CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«種々の領域への適用や応用 | Main | 北陸でマインドフルネス心理療法の講座を北陸で開催»
アクセプタンス・コミットメント・セラピーと自己洞察瞑想療法(SIMT) [2010年12月08日(Wed)]

アクセプタンス・コミットメント・セラピーと自己洞察瞑想療法(SIMT)

 前の記事で、弁証法的行動療法の「賢明な心」をみました。
マインドフルネス心理療法には、弁証法的行動療法、アクセプタンス・コミット メント・セラピー(ACT)、マインドフルネス認知療法(以上は、欧米で創始され た)、自己洞察瞑想療法( SIMT: Self Insight Meditation Therapy )(これは日 本で創始された)などがあります。
 今度はACTを見ます。

 ACTでは3つの自己を提示する。「概念としての自己」「プロセスとしての自己 」「文脈としての自己」である。

概念としての自己

 「概念としての自己」は、嫌悪的な内容を持つものが自己とされて対象として 描かれ、主観が嫌悪されている。
     「簡単に言えば「私は‥‥である」のように自己に対する固定観念のことで、 ACTは概念としての自己に縛られると(認知的フュージョン)、精神的苦痛を生む と唱える。 例えば、「私はうつ病だから」という教示は「自己=うつ病」という双方向性か ら、「うつ病」という言語刺激が持つネガティブな評価機能を自己にもたらし、 個人を自己嫌悪の世界に引きずり込む。言語を巧みに操る人間ではこの言語プロ セスが自動的に起こり、自己概念への囚われが起こるのである。」(1)
 「概念としての自己」は、SIMT(禅、西田哲学)でいえば、種々の精神作用に は、作用と対象、それらすべてが於てある場所があり、「概念としての自己」は 思考作用の対象であって、全く真の自己ではない。真の自己は作用の奥にある。クライアントには、そんな考 えられらたものにとらわれずに、自己洞察を深めてくださいと助言する。

プロセスとしての自己

 ACTの「プロセスとしての自己」は、主体と対象(感覚、思考など)が区別され るものであり、自己は苦痛の対象そのものではない。対象が次々と流れていく 「一つ一つ受け流していく行動プロセス」としての自己の自覚を促進させる。 「新たな自己体験」であるという。
     「「今、この瞬間」は刻一刻と変化している。この変化の中で何かに囚われる ことは、この瞬間の実体験から遠のくことを意味している。・・・ 簡単に説明すれば、プロセスとしての自己とは東洋の瞑想法で見られるように意 識に浮かび上がる事象に囚われることなく(評価、自己と同一視することなく) 、一つ一つ受け流していく行動プロセスのことである。」(2)
 種々の精神作用が作り出す対象が次々に移りゆく、それを受け流していく行動 プロセスであるという。移りゆく事象と、受け流していく態度が含まれている。この過程的なものを自己とするのがプロセスとしての自己であるが、これも真の自己ではない。

文脈としての自己

 ACTの「文脈としての自己」は「プロセスとしての自己」の体験をさらにトレー ニングして、自己は「場所」として体験する。受け流す「プロセスとしての自己 」の一層深化した自己を体験的にとらえる。自己が「場所」であれば、主観とい うことの意識が隠れていって、種々の苦悩らしいものが自分とは距離が出てきて 、精神疾患などが治癒していくという。  
     「他の健康なプロセス(e.g.,アクセプタンス、デフュージョン)をさらに促進 するともう一つの自己体験がある。ACTはこの自己体験を「観察者としての自己」 、「超越した自己」とも呼んでいる(Hayes et al.,1999)。通常、クライアントの 多くは自己と私的事象を同一視し(概念としての自己)思い苦しむ。「文脈とし ての自己」とは自己を苦しみとしてではなく、それが起こる「文脈」として体験 するプロセスである。自己を私的事象が起こる場(locus) として体験する ことにより、クライエントは自己と私的事象との明確な区別を経験し、これ により私的事象への過剰な反応、囚われ(認知的フュージョン)の減少、アクセ プタンスの促進が起きるのである。 」(3)
 「自己を私的事象が起こる場として体験する」というように、種々の精神作用 や対象が起る場所が自己であると見る。西田哲学(SIMTの理論的背景)でいえば、「意識の野」という抽象的場所、および、それを観察するものを自己として思い浮かべる「 意志的自己」の自覚に該当するだろう。東洋哲学、西田哲学では、さらに深い叡智的自己、人格的自己(絶対無)まであるが、どこまで自覚し体験し教えるかは、セラピスト次第だろう。ACTでいう場所は、意識の野という見られた場所であり、その場を自己とみる意志的自己に近いであろう。西田哲学では、さらにそれ(場所)を見るものがあるではないかとさらに探求を求める。 こうして、体験しなければわからい自己であるから、 セラピストにも、自分自身の実践が求められるのは、マインドフルネス心理療法 のすべてが主張していることである。

知識として理解しただけでは意味がない

 ACTはこういう。カウンセラー講座やカウンセリングセッションで講話を聴く。 テキストを読む。だが、それだけでは、「知識だけの理解はそのまま教示として 体験の回避を引き起こす機能を持つ可能性がある」という。せっかく、理解した はずなのに、実践しない、それは体験の回避である。指導者にもクライアントに も回避が起きる。マインドフルネスに関心をもって研究する専門家も自分で実践しない。回避である。
     「「文脈としての自己」を知識として理解しただけでは意味がない。知識だけ の理解はそのまま教示として体験の回避を引き起こす機能を持つ可能性があるか らである。ACTは言語での理解を超えた、実体験に基づく活動の選択をクライエン トに迫る。そこで「文脈としての自己」でも体験エクササイズを導入し、クライ エントに肌でこの見解を理解してもらう。
     「文脈としての自己」の体験エクササイズとして観察者エクササイズがある。 このエクササイズは 「文脈としての自己」を体験させ、「概念としての自己」からの開放、デフュー ジョンのための文脈作りを図る。観察者エクササイズはまた数あるACT技法の中で 、特に重要な臨床的技法の1つとして位置づけられている。」(4)
 「観察者としての自己」を体験する。観察するものがある。
     「変わらないものがあります。それは観察者としてのあなた。この変化をすべ て見て、聞いて、感じて、経験してきたあなたという存在。今僕の声を聞いてい る観察者「としてのあなた。僕の言っていることをすべて信じないでください。 体全体で 実感することができますか。」(5)
 こうしたエクササイズで「クライエントはこの過程で自己を私的事象ではなく 、それらを抱える空間として実際体験する」。

 SIMT(禅、西田哲学)でいえば、私的事象は、種々の作用の対象で、「それら を抱える空間」は、それらを包む「場所」「一般者」である。このレベルは「意識の野」に該当するだろう。 場所は、包む、写す、観るという働きを持つが、西田哲学では「具体的一般者」である。 ただし、その一般者には、浅いものと深いものがある。
 観察者としての自己は、「変わらないもの」というが、これは、東洋哲学とは異なる。体験してみないともっと深いものがあることも疑問にならない。観察されるものは、場所かもしれないが、それを観察するものは、場所か点か。

 このように、ACTは、SIMT、西田哲学に類似する言葉、体験的な概念、技法があ る。しかし、なお、東洋哲学とは重大な相違もある。

苦悩から解放され苦痛を受容して生きる

 ACTの実践者(実践者はである)は苦悩が違う見え方になる。ディフュージョンは、結びつき、連 鎖・連合の解放のことである。アクセプタンスは、つらいことの受け入れである。
     「この臨床的プロセスの終わりまで達するとクライエントは悩みにあまり抵抗 せずに向き合えるようになったと打ち明ける。この報告には自己と私的事象との 区別、距離感の体験が含まれ、クライエントは、「以前、何であんなにも(悩み を)気にしていたんだろう」と自己を見つめ、困難な私的事象を打ち明けるとき でも笑顔を見せるようになる。これはディフュージョン、アクセプタンス、文脈 としての自己、「今、この瞬間」をそのまま体験することの現われで、マインド フルネス・アクセプタンスの増加が起こったことを示唆している。この変化が見 られたら援助の焦点を建設的な生き方へと移行するのである。」(6)
 今、ここを受けいれることで、効果ある行動を選択実行することを促す。SIMT 、西田哲学では「意志作用」である。
 このように、欧米で発展してきたACTは、意志的自己までは西田哲学に極めて類似している。 ACTは、欧米の行動分析学を背景としている。自己洞察瞑想療法(SIMT)は、日本の西田哲学を 背景としている。類似性があるので、共通の領域に貢献するだろうし、相違があ るので、貢献できる領域が異なる面もあるだろう。西田哲学は、さらに叡智的自己、人格的自己と深い自己の探求がある。文脈としての自己、意志的自己はなお二元観であるが、叡智的自己から相対的一元観となり、人格的自己は徹底的な一元観となる。叡智的自己レベル、人格的自己レベルのマインドフルネスは、欧米のマインドフルネスにはないようだ。(ヴィパッサナー瞑想をする流派にも)。叡智的自己、人格的自己は、日本独特の哲学である。鎌倉時代から自覚されていた。しかし、昭和の頃には、核心が失われ、今もその状況が続いている。(竹村牧男『宗教の核心』春秋社)
 マインドフルネスが哲学を理解していない支援者によって形式的に適用してみて、効果がみられたという傾向があるが、そこには、哲学、理論がない。 浅い問題(感覚や思考の対象になるもの)なら構わないが、生命、自己存在、自己評価がかかわる問題には、用いることはできない。日本には、このような深い自己(叡智的自己、人格的自己)で苦悩する人、そこから発する深い苦悩が多いのであるから、日本にさる深い哲学、実践を活用しなければならない。 いつまでも、西洋の二元観の哲学に基づく領域だけをみていてはならない。
 マインドフルネスを習得しようとするカウンセラー、セラピスト(心理士)にも、クライアント(患者さ ん)にも違いがあるだろう。 欧米のもの、精緻な行動分析学が好きな人にはACT,弁証法的行動療法があり、日 本の禅、西田哲学が好きな人には、SIMTがある。 両方とも、坐禅ににた瞑想法(呼吸法)が嫌いなセラピスト、クライアントには 向かない。最初、呼吸法ができない人を根気よく指導する力が求められる。説明 だけではない、体験させるのである。体験できるように援助するのである。

マインドフルネス心理療法を語る人がマインドフルネス心理療法の実践者ではない

 マインドフルネス心理療法は、自己を深く洞察する実践的瞑想型の心理療法である。 仏教の研究者は仏教の実践者ではない。禅の研究者は禅の実践者ではない。文献の操作であって、 実践体得されていない。そのように、マインドフルネス心理療法の研究者、マインドフルネス心理療法を「語る人」は、必ずしも、マインドフルネス心理療法のセラピストではない。マインドフルネス心理療法のセラピストには、体験が必要である。クライエントと雄弁に会話する対面援助が必要である。そうでないと、本を書いたり、講演はできても、1人の患者さんさえも、臨床には用いることができない。改善の援助はできない。1,2年のあいだ、患者さんに方法を詳細に語り、わからない時にアドバイスして導く対話スキルがないと現実の苦悩解決の援助ができない。
 マインドフルネス心理療法には、嫌悪や執着の探求がある。人の負の心理も洞察する。セラピストのエゴイズムも自己洞察する。SIMTでは「本音」という。患者さんは、生死をさまよう。患者さんを利用しないようにしなければならない。セラピストとしての倫理が求められる。欧米のマインドフルネス心理療法者も警告している。こわいのは、セラピストの力量不足ではなくて、苦悩するクライアントを自分の研究や収入に利用する心である。大乗仏教にも、欲望の強い人は指導者になってはならないという。信者をむさぼるからである。

 私も力量不足である。しかし、クライアントにとって、効果がゼロということはない、何か得られるものがある、そういう心理療法である。私も、さらに効果ある技法、援助法の研究をかさねていく。
 こうした特徴から、援助者になる人も限定されるだろう。難治性のうつ病、非定型うつ病、不安障害 、そのほか多くの領域に有望な心理療法であるが、瞑想(呼吸法=坐禅に似てい る、深く自己を洞察する)が好きな心理士でないと習得できない。
 いったん習得すると、幅広い領域に貢献できる。人間のこころを深く探求してい くものであるから。今、欧米では、難治性の精神疾患は、認知療法からマイン ドフルネス心理療法にシフトする動きがある。もちろん、認知療法が向いている 患者さんもいる。両方あってよい。
 医療は、治療効果の高いものを求めて、次々と新しい治療法が開発されていく 。国民、患者さんの利益のために当然の流れである。 残念なことに、日本ではマインドフルネス心理療法、認知行動療法の普及が遅 れている。患者さんの利益が損なわれて、自殺においこんでいる。種々の領域で 心理的ストレスが原因になっている社会問題が多い。 心ある心理士、それを志望する人のご理解と参加を切に期待したい。
    (注)
  • (1)「アクセプタンス&コミットメント・セラピーの文脈」ブレー ン出版、102頁。
  • (2)同上、111頁。
  • (3)同上、111頁。
  • (4)同上、173頁。
  • (5)同上、174頁。
  • (6)同上、175頁。
Posted by MF総研/大田 at 08:43 | 自殺防止対策 | この記事のURL