CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«不安障害にたちはだかる高い壁 | Main | 心の病、医師への不信と完治しにくいうつ病、不安障害»
(テレビ)不安に坐禅やマインドフルネスのトレーニング(2) [2012年01月25日(Wed)]

(テレビ)不安に坐禅やマインドフルネスのトレーニング
 長く坐禅瞑想する人は背内側前頭前野が大きくなる(2)

 11日の NHK総合テレビ(ためしてガッテン  不眠ストレス緊張撃退 簡単トレーニング)で呼吸法の効果 を紹介しましたが、 今朝、1月25日に、NHK総合テレビの「あさイチ」で、ほぼ同じ内容が放映されました。 評判がよかったそうです。

うつ病、不安障害の治療には無理だと

   私が心配したように、「不安障害」やうつ病などの病気には、 テレビで紹介した方法だけでは無理だと熊野宏昭早稲田大学教授が言明されました。 病気の視聴者からの問い合わせが多かったそうです。
 うつ病、全般性不安障害やパニック障害、うつ病などは、あの方法だけでは難しいのでしょうが 、似たマインドフルネス心理療法で1,2年実践できれば、かなり治ります。
 それにしても、テレビの進め方は、病気の人におもわせぶりでしたね。 最初に、パニック障害や全般性不安障害の人を登場させたので、それが治る方法かと期待してしま いますよね。1,2週間では、なおりませんが、半年、1年すれば、大分、改善します。マインドフルネス心理療法(は、日米で効果が確認されています。
 テレビで紹介された方法も、マインドフルネス心理療法の手法であり、不安障害やうつ病の予防に効果的だ と思います。治療のためのセッションを受けられるまでは、実践されるといいです。 熊野さんも、病気の人は医師やカウンセラーに相談するように言われました。治すことができるマインドフル ネス心理療法を提供できる人をさがすのがいいのです。長く瞑想をする人は、前頭前野の容積が増 えるということが明らかになりました。マインドフルネスのよいところが 紹介されてきましたので、医師、看護師、カウンセラーも有用性を認識して、できる人が 少しづつふえていくでしょう。治すことができるマインドフルネス心理療法は、アメリカで開発さ れたもの、日本で開発されたものの両方があり、カウンセラーが好きなほうを選択できるので、 広く行われる可能性があります。
(⇒治すためには)

次の例は、簡単には治らない広場恐怖の例です。

最近、テレビで、呼吸法やマインドフルネス心理療法のいい効果が紹介されました。
Posted by MF総研/大田 at 21:24 | ストレスから心身症 | この記事のURL