CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«助かった命がなぜ(9) | Main | 助かった命がなぜ(10)»
取材記事 [2011年12月08日(Thu)]

取材記事

 医療関係者への記事を配信しているキャリアブレイン 「医療・介護情報CBニュース」の取材を受けて、記事が掲載されました。 医療関係者のうつ病の予防というテーマです。(ただし、会員登録をしないと全文を見れません。)

CBニュース「医師が「うつ病」になる前に」(上)
 =ここに、マインドフルネス総研の大田のコメントが。

CBニュース「医師が「うつ病」になる前に」(上)

 医療関係者の方は、私たちの命をささえてくださる大切な職務を遂行しておられます。 それだけにストレスが強く、うつ病や不安障害になることもあるでしょう。うつ病を予防し、治すに も、マインドフルネス心理療法(SIMT)を活用していただきたいと思います。医師の自殺も多いのです が、うつ病が治らないためであり、薬物療法を受けても治らず、未来を絶望するためであると思われ ます。マインドフルネス心理療法を丹念に実行すれば治るはずです。自殺などなさらないで、国民の 命を守る職務に復帰していただきたいと切望いたします。

Posted by MF総研/大田 at 06:26 | 私たち | この記事のURL