CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«マインドフルネスを推進する者は自己の哲学をもたねばならない | Main | 自己成長・自己実現を妨げる個人悪・社会悪»
これまで心理療法を提供していない人材に有利かもしれない [2012年03月04日(Sun)]

マインドフルネスは これまで心理療法を提供していない人材に有利かもしれない


 マインドフルネス心理療法は、1,2回の集中講座で習得されるような心理療法ではありません 。主観的、独断的、自己中心的な評価を捨てていく、そして深い自己を探求していく不断の実践です。指導者にも、長期間、毎日の実践が要求される心理療法です。それを教える指導者になるのも、容易ではありません。安易な気持ちで受講すれば、失敗します。
 アメリカのマインドフルネス心理療法者も言っています。支援者にも、日々、実践が要求される 心理療法であると。
 人間は、エゴ的であることが本質的だからです。主観的、独断的、自己中心的に行為するような傾向が根源的にある。 (この点については次の記事で。)
 日々、瞬間瞬間、なるべくエゴを捨てる実践が求められています。マインドフルネスは、不断の実践です。
 マインドフルネスは、禅のように、やればやるほど、これまで知らなかった深 さと広さが違ってきます。苦しみの深さ(難治性の人)と社会的な適用領域の広さ(種々の社会問 題に適用できます。社会は、人が構成しているからです。人はみな創造的世界の創造的要素です 。しかし、それを発揮できず苦しい人が大勢います。それが社会問題です。)が違っていきます。
 (私は高齢で、種々の身体的故障を感じて、もう深い苦、広い苦に拡張していく力はありません 。マインドフルネス心理療法者(医療分野だけではない)を育成します。その中から、カ ウンセラーを育成できる指導者が少数育つでしょう。深い問題、新しい領域への拡張適用は、その人た ちに託します。少数というのは、これは坐禅のように日々実践し、主観的、独断的、自己中心的な思考、行為の気づき抑制していく、そうして自己の哲学を深化する人 でないと限界に達するからです。カウンセラーのカウンセラーになるのは容易ではないかもしれま せん。)

 他の心理療法との併用をしているとカウンセラーにとっても、クライアントにとっても、 熟練しません。やればやるほど深化、熟練していく心理療法です。外科医の手術スキルでもスポーツでも芸術でも、 独特のコツ、技術のようなものがあるので、年月を重ねるほど熟練します。マインドフルネス心理療法は、哲学的にもかなり長期 間探求していきます。そういう心理療法です。単なる技術、ノウハウではなくて、自己とは何か、 いかに生きるか、生きているという意味、自己と自己がそこにおいて生きていく社会(家族、集団 )を探求していく実践的なものです。
 もちろん、傾聴や産業領域のさまざまなカウンセリング手法はこれからも必要です。自己存在の哲学探求と病気を治す心理療法の部分だけの話です。 現実の社会には、コミュニケーションスキル、それぞれの分野のスキルが必要です。そこには、種々のカウンセリングが生かされます。そういうカウンセリングのノウハウも相当の学習が必要でしょう。
 そういう意味では、あれもこれもと、種々の心理療法を知らない(はじめてカウンセリングを行 う人でよい) 人、他の心理療法を用いない人のほうがいいかもしれません。せっかく学んだ他の心理療法に執着しないからです。薬物療法でも他の心理療法、カウンセリングでも治らない、うつ病や不安障害を治す心理的介入は容易ではありません。精神疾患の治療以外への適用も研究しなければなりません。自己洞察瞑想療法は容易には習得できません。いい加減に使っていると、熟練せずに、クライアントに追いつかれて治すこと ができなくなります。やればやるほどわかってくる「自己」です。「自己」とは知らないことが多 いのです。他の心理療法との併用をしない人が有利です。これまで心理療法をやっていない人材、 あまり他の心理療法を学習していない人材、他の心理療法をせっかく習得したのだからと執着しな い人材、 たとえば、看護師、保健師、作業療法士、民生委員などです。そして、自分をとりまく環境が、も っと治療効果の高いものを必要としていると感じている心理士、禅や西田哲学のようなことが好きな人材です。
 これまでのノウハウでは、うつ病などを治せていません。自殺をくいとめられていません。 新しいノウハウが必要です。ほかに、虐待、パーソナリティ障害、家庭内暴力、ひきこもり、自傷 、アルコール依存、覚せい剤依存、他者の苦を共感できない子どもと大人(いじめ、セクハラ、パ ワハラ・・、そして苦を与える専門家のエゴ、スポーツ、芸術、教育などの領域における自己成長 、自己実現・・・。何か新しい心理療法が必要です。その一つになりえるものと確信します。欧米 で、著しく発展していますから。
Posted by MF総研/大田 at 23:08 | 新しい心理療法 | この記事のURL