CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«就職できました! | Main | 勤務医のうつ»
うつ病による解雇は無効、慰謝料の支払い命令 [2011年02月24日(Thu)]

うつ病による解雇は無効、慰謝料の支払い命令

 女性従業員が過労でうつ病になったのを解雇したのは不当として、会社に慰謝料を 支払うよう命じる判決が出ました。 ⇒ 毎日新聞  多くの会社で、管理職がうつ病の予防の心得を理解していないかもしれません。 従業員がうつ病になって休退職すると、会社にとってもベテランに抜けられて困るは ずです。本人にとっては、長期間、治らないかもしれず、大変不幸になります。 薬物療法があると軽くみないでほしい。 うつ病は、治りにくい場合もあり、復帰や結婚が難しいことも、自殺もありうるので、その人 の人生を大きくそこなう可能性があります。 会社は、従業員のうつ病の予防について配慮していただきたいと思います。 管理職は、うつ病について理解しておくべきです。
Posted by MF総研/大田 at 22:11 | うつ病 | この記事のURL