CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«うつ病の治療には長期間かかる | Main | 認知療法があるのになぜマインドフルネス心理療法か»
改善事例ーパニック障害 [2011年07月25日(Mon)]

改善事例ーパニック障害

 マインドフルネス心理作用の治療効果です。
 自己洞察瞑想療法(SIMT)によるパニック障害の改善事例のデータです。
    (注)個人が特定されるような情報を掲載することはありません。このデータでわ かるのは、カウンセリング期間中に、強いストレスがない場合に、半年から2年で 回復されます。しかし、仕事職場が原因でありながら、カウンセリング期間中も休 職退職することなく勤務を続けながら、カウンセリングを行う場合には、これより も長くかかっています。
  みな、薬物療法(さらに、他の心理療法=傾聴型、認知療法=を受けた人も)が奏 効しなかった事例で、標準化されたマインドフルネス心理療法の課題を行って、治 癒した事例です。
 重要な症状であるパニック発作と広場恐怖の変化を示します。
(A)標準化された課題をセッション1から10まで行う。カウンセラーのもとで、毎 月1回、集団指導。毎日、自宅での課題。
セッション10まで参加して、その後は、集団セッションに参加しながら、セッシ ョン10の課題を継続した。
(B)自宅での課題の実施量のデータでは、この事例はいずれも、呼吸法(自己洞察法 を入れた)が30−60分。
(C)修了までに6カ月から19ケ月。
広場恐怖は、カウンセリング修了自分y点では、長距離の電車、飛行機などには乗 ることができていない事例が多いが、短距離の電車に乗れるようにうなった時点で 、本人の希望で通所を修了している。自主的に挑戦できるという自信ができたため と思われる。実際、カウンセリングを修了して1,2年後に、さらに回避場所がな くなったという報告を得ることがある。
(D)評価点は自己評価。(最悪=0点 最良=100点として)
  ⇒評価点の表(グラフ、データは(T-K)の推移である)

自己洞察瞑想療法(SIMT)の月1の集団療法も万能ではなく、回数を多くする、個別 指導の継続が必要である事例があります。

非定型うつ病に自己洞察瞑想療法(SIMT)を適用した事例
症状(T-K)「息苦しさ、過呼吸」の変化

( SIMT: Self Insight Meditation Therapy =自己洞察瞑想療法、第3世代の認知 行動療法の一つ)

⇒データは,こちらに=マインドフルネス総研のホームページ



Posted by MF総研/大田 at 07:33 | 新しい心理療法 | この記事のURL