CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«私と汝の間には反響と応答 | Main | 金子みすずの広い「こころ」»
芸術にも人格と人格との応答 [2012年03月20日(Tue)]

私と汝・君と僕

 =芸術にも人格と人格との応答

  • 「団体の意向が個人に命令として迫る」
  • 「私と汝・君と僕」
  • 「私と汝の間には反響と応答」の 続きです。

    芸術にも人格と人格との応答

     「2人の人が会う時に、言葉を交わし、態度行動をみせる。それが相手の底で反響して、応答 して 、互いを知る。もし、2人のうち、一方が「君僕関係」であれば、反響は起こらないで、応 答も 浅く、くいちがう。
     芸術作品についてもそう言える。人格的自己や絶対無を表現しようとする作品であ る場合、そ れを鑑賞する人が「君僕関係」であれば、作品から人格的反響は起こらないで、作者との間 の応 答もくいちがうのであろう。日本の芸術には、自他不二、絶対無を表現しようとしたものがある と思う。松尾芭蕉は「物我一智(一致)」と言ったし、宮沢賢治や金子みすずのほか多数あると 思う。」
     前の記事で、こう書きました。

    芸術にも人格と人格との応答のある場合も

     西田幾多郎は次のように言っています。
       「芸術的創造作用の底にも、人格と人格との応答といふ如き意味がなければならない。我々が 自己に於て他を見ると考える時、我に対するものは自己自身を表現するものといふ意味をもつと 云ったが、同時にそれが我々の自己を自己として限定するという意味に於て、それが直覚的と考 えられるものでなければならぬ。」(旧全集6巻394頁)

       「故に芸術的直観と考えられるものは、その根底に於て一種の行為でなければならない。見る ことが行為であり、行為が見ることであり、行為によって見るといふことが芸術的直観といふこ とでなければならない。芸術的直観といふも、行為的実在の世界を離れたものではない。それは 我々の人格的活動の一部分でなければならない。芸術的内容も社会的・歴史的と考えられる所以 である。」(旧全集6巻387頁)
     芸術は、通常、対象的に二元観的に意識されるところ、見えるところを表現したものではなく て、対象的には見えないものを表現した芸術もあるというのが西田幾多郎の云うことであると思 います。
     すでに、金子みすずの詩を見ましたので、それをもう一度検討してみます。みすずは、普通の 人が見えない 広いこころ、深いこころを詩にしているように見えます。
    • 金子みすず(1)
      「星とたんぽぽ」の詩(見えぬけれどもあるんだよ、 見えぬものでもあるんだよ)
      「お里」の詩(私のお里は知らないの、どこかにあるよな気がするの)
      「わたしと小鳥と鈴と」の詩(みんなちがって、みんないい)
      「土」の詩(名のない草のお宿をするよ)
       これらには、普通の場合、見えないところを見ています。そして、わかったつもりでも、なお 、みすずの言うものを見ていないかもしれません。反響が起きるところでわかっていないかもし れません。

    • 金子みすず(2)
      「こだまでしょうか」(いいえ、だれでも)
     「こだまでしょうか」の詩は、意味深長ですね。西田幾多郎が深い人格は「反響」し、「応答 」しあうといいました(前の記事)。「こだま」は、「反響」ですね。何かに当たってこだまし て応答してくる。その「何か」とは何なのでしょうか。心の底の底(対象とならないもの)でしょうね。この詩は、単なる受 け入れではないかもしれません。「誰でも」ですから。できる人だけであれば「誰でも」とは言 えない。
     心の底に、まず「遊ぼう」と入ってくる。底はそのまま受け入れる。誰でもそのように受け入 れる底を持つ。しかし、誰でもある底を自覚しているのではない(見えないけれどある)。一部の人が表面で返す「応答」は「遊ぼう」には「いやだよ」、「馬鹿」には「こ のやろう。よくも」となる。「誰でも」受けいれるわけではない。
     みすずは、ふつうの人が見えないこころを詠っているから、多くの人の心にひびく(反響)の だと思います。はっきりと理解、反響できないけれど、何か本質に迫っているような気がする。 そこに、フアンが多いのではないでしょうか。別の詩でも感じます。もう一つ、 みてみます。
  • Posted by MF総研/大田 at 16:37 | マインドフルネス心理療法 | この記事のURL