CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ようやく復旧しました | Main | 被災者43%睡眠障害疑い»
被災地の自治体の職員に心の病気 [2011年09月20日(Tue)]

被災地の自治体の職員に心の病気

 東日本大震災で被災した自治体で、うつ病などの病気休暇を取る職員が増えているそうです。自らも被災したり、過労や心理的ストレ スが高まったりしていることも一因とみられます。
 被害も大きく、その後のストレスが多くて、うつ病やPTSD、パニック障害などが予想されます。 自治体の職員が心の病気になるほどですから、市民へのケアは遅れることでしょう。こういう心の病気は、薬物療法だけでは治りにくい 人がいます。 これから、私どもも3県で、希望者の多いところで、マインドフルネス心理療法のサービスを計画します。
Posted by MF総研/大田 at 22:17 | 災害とストレス | この記事のURL