CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今日のグループ・セッション | Main | 福井でのカウンセリング»
大震災の日に復帰した方 [2011年03月24日(Thu)]

大震災の日に復帰した方

 あの大震災の日の朝、
 「(前の文、略・・)今日からお仕事に復帰します。・・・・・ 昨晩は眠れなかったのですが、全て受け入れて、このままで頑張ります。(後、略 ) 」
 というメールをAさんから、いただいていました。 1年ほどのマインドフルネス心理療法のセッションを受けた人です。 復帰された。よかった!
と思っていました。
昼に、新潟の方(Bさんとします)がおこしになって、おあいして、自宅に帰った 後、しばらくして、 あの大地震。Bさんは東京の会議に参加のため東京の会議場に滞在されたはず。Aさんも東京。 交通がほとんど止まった。
 どうなさったのだろうと気がかりでしたが、Bさんは会議場で夜明かしされ、翌 日遅く、新潟にお帰りになったとか。
 職場復帰なさったAさんから、「余震が続いて、駅のホームで3時間待ちましたが、た どり着きました。・・(中略)・・マインドフルネスで乗り切ります。」という報 告をもらいました。ほかの人からも 連絡があり、ここは、被災地から遠く離れた地区でしたが、私にとってもこの震災の日のことは忘れること ができないでしょう。
 Aさんも大変真剣にマインドフルネス心理療法の課題をこなして、 つらいことがあっても自ら乗り越えて行く自己の力 を自覚され、ついに復帰されました。

 多くの重症の方とおあいしてきました。「こんなひどい症状の人をひきうけて治 るのだろうか」と私が自信をぐらつかせるような方でも、・・・・驚きます。真剣な人はど んなに重症であっても治るのですね。私が「こんなに重い方が治るのだろうか」と疑いを持ったことがも うしわけないと思います。幾人もおられます。1年後に感動をいただきます。嬉しくて涙す ることもあります。
 重症、軽症ではなく、そのご本人の自分に絶望せず自分を信じる力、課題への真 剣さですね。人間の生命の不思議さを教えていただいています。カウンセラーが治すのではなく、ご本人の生命が治すのです。
 大震災にあわれた皆様の偉大な生命力をも信じます。
Posted by MF総研/大田 at 22:56 | 私たち | この記事のURL