎日30分することが望まれる。こういうのは「むや みな努力」ではない。時間が少ないと、効果が現れにくい。この態度は、熟練した支援者にたずねるべきで ある。
  • (6)受け入れること(アクセプタンスの中核となる態度)
  • (7)とらわれないこと


  • 1993 ジョン・カバト・ツィン「生命力がよみがえる瞑想健康法 」春 木豊訳、 pp62-64
  • 懷奘,1991、「正法眼藏随聞記」岩波書店、p80およびp88


<連続記事・目次>種々のマインドフルネス&アク セプタンス
Posted by MF総研/大田 at 20:54 | マインドフルネス心理療法 | この記事のURL