CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«最も深い自己 | Main | 新型うつ病をみな「非定型うつ病」とするのに反対»
毎年3月は「自殺対策強化月間」 [2012年03月01日(Thu)]

毎年3月は「自殺対策強化月間」です


 3月ですね。新しい生活がはじまろうとする時でもあり、
これまでの結果がまとまる時でもあります。


<内閣府>毎年3月は「自殺対策強化月間」です



 3月は自殺が多いのです。支払いの時期、決算の締め、4月の新しい生活の不安など
さまざまな心理的ストレスが強まります。うつ的になっていたのに、ようやく、もちこたえてた人

が・・。
 そういうリスクが、身近な人にあるのだから、気づいてあげましょうと、家族と団体が周囲の人を見守る月間です。

 死ぬ人の過半数がうつ病になっておられますので、私たちも、家族や、親戚、友人、同僚の自殺

の兆候に気づいてあげて、治療につなげる実際行動を起こす必要があります。こえかけだけではなくて、具体的行動が必要です。ご本人は、症状のために、行動意欲が低下して

いますので、言葉かけだけではなく、同伴してあげるくらいが大切です。「私は仕事や趣味で忙し

い?」そんなこと言って、毎月1、2回、同伴するよりも、その人の生命よりも大切な仕事や趣味

なのですか。

 毎月、4か所(椿山自治会館、蓮田市立老人福祉センター、2つのデイケア施設)で行っている

「心の健康体操」も、これをテーマにします。
身近な人の自殺の兆候に気づき、家族が具体的な行動をする、どんな行動か。
治療につなげる。「もう、治療している。それでも治らない。死にたい。」家族はどうしたらいい
のか。考える、言うだけではなくて、具体的行動を。
Posted by MF総研/大田 at 08:19 | 自殺防止対策 | この記事のURL