CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«全国にうつ病を治し自殺防止のNPOを!! | Main | 貴重な体験を語ってくださった»
思考や感情などによる衝動的行動とそれらを統合した自由意志による行動 [2010年04月09日(Fri)]
 今度の土曜日の「心の健康クラブ」と「グループ・カウンセリング」では、うつ 病や不安障害、依存症などを治すには、「意志作用の活性化」が鍵であることを学 習する。マインドフルネス心理療法とは、意志作用を活性化する手法であるとも言 える。

思考や感情などによる衝動的行動とそれらを統合した自由意志による行動

=マインドフルネス心理療法と西田哲学
 西田は「意志」について次のように述べている。自己(私)は、知覚(内部、外 部)、思考、感情などの種々の精神作用を起すが、一つにふりまわされて、目的( 人生の価値実現、幸福)を失うような行動をしてはいけない。種々の精神作用は「 目的」の実現のために統合的に観察して、目的にそった行動を決意しなければなら ない。そういう統合的な合目的的精神作用が「意志」である。そのような意志をさ さえる自己(叡智的自己)があるはずである。
    「意志はある目的の自覚より起こり、その目的を達することによって消滅する。・ ・・合目的的作用というものが成立するには、その終わりに現われるものが始めに 与えられ たものでなければならない。合目的的作用とはその前後を包むものが、自 己自身の内容 を限定する過程と見ることができる。・・・かかる意味において我々 の意志の奥底に考えられる真の自己とは、我々の意志を超越し てこれを内に包むも のである、我々の意志はかかる自己によって基礎づけられているの である。」(「 叡智的世界」(西田幾多郎哲学論集T、岩波文庫、201頁、(以下、文庫T-xx頁と表 記)。

    「意志的動作即ち行為の過程を分析して考えて見ると、先ず我々の自己を唆(そそ の)かす現状 と異なった願わしき自己の状態即ちいわゆる目的観念なるものが現わ れ、我々の意識が傾斜の状態 をなすと共に、この両者を結合するため、過去の経験 から目的に達する道行の観念即ち手段の観念 が喚起され、この結合が十分と考えら れた時、即ち客観的に可能と信ぜられた時、決意の感情と共 に動作に移るのである 、即ち主観的意志内容から客観的事実に転ずるのである。」(「意識の問題」西田哲 学旧全集3巻、141頁 )。
 西田は意志作用についてさらに詳細に記述している。
    「自覚的なるもの自身の内容が意識せられるには、自覚的一般者に於いてあるもの の意味が深められねばならない、自己の中に自己を映すという自覚的有の意味が現 われて来なければならない。しかして、それが可能になるには、我々は知的自己の 立場から意志的自己の立場(作用の作用の立場)に移り行かねばならぬ、したがっ て我々の意識面も・・・自己自身の内容を映す自覚的意識面という意味に変じて行 かねばならぬのである。」(文庫T-194頁)。
      (知覚、思考などの対象的な知識の「作用」ではなく、作用自身を知る「作用の作 用」の立場、意志的立場がある。)

    「意志するということは、知って働く、働くことを知る、知りつつ働くことと考え られるから、単に対象の志向というごとき純知的態度とは全くその類を異にするよ うに考えられる。しかし、働くことは知ることではない。私が働くといっても、そ の私は知られた私であって、知る私ではない、知る私は働く私を、すなわち私の変 化を見ている私でなければならない。志向ということから考えれば、知る私におい ては、志向せられるものが志向するものであり、志向するものが志向せられるもの でなければならない。」(文庫T-195頁)。
      (働く作用は知覚や思考のような単に対象を知る作用ではない。働くためには働く 私を知る必要がある。)

     「かかる私が働くとはいかなることを意味するか。働くということは、まず変ず るということでなければならない。かかる私が知るという性質を維持しながら変ず るというには、志向するものに向かう志向の方向、すなわち内に向かう方向が志向 するものに達せない、志向するものの内容が志向せられる内容より大きいと考えら れねばならない、両者の間に間隙がなければならない。しかし、この二方向が離れ てしまえば、私というものはない、したがって私が働くというごときこともない。 」(文庫T-196頁)
      (目的を達しようとして働く。働くにつれて自己の作用、対象が変化する。変化を 知りつつ行動する、また変化する。その状況では、今の瞬間に(対象的に)志向せ られるものよりも、志向するものの内容が大きい。)

     「働く私というものが考えられるには、変化の一歩一歩が志向せられるものと志 向するものと合一する知るものであって、しかもそれが変じて行くものでなければ ならない。かかる知る私の連続が働く私と考えられるのである。かくして働く私は 知る私を含むということができる。」(文庫T-196頁)。
      (目的行動は最終目的(達するのに一定の時間と行動が必要)を実現するために多 くの短い行動の連続である。一歩一歩(志向されるもの)が目的方向(志向するも の)に合致していることを知る。行為し行為の結果と目的が合致していることを知 りつつ、次の行動に移る。それたら、意志により修正、中断する。意志は強い、何 かの刺激や目的との乖離を知ると、意志によって低次の作用を中断したり、志向を 変えることができる。すると、精神作用は非連続の連続である。)

マインドフルネス心理療法へ

 うつ病や不安障害などになると思考作用、感情作用は活発である。しかも否定的 、悲観的な思考、ネガティブな感情である。思考や感情よりも高次の意志作用があ る。感覚、思考、感情などの推移を観察しながら、自己の目的に合致した行動を検 索して決意して実行する。すぐに状況(感覚、思考、感情として)が変わるので、 その変化を観察して、行動を継続、修正、中止、他の行動への可能性の検討、決意 、実行ということを行うという、低次の種々の精神作用を統合しなければならない。それが意志作用である。対象的な思考作用にはそういう高次の統合作用はない。 図にすると、こうである。

 こういう意志作用が低下しているのがうつ病、不安障害などである。感覚(動悸 、痛み、過呼吸、はきけ、抑うつ症状など)、感情(不安、怒り、いらいらなど) 、思考(視線、不遇な状況、対人関係の不満な言葉など)の種々の低次の作用の対象にふりまわされてしま い、建設的な合目的的行動ができない。その結果、脳神経生理学的な変調も起きる 。それをまた低次の作用の対象とする。自己の精神作用を知らず、意志作用を活性 化させていない。
 意志作用を活性化させ、叡智的自己の自覚により、自己肯定感を向上させていく のがマインドフルネス心理療法である。従って、思考レベルの「認知のゆがみの修 正」ということよりも、意志作用の活性化に重点がおかれているのが、第3世代の 認知行動療法、すなわち、マインドフルネス心理療法である。行動活性化技法、A CT、弁証法的行動療法、マインドフルネス認知療法、自己洞察瞑想療法(SIMT: Self Insight Meditation Therapy )などがある。
Posted by MF総研/大田 at 08:10 | 新しい心理療法 | この記事のURL